東西南北〜ジャパニュース〜

日本中の様々な情報をお届けいたします。芸能関連やちょっとしたネタ等々・・・

IT TV

テレビ局でもYouTube動画に使用料がかかる!?無断使用はNG?一般人動画の価値は?

投稿日:2018年1月26日 更新日:

YouTubeアップ動画にも著作権あり!テレビ局無断使用はNG?

<スポンサーリンク>

 

YouTubeに動画をアップした一般人の動画を、無許可・無断で使用したとして、この一般人はテレビ局側に対し、使用料を請求しました。

 

その後テレビ局側は支払いに命じたということですが、一体どのような場合に今回の様な支払いが生じるのでしょうか?

 

 

YouTubeにアップした動画にももちろん著作権がある!

今回のケースでは、YouTubeに動画をアップした一般人が、無許可・無断使用したテレビ局側に対し、使用料を請求し、テレビ局側から支払われた形となりました。

 

今現在、一般人の誰であっても、スマホを用いて気軽に動画を撮影でき、さらにYouTube等の動画配信サイトに動画をアップできるようになっております。

 

当然ですが、もちろん一般人がアップした動画にも”著作権”たるものが存在します。

 

しかし、今回はこの著作権に関わる使用料というものが、テレビ局側から一般人へ支払われました

 

最近は、テレビのニュースを拝見するとすぐにおわかりになるのですが、

一般人が撮影した映像がよくニュース番組で使用されております。

 

今回はなぜ使用料を支払う形になったのでしょうか?

 

 

どのような場合に使用料が必要か?

簡単に言いますと、以下の2点をクリアしていなければ、使用料を支払わなければならないという形になります。

 

・時事の事件の報道のための利用

・引用の成立

 

この2点を満たしていなければ、たとえテレビ局であって無許可・無断でその映像を使用するためには、使用料たるものが発生いたします。

 

ここで、上記2点を簡単ではありますが、ご説明いたします。

 

時事の事件の報道のための利用とは

こちらについて端的に申しあげますと、

 

『時事の事件の報道のための利用であれば、その映像の使用にあたって、著作者の許可が不要となる』

 

という意味です。

 

報道された事件等にあたって、その動画がどのように使用されているか?がここでは重要になってきます。

 

例)

・絵画の盗難事件があり、その絵画の映像をニュースで流す

・ある事件現場の映像を撮影した際、別の著作物の映像が含まれていた

 

以上の様なときは、ニュースでの使用(報道)の際は、可能となっております。

 

引用として使用する場合

ニュース映像等で、一般人が投稿した動画が放送上で流れることはここ最近は珍しくありません。

 

ただし、使用する際は、どこにアップされた動画なのか?

また、誰がアップした動画なのか?

 

などを明確にしておく必要があります。

 

つまり、一般人がアップした動画を使用する際、こうした出所明示をする必要があるのです。

 

<スポンサーリンク>

使用料はいくらくらい?

今回の件で、テレビ局は一般人へ使用料をお支払いしたということですが、

一体どれくらいの使用料をお支払いしたのでしょうか?

 

制作費の削減!などという言葉を筆者”アメツル”も何度も耳にしてきましたので、

そこまで高い使用料を支払ったとは到底思えないのですが・・・

 

様々な憶測がながれておりますが、

中には最大で1分約1万円というのもあるらしいですが、一概には言えません。

 

無償でOK!との返事を出している方も中にはいらっしゃるようですし・・・

 

この値段というのは、その動画の投稿者(=著作権者の場合)と、番組制作会社の担当者とのやり取りで決まってしまうケースが多いようですので、あくまで使用料の値段というのは当事者次第みたいですね。

 

そもそもニュース等で取り上げられる際は、ほとんど1分以内でその動画自体は終了しておりますので、値段の目安としては最大1万円!くらいで考えておけばよろしいかと思われます。

 

まとめ

さて、今回は、YouTubeでの動画投稿者に対してテレビ局側が使用料を支払ったことについて書きましたが、いかがでしたでしょうか?

 

動画をアップしている方にとっては、ちょっと羨ましく思うようなニュースの内容だったかと思います。

 

いつかテレビ局側から、ニュースでの使用の連絡が入ってくれるといいですね。

 

そのためには、面白動画をたくさん撮らなければならないかとは思いますが・・・

 

 

これからは、ニュース番組を見る際は、ちょっとした一般人の動画に注目してみるのも面白いかもしれませんね。

スポンサーリンク

-IT, TV
-, , ,

執筆者:

 

関連記事