東西南北〜ジャパニュース〜

日本中の様々な情報をお届けいたします。芸能関連やちょっとしたネタ等々・・・

その他

女子ワールドカップアメリカ代表大喜び批判の理由は何?口コミまとめ!

投稿日:

 

ツイッター(Twitter)上では、「UglyAmericans(見苦しい米国人)」のハッシュタグがつけられるなど、米国選手のはしゃぎ方を批判する声が多く上がっており、「性別にかかわらず、品格がない勝者は負けを認めない敗者よりたちが悪い」とのツイートも見られた。
その一方で、USAトゥデー(USA Today)紙のコラムニスト、ナンシー・アーマー(Nancy Armour)氏は、「大げさに批判したり、憤慨したりするのはよそでやるべきだ。これはW杯であり、お遊びの大会ではない」と米国選手を擁護した。
米国がもっと手加減し、世界34位のタイを完膚なきまでにたたきのめすべきでなかったとする声に対し、チームを率いるジル・エリス(Jill Ellis)監督は、「これは世界大会であり、全チームが素晴らしい戦いぶりでここまでたどり着いた。対戦相手に敬意を払うなら本気でプレーすること」と反論した。
主将のラピノーもまた、チームが歴史的なスコアを記録したことに大喜びしたと認めながらも、全ての対戦相手に敬意を払っていると強調し、「私たちは常に世界記録を目指し、ドイツを超えようとしている。それをかなえてみせる」「全ての相手に最大限の敬意を払っているのは間違いない。だけどこれはW杯」とコメントした。
チームのスター選手であるモーガンは、米スポーツ専門チャンネルESPNに対し、「全力を尽くして90分間プレーしなければ、それこそ無礼だと思う」「それはタイへの敬意を欠く行為。向こうも私たちが正面切って戦うことを望んでいたはず」と主張した。
一方、意気消沈していたタイの指揮官は、大敗の言い訳をすることなく、「相手が強かったと受け入れる」と述べた。

出典:Yahoo!ニュース
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190613-00000014-jij_afp-socc&p=2

 

<スポンサーリンク>

 

vat
全力で勝ちに行くのは当たり前だと思うしどれだけ点差がつこうと全力を出しきるってのはいい事だと思うけどあそこまで喜ばなくてもいいかも
前に所属してた相手にゴールを決めても感情を出さない選手も多いしそこは相手に対する気持ちの問題だと思う
名無しさん
3点も取れば、実力差が大きく負けることはないとわかるだろう。その先は相手の闘志にリスペクトしながらも得点を重ねて手抜きしないことや油断しないことが必要だ。ただ簡単に得点できることを喜びすぎるのは、傍から見て見ていて幼稚に映るのは当然でしょう。
名無しさん
そもそもアメリカとタイはプロと子供が試合するようなもんで、このレベルの差を考えれば得点数が増えれば増えるほど本来なら実力が圧倒的に上のチームはゴール後の喜びは落ち着いていくもの
舞台がW杯とはいえ、雑魚から得点吸い上げて大はしゃぎしてるようじゃアメリカ代表のレベルの低さもまた否めない
喜びを表現するのは当然だけどレベルの差を考えれば大はしゃぎ程の喜びを表すのは女子ならではで、男子のこのレベルでは起こらないことだと思う
名無しさん
本大会で手加減するのは相手に失礼だと思います。
名無しさん
実力差がある時、強いほうが手加減をするのは相手に失礼だ。
その意味で最後まで全力で戦ったアメリカは正しい。
ただし。
点差が開けば開くほど、勝っているほうは謙虚にならねばならない。
大喜びするのは試合が終わってからロッカールームで思う存分やればいい。
相手の前で大喜びするのは、侮辱行為にすぎない。
アメリカといい韓国といい、スポーツで勝った時の躾がなっていないのは、国民性だろうか。
スポーツで勝つ以前の「躾」の問題であろう。
名無しさん
手抜きせず全力を出しきるのは悪いことではないと思う。
それより、女子サッカーのレベルにあった大会のサイズでないことが問題だ。
FIFAは金儲けのために、16から24チームに増やした。
そのため、GL3位でもKOラウンドに出られるチャンスが増え、強豪国にとってはGLが調整期間になり、緊張感のない試合が生まれてきたり、弱小国との対戦で大差の試合が出てくるのは避けられない。
男子のユーロ選手権は、強豪でも予選の組合せで不運な敗退が少なくなるように、24チームに増やした。
その分、GLの試合の緊張感が薄れる試合もあるし、優勝までに戦う試合数も1試合増え選手の負担は増している。
以前の16チームのユーロ選手権は、予選では過酷なグループも出てくるが、本戦決勝までの消耗度合いが少ないので、よりレベルの高い試合が期待できたと思う。
FIFAの金儲け主義(16→24、32→48)は問題だ。
名無しさん
ペップのもとで三冠をとった時代のバルサで、ある試合で勝負がついている試合でのアウベスが追加点での喜びのダンスをしようとした時に、バルサのキャプテンのプジョルが叱ってダンスを止めさせたシーンを思い出したわ。
敗者にもプライドがあり、それが分かる人こそがスポーツマンシップのある選手だと思う。
名無しさん
相手に対して全力を出して戦うというのは、もっともだと思うが、昨日のはしゃぎ用は度が過ぎているし、相手へのリスペクトは全く感じなかった。
そう言った意味で、見苦しいと思った視聴者は多いと思うし、批判は真摯に受け止めるべきだ。
さぁ、この後、この傲慢アメリカを叩きのめす正義の味方が現れるのかが注目だ。
一方のタイは、この屈辱をバネに強くなってもらいたい。
名無しさん
13点取ったことに批判があるの?
ゴールを決めた後の喜び方に批判があるの?
この記事だと後者だと思う。それに対するアメリカ代表や用語の人たちは全力を出すのが大事と言っている。
全力を出すことと、喜び爆発はまた違う問題だと思うがね。何点か取った後は淡々とゴールを重ねるべきだったんじゃないかと個人的には思う。
名無しさん
プレーでは手を抜かない、何点差をつけても追加点を取りに行く、これは真剣勝負である以上批判されることではないと思う。
でも、ゴールパフォーマンスや試合後の振る舞いについては多少自制すべきでは。試合中のプレーだけではなく、そういうところに「品」があらわれると思う。
名無しさん
見てたけど、ゴールの喜びという感じではなく、表情やしぐさから簡単に得点できることを喜んでいるように見えた。
全力でプレーするのが礼儀と言う人がいるが、それと喜び方は別の話であって、敬意を持って全力でプレーするなら、それこそある程度の点差以降は落ち着くべきだろう。
名無しさん
プレーでは手を抜かない、何点差をつけても追加点を取りに行く、これは真剣勝負である以上批判されることではないと思う。
でも、ゴールパフォーマンスや試合後の振る舞いについては多少自制すべきでは。試合中のプレーだけではなく、そういうところに「品」があらわれると思う。
名無しさん
少年サッカーだと市内大会とか強いチームに上手い子集まるから15-0とかあるんだけど、3点取った辺りから点入れても何とも思わないし、試合後もはしゃぐ事も無かったな。
自分達の実力はやっぱ変わってないし、勝って当たり前だよねみたいな。
一回だけ2番目に強いチームに雨の日のPK戦で負けたときは、相手チームはめっちゃ喜んでたな。
その喜び方は正しいと思うし、子供ながら勝って当たり前って気持ちが有ったから、油断して負けたんだなって思ったね。
だから格下相手に圧勝して喜ぶのは良く分からないな。
いつか油断して負ける時が来るよ。
IPPON!
日本人の目線からしたら大差勝ちした試合後の大はしゃぎはどうよって話だよね。。
日本ではジュニアスポーツの時からどの競技であっても礼で始まり礼で終わるのが基本となっている。なぜそうするのか意味も解らない頃から習慣のようにやっている。これは武道の精神が基になっていることは誰もが知ってることだろうけど、武道では戦うことは相手を倒すことが目的ではなく自分の力量を相手と対戦することで知ることだから。勝っても負けても対戦してくれた相手に最大限の敬意を払うことを絶対に忘れてはいけないという精神があるから。。
名無しさん
自分たちが負けて同じような状況の時に目の前で大喜びされたらどんな気持ちになるか考えて行動するべきだと思う、大喜びするなとは言わないけど相手チームがいる場所ではちゃんと敬意をはらって相手チームのいないところで大喜びするべきだと思う
名無しさん
W杯という場で手を抜くのはむしろ敬意を欠く行為だし、全力で点を取って記録を残したことは賞賛されるべきで、喜ぶことは悪くない。
ただ、サッカーで2桁得点ていうのはプロと中学生くらいの圧倒的な力の差があるわかで、その喜びの表現は強者に相応しくない恥ずかしいものだったという主張に賛同します。
例えば高校サッカーの予選レベルならあり得る点差だと思うけど、強豪校が弱小校に大勝してもこんな喜び方はしないし、仮にしたら監督か連盟に注意されると思う。
05258da
確かにアメリカ選手はう~んと思うが、別に批判して選手を責めるまではしなくてもと思う。この大敗はタイ選手には(特にこれから大人になる子供達世代)よい刺激になったのでは?もっともっと上手くなりたい、いつかアメリカにやり返したいと、火がついたんじゃないかな?10年後、タイが滅茶苦茶強くなってたら夢があるね。屈辱は人を強くすると思う。
名無しさん
卓球の0封禁止や、メジャーリーグのホームランでのガッツポーズ禁止等の暗黙ルールを考えれば、やはり品格がない。という批判は正しい。
全力を尽くしてプレーしなけば、それこそ無礼。と反論するのなら、別のスポーツとは言え、そういった、暗黙ルールを無くさなければ、ダブルスタンダードと言わざるを得ない。
実力差がある、勝って当たり前の相手に対してそういう態度を取った選手を一喝できなかった監督も問題だろう。
名無しさん
点差が開くのは仕方ないし、手加減などすべきではないと思う。
ただ、男子だったら圧倒的力量差がある相手に馬鹿勝ちして
大喜びしてる画は浮かばない。
なぜならそれが逆に自分達の恥になる可能性があるから。
サッカーの文化の深度の差とも言える。
天竜人大嫌い
今回の議論点は、全力でプレーした事にではなく、ゴール後のパフォーマンスについて…
アメリカ側が主張する、全力でプレーすべきというのは正しいけど、今回の論点からはそれてるんじゃないかな?
最後まで真剣にプレーしたアメリカは素晴らしい…
でも、最後までハシャイデしまったゴール後のパフォーマンスに関しては、反省すべきだろうね…
まぁ、誰しも失敗して学ぶ訳だし、アメリカ側代表側も悪意や故意での事じゃないし…
これ以上この問題をひっぱって批判し過ぎる事が、一番良くないだろうね…
名無しさん
例え力の差があっても全力でプレーし、結果として得点に大差がつくことは悪くはない。
そこは主張していることに間違ってはいない。
ただ、相手が弱くても相手があって初めて試合が出来ているので敬意を持つことはレベルの高いチームならなおのこと考えなくてはならない。
負けてるチームをより惨めにする必要はないのだから。
猫だワン
アメリカのメジャーリーグでも大量得点差が出た場合、バントをしないとか盗塁をしないとかの暗黙の了解事項があったはずだが。
相手に手加減しない事は別に悪くはないが、試合後の喜びようはやはり異常だと思います。
負けた方は良い気持ちにはならないでしょうし、試合後の気持ちの整理が大変だったと思います。
日本でも試合後の相手に対し尊敬を念を示す事が美徳とされていますよね。
やはり、アメリカ人や朝鮮人、中国人、ロシア人に品格を求めてはいけないのかな。
名無しさん
難しい問題だけど、カナダ人だって、この前NBAのファイナルで自国のチームであるラプターズと
対戦した相手チームの有名な選手が怪我した時に大喜びしてた。
そういう奴は、どこにでもいるから国規模で語るべき内容じゃない
今回は、得失点差が絡む予選だから点を取るのは理解出来る。けど、流石に喜び過ぎだとは思う。
もし、アメリカ人が逆の立場で同じ事やられたら、確実に報復するだろうなと思う。
名無しさん
ただ、男女差別とか言うけどさ、女子側の人気の無いスポーツを見れば国の経済力がよく分かる。サッカーやソフトボールで見てもアメリカは強い。そして日本もそこそこのランク。国が力入れたら別の国でも強いのは出てくるだろうけど、そうじゃない条件で考えればアメリカや日本はいかに経済的に安定しているのかが分かる。
名無しさん
勝負の世界、大差での勝利はあって当然。
しかも、勝ち点だけでなく、得失点差、得点により順位も決められる、また、得点王などのタイトルもある。
勝ったあとにはしゃぎすぎるのは、考え物だが、喜ばないのもおかしな話。世界の頂点を決する大会であるし。
問題点を挙げるとすれば、参加国の選出方法の方だろう。
多くのチームを参加させるのが目的か、世界大会と言える対戦をできるチームに限って出られるようにするか。
参加枠や地域、グループ分けを考え直すきっかけにしてほしい。
名無しさん
点差は実力。タイは自分達の実力を、結果として確認できて良かったと思うし、アメリカに勝つという目標もできた。喜び方はお国柄だと思う。はしゃいでなくても、失礼な喜び方をする国もあるし、そこは論争しても結論はないと思う。
名無しさん
相手チームを侮辱する行為は許せないけど
喜びを表現するだけなら問題ないのでは
ただ、過剰な表現を相手チームが不快に感じるのなら
慎むべきだと思う。スポーツだから相手に対しての
敬意を忘れずに戦って欲しい
aaaddd
問題の本質は、選手たちに相手への敬意があったかどうかということですね。
いずれにしても、擁護側も批判側も、タイに敬意をしめすべきという点で素晴らしいですね。
名無しさん
FIFA公式サイトのハイライト動画(約2分だが13点の得点シーン全部入ってる)を見ると、後半はタイ守備陣の戦意喪失が顕著で、無抵抗に近いような感じ(前半が3-0、後半が10-0)。カウンターは意外と少なくて、ゴール前に何人も守備がいるのにマークが甘すぎて簡単に得点されているシーンが多い。
手を抜かずに得点を重ねるのは別に問題ではないが、あれで大喜びするのは品格がないという批判もうなずけるところがある。
名無しさん
アメリカチームがはしゃきすぎた印象は確かにあるけど、
全力でプレーすることも当然大事だと思う。
「どっかの国みたいに」
相手を侮辱するようなジェスチャーをしたとかそう言うことでなく、
あくまで全力で力の差を見せつけることが、
相手に敬意を払うことであるのは、
スポーツの世界では当然のことだからね。
むしろ敗れたタイ代表はこの屈辱をバネに、
打倒アメリカ代表(簡単なことではないけど)を目標に、
またこの舞台でリベンジすることを心に誓ったはずだと思うんだ。
だから、
そのピッチで戦ったもの同士でしか解らない部分に、
第三者がとやかく言うことではないだろうって思う。
名無しさん
アメリカチームがはしゃきすぎた印象は確かにあるけど、
全力でプレーすることも当然大事だと思う。
「どっかの国みたいに」
相手を侮辱するようなジェスチャーをしたとかそう言うことでなく、
あくまで全力で力の差を見せつけることが、
相手に敬意を払うことであるのは、
スポーツの世界では当然のことだからね。
むしろ敗れたタイ代表はこの屈辱をバネに、
打倒アメリカ代表(簡単なことではないけど)を目標に、
またこの舞台でリベンジすることを心に誓ったはずだと思うんだ。
だから、
そのピッチで戦ったもの同士でしか解らない部分に、
第三者がとやかく言うことではないだろうって思う。
名無しさん
勝負に勝つとはこう言うこと。いくら王者でも気を抜くと負けて母国の批判を受けるだろうし、前回女王のプレッシャーもあっただろう。
しかしサッカーで13点は大人と子供の試合だったね。これをきっかけにタイが強くなる事を願う。
名無しさん
「勝って当たり前」みたいな冷めた態度も逆に対戦相手に失礼であり、勝利を喜ぶことは相手を讃えることにもなりますので、勝利の喜びの気持ちは大いに表してもいいと思います。
ただ、スポーツマンシップとして、対戦相手に必要以上に屈辱を感じさせることがないように喜び方に気を遣う必要はあるでしょうね。
名無しさん
対戦相手に対しても本気で戦うのは当然のこと。だが、ゴールを決めたあとに感情が爆発してあんなに喜ぶのは如何なものかと。相手のとの力の差があったり点差がある場合は、ゴール後のパフォーマンスなんて不要。もっと冷静になるべき。
<スポンサーリンク>
名無しさん
格下相手に大勝したときに大喜びしたければすればいい。それは自由だ。ただそれを見た人から、そういう振る舞いは幼稚だという感想が出てくるのもこれまた自由。これは相手を尊重して全力でプレーすることとは別次元の話だと思う。
名無しさん
タイも出場したからにはそれなりの覚悟をもって出てきているはず。お互い真剣に戦った結果に周りが騒ぐのはナンセンス。それでも批判を続けるのなら、勝った方が叩かれるような弱小チームは出てくんな、と言わざるを得ない。
名無しさん
「これはW杯であり、お遊びの大会ではない」
1ゴールすべてが歴史そのもの。喜ばないほうが大会への無礼よね。
以下、監督や選手の
監督「これは世界大会であり、全チームが素晴らしい戦いぶりでここまでたどり着いた。対戦相手に敬意を払うなら本気でプレーすること」
主将「私たちは常に世界記録を目指し、ドイツを超えようとしている。それをかなえてみせる」「全ての相手に最大限の敬意を払っているのは間違いない。だけどこれはW杯」
選手「全力を尽くして90分間プレーしなければ、それこそ無礼だと思う」「それはタイへの敬意を欠く行為。向こうも私たちが正面切って戦うことを望んでいたはず」

自分はこれら全部同意する。彼らの信じる「礼儀」に全力で準じている。何がダメなのか全く分からない。

名無しさん
得失点差もあるんだから、何点取ろうと構わない。卓球みたいに、一点取らせるとかもする必要無い。
全力で20点取るのも作戦だし、主力を交代させて休ませるのも作戦。
でも、それと必要以上に喜ぶのとは違うんじゃない?
審判も注意しても良いと思うけどね。
第4審判からアメリカベンチに注意とか。
最近、「品位無きチャンピオン」がよく出るよな〜。
名無しさん
個人的な価値観で考えが分かれる話だと思う。
例えば、1-0だったら何らかのパフォーマンスをする人が大勢いるけど、それだって「相手への敬意」って視点で考えるなら失礼だと考えることもできるし・・。
チームとしては勝ちが決まっているとしても、W杯という世界最高の舞台でゴールを決めるということは、それは大変に嬉しいことでもあるだろうし・・・。
名無しさん
いつ如何なる時でも、大袈裟にやりすぎて反感を自ら買いにいくのがアメリカンスタイルw
手を抜くというのは、勝負の世界において失礼だと思うし、大量得点で勝つのも嬉しいことだろう
だが、他の方も仰っているように喜び方とか色々と配慮が必要だったと思う
もし仮に、アメリカがこれをやられたらどうなっていただろうか?
他人にやられてイヤなことはしてはいけない、簡単なことだけど決して忘れてはいけないこと
名無しさん
品格とまで言ってしまうとやや窮屈な息苦しさがあるが、サッカーといえどもスポーツにはある一定のマナーや精神があってしかるべき。さらに今回のような圧倒的点差なら、爆発的に喜ぶようなものでもない。格が違いすぎるしむしろ冷めて冷静になるものだ。そういう意味では少し大人気のなさを感じる振る舞いであった。
名無しさん
アメリカの国民性がよく出ているし、文化の違いがあるから一方的な批判はおかしいと思う。アメリカが負けたときどういう国民性が出るか楽しみにしておけばいい。大差で負けたタイは恥じることなく、まだ強くなれると思って頑張ればいいだけだと思う。
名無しさん
論点がぶれている投稿が多いけど、大差をつけて勝利したことと得点の度に大はしゃぎしたことが分けて論じられるべき。
男子のW杯でも大陸間の代表チームが出るので力量に差があるマッチメイクは仕方ない。そこで、全力で大差をつけて勝利したことは文句の付け所はない。
点差がついた試合の経過で得点の度に大はしゃぎするのは、些か相手チームに対して配慮がないと言われても仕方がないと思う。
名無しさん
男女の差はあるが、サッカーのワールドカップは世界最高峰のチームを決める最高の戦い。
沢山の地域予選を勝ち上がって来たチームだし、こんなに得点差が出るような、レベルの低いチームが本戦に出てくる事自体がおかしいと思う。
参加する事に意義があるとかではないんだから、強いチームだけが本戦には出ないて。
だから負けたタイチームには同情も出来ないし、ワールドカップ舐めてもらっては困る。
名無しさん
文化の違いがあると思う。思いっきり喜ぶほうが相手へのリスペクトととらえる文化もある。点を重ねても喜ばない嬉しくないのは失礼とも思う。逆に欧州の古巣相手に点を決めて喜ばない文化はどうかと思うし。国や文化だと思う。
名無しさん
これはアメリカは粛々とやるべきだったと思う。やられた相手の立場になれば分かる。仮にブラジルとワールドカップのglであたって10-0でヤられたとして。。ゴールのたんびにパフォーマンスされてたらやってらんなくなるだろうし、逆に日本がアジアの格下相手に無双して喜んでたら「本気を出すのはいいが喜びすぎ」って叩いてると思うよ。
名無しさん
誰が見ても「これ問題じゃない?」と思うようなことでなければ別にいいのでは。
タイの人が見て失礼と思うことは無かったのでは。
名無しさん
接戦で勝ったなら喜んでも良いけど 点差もあり少しは遠慮すべき
一応、マナーとして
でも、今の時代 関係ないのかな?自分たちだけ良いければそれでOK
日本でも、ここ数年そんなこと多い
国同士でも 自国優先 国会内でも党優先の馬鹿政策ばかり
一般人も変なの多くなって当然かもな  批判すれば良いよ
でも、違う所で逆もあるから気をつけたほうがイイ
名無しさん
全力で勝ちに行く事は相手にも敬意を表しているから当然ですが、大勝して試合が終わったなら、相手に敬意を払う意味でも慎む事も大切だと思う。ロッカールームや宿舎で盛り上がった方が良かったと思う。
ハンマカンマ
監督さんも選手も発言の論点がずれてる、勝負事に全力を出しきる事が問題ではない。試合後の対応の話、試合に勝ったのだし喜ぶのは当然だが、節度を持ってと言う事。
最も優勝杯に片脚乗っけたり、自国の国旗をピッチャーマウンドに立てるどっかの国より遥かにマシ。
名無しさん
どれだけはしゃいだのかはわかりませんが、喜び過ぎ、とか品格がない等の批判はすべきではないと思います。そちらの方がよほど品がないです。本人たちが振り返り、あれははしゃぎ過ぎでした。との運びになるのが本来です。現代は他者の批判が多くて、人間関係がぎすぎすしている感じがします。
名無しさん
そもそも女子サッカーの現在の競技水準からして24チームも出場するのは明らかに多すぎる。
レベルの低いチームが出場するのに加え、グループ3位でも通過できるハードルの低さが、引き分けで充分という発想になって試合内容を退屈にさせている。
トーナメントの組み合わせを想定して、下手に1位通過するよりも3位通過の方が良いというずる賢い戦略も蔓延ってしまっている。
名無しさん
アメリカはスポーツ全般で妙なマナーが残っていたり独自の感覚がある。アメフトのセレブレーションを観ても他のスポーツの感覚ではやりすぎな感じがする時があるがアメリカでは多分普通の許される範囲内なんだと思う。ただ世界では通じない。
名無しさん
これが同レベルで、いつも勝敗を争ってるチームとの戦いなら
いいけど、相手ははるか格下。
試合は格下でも全力をつくすのはいいけど、
あまり騒ぎすぎるのは、相手に失礼だな
名無しさん
格下相手でも全力で戦うことで敬意を払う意思は伝わると思う、が・・・勝っても奢らず、が更に相手を思いやる思いやりだと思う、これが無いと屈辱しかない、優勝したのならともかくここでやるかぁ?と思う。
名無しさん
代表選手にとっては真剣な戦いの場です。
結果を残さないと、簡単にポジションを奪われるのですよ。
また、どの選手も一点でも多く得点が欲しいのは当然です。
むしろタイも臥薪嘗胆として、さらに強くなるのです。
名無しさん
2-0ならいいのか、
5-0ならダメなのか、
線引きの必要性は無いと思う。
一生に一度の大会で国を代表して
試合に出て、得点して、勝って、
喜べないのはおかしい。
相手をバカにしたり挑発したりでなければ素直に喜ぶべきで批判されることではない。
これがダメなら得点しても勝利しても喜ばないルールにしなければならない。
azxc1372
タイは初出場だから雰囲気に呑まれてしまったか・・
アジア予選ではオーストラリアといい勝負をしてたからそこそこの力は持っているはずだ。次の試合は気持ちを切り替えて臨んでほしい。
popoki
まあ優勝候補アメリカが超格下と言っていいタイにボロ勝ちしたからってそこまで喜ぶ必要はないわな
当然の圧勝に喜びすぎるのは確かに品格が無いというか正直みっともない
アメリカほどの力のあるチームなら大はしゃぎするのは優勝した時のみでいいくらいだ
名無しさん
同じアメリカでも野球MLBでは、大量リードでのバントや盗塁はなどは暗黙のルールでしないこととなっていると聞いたことがある。と、いうことからいくと手を抜く必要はないけど(得失点差などに備える為にも)大量リードしているのに過剰に喜びすぎるのは非難されても仕方がない気はするし、野球の暗黙のルールを作ったアメリカ人の感覚ならわかりそうだけど。アジア蔑視か。

 

スポンサーリンク

-その他

執筆者:

 

関連記事


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事


Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/childeleven/tozainanboku-japanews.com/public_html/wp-content/themes/stinger8-child/kanren.php on line 12

関連記事はありませんでした