東西南北〜ジャパニュース〜

日本中の様々な情報をお届けいたします。芸能関連やちょっとしたネタ等々・・・

学校

学校の校則口コミまとめ!ダメな理由は高校生らしさ!?

投稿日:

 

 

春4月。多くの子どもたちが新たな学校生活をスタートさせる中、福岡市の高校2年の男子生徒(16)から気になる声が特命取材班に届いた。「なぜ、ツーブロックの髪形がだめなのでしょうか」。ツーブロックは頭頂部を長く残し、サイドや後頭部を短く刈り上げた若者に人気の髪形だ。取材班が福岡県立の高校・中等教育学校全95校の校則を調べたところ、少なくとも約3割の27校が禁止項目に明記していた。

(中略)

取材班は今年2月、福岡県教育委員会に県立高校の校則に関する資料を請求。入学前に配布される「新入生のしおり」などの資料約550枚が提供された。併せて全校へのアンケートも実施。生徒指導担当教諭らに頭髪などの規定を設ける意図などを尋ね、25校から回答を得た。

頭髪については、95校のうち全日制の全93校が規定。染髪や付け毛などを禁じ、禁止する髪形として27校はパーマやそり込み、リーゼントなどと同列の扱いでツーブロックと明記していた。「技巧的」「不自然」「特異」などと表現する高校もあった。禁止する理由として、多くは「高校生としてふさわしくない」ことを挙げる。

出典:Yahoo!ニュース
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190415-00010000-nishinp-soci

<スポンサーリンク>

 

名無しさん
高校生らしい。
ってそれぞれ人の主観だから難しいと思う。
高校生らしい。って何だろうね?
hipopo
うちの地元は偏差値が高い学校ほど自由な校風だけどね。だから髪型とか服装とかほんとに色んな人がいた。そして個性がある子のほうが国立大に受かってたりしたし。卒業式とかかなり奇抜だった。余りにも露出してるとかは注意されたたけど、注意されれば素直に聞いてた。先生と生徒に信頼関係があったんだと思う。抑圧するだけじゃそんな関係は生まれないと思うし、髪型、服装とかの見た目で人を判断してはいけないって大人が教えることなんじゃないかと思うけどね。
さかまさ
僕の時代は丸刈りが当たり前の時代。
髪型で色々な意見が出るとは良い時代になったものだ笑
さて、僕の考えは公立はもっと自由で良いと思う。
そもそも公立中学は選択して行くわけではない。
強制?されていくものだ。
だから、校風とかが嫌でもその地域に住んでいれば行かなくては行けない。
だから、もう少し自由でも良い気がする。
逆に私立に関しては学校の自由だと思う。
学校側が自分たちのブランドの為、ある程度の規制をするのは仕方がないと思う。
そこの校則が嫌なら入らなければ良い。
選択の自由は大事だと思うので、選択できないのなら、もう少し自由にしたらどうかな・・・と思います。
名無しさん
京都の洛南高校には男子は「洛南カット」という髪型がありしょっちゅう行われる頭髪検査などで少しでも規定にそれるものならカットに行くように言われる。女子も男子ほどではないが細かく規定がある。
部活の試合前は必ず綺麗に洛南カットするようにも言われる。
高校生らしくと曖昧な言葉で生徒の髪型を先生が規制するのなら洛南のように「この髪型に!」と明確に表して入学を希望する生徒達に周知徹底させるべき。
本当に入りたいのなら規則は守るだろうし嫌ならその学校を選ばないだろうし。
いけないのは教師の主観で生徒達を縛る事だと思う。
名無しさん
主観でしか判断できないものを人に押しつけるのって結局、その人の気分だつたり、相手に対しての心象がどうなのかなど不確定な要素で構成されてて公平な判断ができない。
〇〇先生はオッケー出したのに、△△先生はダメと言った。
こういうのが結果的に大人を信用しなくなり、髪型だけの問題ではなくもっと根の深いものを作り上げてしまう。
きちんと誰が見ても適正なのか否かを判断できる基準を明確にできるルールでないとダメ。
ファジーで良いこともあるが、多人数が絡み、学校の校則として決めるのであれば曖昧さは回避すべき。
ツーブロックは耳の最上部より上で借り上げてはいけない。などとはっきりすべき。
ツーブロックにもこれはないだろう。ってのと、清潔感が出るものとがある。
細かな点を潰してそこから逸脱しているのかを判断すべき。
名無しさん
ツーブロックは幅広いので、爽やかに見える場合と不良っぽく見える場合とがあると思います。
個人的には爽やかに見える場合なら良いと思いますが、それを生徒手帳に明記するのは表現が難しいかもしれません。
この問題は大変難しく偏差値の高い学校は校則が緩くても生活が乱れることは少ないのですが、偏差値が低いと生活まで乱れていくことが多々あります。
そういったことを前提に各学校で考えての校則だとも思うので、ルールを守る練習と捉えられられると一番良いのかなと思います。
以前から個性ということを勘違いしている方が多いように感じていました。
個性とは、ある決まりのなかで現れるもののことをいうのです。
ですから、校則を守らずしたい髪型にすることは個性ではないのです。
子供の成長を考えると、緩すぎず厳しすぎず程々の時代に合わせた校則が良いのではないでしょうか。
名無しさん
髪型はある程度自由でもいいと思うけど、確かにツーブロックも種類があってさわやかなものと、いわゆるEXILEを彷彿とさせるちょっとヤンキーっぽいのがあると思う。だからリーゼントと同じく扱われるのも仕方がない気も…。先生方も明確にここからはダメっていうのを出さなきゃね。ツーブロックは特にものによって「これはいい」「これはダメ」などがあると思うからそこを言ってほしい。
でも個性は大切だと思うけど、すべて個性だから許すべき!って考えのまま大人になるのは怖いから少しは校則で抑えるべきだと思う。そのうえでその学校が嫌なら入らなければいいだけ。
高校生は「おしゃれ」と「身だしなみ」の違いを分かっていない人が多いからね。大人になって金髪ロン毛で公務員試験落ちたら「個性を認めない国が悪い!」とかいうのかな。
名無しさん
そもそも校則を守らせたいのであれば、高校生らしいとか、抽象的な表現はやめるべきだと思う。
ある先生は良くても別の先生はダメとかだと、生徒も戸惑う。
例えばツーブロックだったら、刈り上げ部分は何ミリまではオッケーとかにするとか。
まぁ実際の規定より短くても、生徒が規定より長いと言い張る場合もあるから難しいんだろうけど。
高校生くらいになると自我が強くなってくるし、学校側も生徒を管理するのが難しくなってくるしね。
生徒を管理って表現は好きじゃないけど、学校側は個性を出すよりみんな同じの方が楽だもんね。
偏差値の高い学校の方が校則もきつくないって言うし、子ども達も校則に縛られたくなかったら頑張って勉強して、自分で自由を勝ち取るしかないかもね。
名無しさん
地元の進学校でしたが、一番校則緩かったと思います。
他高は、ソックスの長さまで決められていました。
ただ、自由だから自由にしていたというわけではなったと思います。特に決められていなくても、金髪の子いなかったし。きっと、生徒と先生の信頼関係がある程度あったのではないでしょうか。
郷に入りてはという言葉通り、なんか変な規則だと思っても、決められているなら守らなくてはいけないと思います。
その規則が変だと思うなら、正等に革命を起こせばいい。
マスコミが取り上げて、大人達が学校叩きしてくれて自ずと代わってくれる事を望むのではなく、生徒が自主的に学校に立ち向かう知恵、生徒会で取り上げ先生と話し合うなどすることを学んでほしいものです。
名無しさん
この先人種の坩堝に日本がなるだろう事を思うと、学校のみだしなみの拘束もとい校則ってのは難しくなるだろう。
画一されたカリキュラムを組むのでは無く自主性に基づいた学校教育にシフトしていくのかもしれない。
それはそれで個人の自主性や合った能力の開発という点で優れた人材の教育に効果があるのかもしれない。
一方、自助努力の出来る人間は能力を磨き続ける事が出来るが、怠惰に流れやすい人間は落ちこぼれる傾向も出てくるだろう。
「自己責任」と断じる事は出来るだろうが、バランスが崩れれば歪みが起きて犯罪の温床にもなる。
個人と群の相関は個人主義の時代だからこそ考えなくてはいけない問題なのだろう。
名無しさん
この校則は昨晩のNHKの番組からすると当時は軍則というか軍の規定に国民を従わせるために学校でも校則を作り、それに従わせる教育に。それが受け継がれ、日本は集団主義に
これは企業でも終身雇用とか集団でものを作ったり考えたりということで1990年前後までの反映はそれでもよかった
集団主義の問題は個性を犠牲にし、個人の考えなどを封じ込めることで特に政治にとって、反抗的な思想を作ったり、デモもあまり起こさない、社会的問題も起こさないように封じ込めるには成功したと言える
でも欧米は個人主義、個人の違いを尊重し、民主主義では議論や投票で物事を決めるし、問題が起きても普通は個々に対応する
日本のように中央がすべて決めて従わせるようなことはない
よって校則も学校ごとに決めればいいし、何か問題があればその中で解決方法を模索すればいいのである。
マニュアルがないと何もできないのもその典型
名無しさん
学問の本質は「知識の探求」であるわけだから“高校生らしい髪型”について生徒たち自身に考えさせればいい。
生徒たちに決定権を委ねた上で、その結論がTPOに反するものであるならば、助言をおこない正しく導くというのが教育者の責務。
「ルールだから守れ」というのは教育ではなく、説得力に欠けることを強制しているに過ぎない。
意思が伴っていなければ意味がない上、皆で公平に決めたルールにも従わない、抜け穴を探すような人間になっていく。
あくまでも「知は力」であることを教育者は心がけなければならない。
もし、この校則を不服とするのであれば、生徒自身は異議を申し立てればいい。平成という時代は「権利の衝突」が頻発した時代だった。
それならば社会の中で権利を主張し、社会を作りだすという必須のスキルを学ぶ絶好の機会となっている。
ぜひ生徒たち自身にこの権利侵害を打開するために頑張ってほしい。
名無しさん
自由と自分勝手の違いが判断でき、自分達で歯止めが効くなら校則は要りません。
他の方も仰っていますが、偏差値が高い学校では服装も自由だったりします。
その学校を目指すことはしなかったのでしょうか?
そして、髪型や服装を自由にして、一般的な評価が下がるリスクも考えているのでしょうか?
変化を求めるなら、文句を言うのではなく、生徒会などを通して意見しましょう。
どちらにしても、今あるルールが守られていないなら、それ以上緩めていくことは難しいと思います。
::::::::::::::::
①らしい、らしくないは主観なので番人共通の基準など作りようがない。
②学校側(管理側)から考えると、ある程度自主性に任せても…と思うところもあるんだろうけど、常識の範疇(これも基準がないんだけど)を超えたようなことをやるやつが出てくるから、わかりやすい基準を作らないと管理ができなくなる。偏差値=民度でもないんだけど、だいたい偏差値の高い学校は校則が緩めだったりする(全ての学校がそうだとは言わないが)。それは、いちいち規程しなくても常識の範囲で行動できる生徒が多いから。
③男子坊主、女子おかっぱってほど、極端でなければ校則は学校側が決める権利があると思う。管理の問題、対外的なブランドイメージ維持とかは学校の責任だから。
④義務教育以上の進学先は自分で選べるのだから、校則が気に入らないというのであればそこに行かないという選択肢もある。そこしか行けない…というのであれば、それは諦めるしかない。
名無しさん
校則が難しいのは、憲法のように絶対的な規範や物差しがあるわけではなくて、学校や教師の裁量部分によってブレるからだと思います。その目的がルールを守る練習にしろ、地域社会や卒業生への忖度にせよ、個性とか自由と二律背反するものではないのに、対立軸で語るから収集がつかなくなります。校則は組織を維持するシステムと考えて、議論はしても基本は従うという運用ができないのでは、存在意義がありません。
校則に限りませんが、ルールや規則を無碍に排除して、自由や個性がほぼ無条件に認められると、社会的にはきっと不安定・暴力的な傾向を強めるでしょう。無秩序な外国や、あおり運転とかモンスターペアレントとかを想定しますが、今までの常識が養われなくなる弊害です。秩序と自由とどちらを選択するかの問題なので、その是非は社会構成員が判断することですが、多少の我慢があるとしても、ルールのある社会の方がいいと思います。
名無しさん
私の中学は大荒れの時代の中でも大荒れだった。赴任してきた校長先生が何と思い切って校則を廃止。所謂不良を生徒会長にして、自分たちで校則を0から作らせた。制服以外はかなり自由になったが、そうすると不思議なことにすぐに荒れていた学校が収まり効果が出た。多分今考えると、自分たちで決めた校則を大事にしようと思ったのではないかと思う。先生の深謀遠慮な誘導にハマったわけだ。
高校は全国トップクラスの自由な学校で、校則なんて見たことも聞いたこともなかった。但し、自由を謳歌するためには責任が伴う。自律した人間になる必要があると、強圧的ではなく自然体で教育を受けた。人格形成の大切な時期にこのような教育を受けたことは、教養を高め、他人を思いやること。仕事でも新しいアイデアを柔軟に考えることができるようになった等、悪いことは何1つ無かったと今になって思うようになった。当時の先生方には感謝の意しかない。
名無しさん
学校が主張する「高校生らしさ」、「何がふさわしいか」というのは、それだけだと抽象的かつ個人の主観によって結論が大きく変わるため、例示や基準を示し、かつそれが社会通念上相当である必要がある。
それが立証または説明できなければ、どんなに素晴らしい主張だとしても賛同を得る(擁護される)ことは難しいと思う。
ましてや根拠もなく詳しい説明すら無いとなると、争ったら負ける確率が高いし、当該記事本文記載の学校の事例のようにほぼ丸刈りにしても認めてもらえなかったとなると、「ではどのような髪形が高校生らしく、妥当な髪形なのか、それを示す必要がある」という結論に至るのは明白。
故に、学校側は明確な基準を示すべきだし、生徒側もそれに関する訴求を徹底してやるべき。
名無しさん
土地柄もありますし、環境によって差異はありますが、
単純にツーブロックで高校入試を受験しますか?
ツーブロックで就職試験にいきますか?
ツーブロックで面接を受けますか?
染毛も同じですが、髪型が100%面接に影響しないといえますか?
社会的に受け入れられるかどうか考えているのではないでしょうか。
会社の人事や入試担当者に好印象なのはどんな容姿でしょうか。
たしかに「高校生らしくない」は抽象的です。
でも、その中に含まれる意味を理解し、自分で正しい判断ができないのならば組織的な規則はあってしかるべきではないでしょうか。
人を見た目で判断してはいけない
そうです。では、逆になぜそのような言葉が生まれたのでしょうか。
それは、人は見た目で判断されやすいからです。
生徒の人生がたった一つの髪型で左右される可能性が少しでもあるなら、手放しに自由で良いとは言いづらいところではあると思います。
名無しさん
彼らの世代の中には尖る必要がある若者もいる筈なんだけど、指導者側や体制に自信や能力が欠けていたら管理、統制したがるだろうね。
例えばチェゲバラも思春期に独自世界を開拓構築して、その後の革命に繋がっていったふしがあるけど、思春期は特にその後の生き方、社会に飲み込まれるか変える人間になるかなど、世界観や人生観を形成する分岐点にもなる。遅くなればなるほど、変わったり変えるのは大変になるから、多少摩擦を起こしでも勢いを活用できる若い内に立ち上がることをすすめるよ。それが社会や仲間のためだと後でわかる。
現社会の延長的エリートの若者なら、周りの理解や環境の中で和と個の統合もしやすいだろうけど、新しかったり大きな変革をあらわしたければ時に尖る必要も当然あるからね。逆にそういった革命的な志は、棘がなければ花も咲かないだろうね。煮えたぎる血が根幹を貫く栄養として必要で、逃げずに昇華をあらわすべきさ。
名無しさん
髪型、色については昔から議論されていますよね。みんながスマホ持つようになったから問題が表に出やすくなっただけなのだろうけど。
こればっかりは日本の文化としか言いようがないんじゃないかな、海外のように色んな色がいるわけでもないし、日本の場合、規律や礼儀作法に厳しいと思うから、目立つ人、人と違う人は叩かれる。
でもその厳しい学生時代や文化でそだったから日本人は綺麗に順番まもって並んだりすることができるんだと思う。
個人的にはツーブロックリはどうでもいい、その生徒や教師の背景がわからないし。問題児で先生も厳しく対応していただけかもしれない。
度合いがすぎる教師はそのうち叩かれるだろうし。
文句があれば髪型のために違う学校にいけばいいw
髪型金髪で学校行きたいなら海外留学すればいい。
okojoticjapan
昨今は高校大学を出るのが当たり前になって忘れがちだけど、可能性として中卒で働く人も0ではないからそういう人たちの為の荒療治として中学校がルールを厳しくするのは分からなくもない
高校の校則のイメージは、偏差値が低い、つまり入口が広い学校ほど校則は厳しいイメージ
高校は自分で行きたい学校を選べるんだから、厳しい校則が嫌なのであれば緩い校則の学校に入れば良い。その努力すらできないのであれば、自分を律することができないけど欲しいものは要求する人として、そういう人の層が集まる学校でルールが厳しくなるのはしょうがないのかなって思う。
個性的と言われることって基本は必要性のない贅沢みたいなのが多いし。無個性になれとは言わないけど、個性的になるには責任とリスクが付き纏うってことは学生でも知った方が良いと思う。
だが、髪色と目の色の生まれ持ったものはわざわざ申請してんだから専任の中では共有しろクソ教師共
名無しさん
学校ではなく予備校の時の話だけど、人気講師の授業で、
「派手な髪形、服装の子に(問題を)聞いていくよ!」と言っていた講師がいた。
予備校だから生徒全員は知らないし、名前も知らないだろうから指名するのが難しいという理由もあっただろう。(ちなみに自分は髪型は普通だけど赤い服着ててなぜか指名された)
でも社会に出て思うけど、営業などインパクトを残すことがいい場合もあるということを感じることがあるし、予備校の時のこの件はそういったものに通じるものがあったような気がする。
これからは世界との競争に時代になっていく中で規則に縛りすぎてしまうのもよくないように思う。
学校・先生方もいろいろ大変だと思うけど、規則という言葉だけでなく実践で何か伝えることが出来るといいと思う。
派手なタイプで上手くいく人もいるし、規則通りで上手くいく人もいる。
規則という枠だけで考えてしまうと小さいものの見方になりそう。
名無しさん
こういう校則あって良いと思う。
それに反発する人がいてもいいし,色々考えるのが良いと思う。
実社会に出たら,納得できないこと沢山ある。
それに立ち向かって変えていくのも一つの手だし
どうでもいいところは波風立てずにいくのもアリ。
若いうちから,もやもやする感覚を沢山経験し
自分なりに考えて,対処していくのは良いことだと思う。
xxx
校則で髪型の制限があってもいいが、細則をしっかり詰めて明文化すべき。
学校、教師側の主観や恣意で「なんとなくダメ」みたいのは
逆に教育上よくないと思う。無用な反感を育てるだけ。
なんでダメなのかきっちり説明できないと。
立場が上なら大した理由がなくても人の個性を
抑圧していいんだと、誤った大人像を持たせてしまう。
名無しさん
ある程度は、自由というか許容範囲があっても良いと思います。ただ、学校だけに変わる必要性があるという議論には、疑問符が付きます。
もし、自由な髪型や服装で、校外で何かしらの事件に巻き込まれたとします。その場合、社会はどうしても「見た目」で判断してしまうと思います。「そんな髪型や服装してるような・・」という声です。こういった声は、残念ながら、この日本ではあるのです。それが、変な中傷に繋がらないとは言えないと思います。また、そのような容姿を認めた学校の責任論も出るでしょう。社会を変えるのは難しいでしょう。様々な時代に育った人が一緒の社会に暮らしているのです。社会の一員になるということはどういうことかをしっかり教え、そのうえで本人が考えた髪型や服装なら良いのではないでしょうか。
名無しさん
現在教員をしているものですが、ツーブロックや襟足が長いのは校則違反で生徒指導の対象となっています。正直言えばなぜかわかりません。
理由を聞いてみても「心が乱れているから」だとかよくわからない根拠が立ち並びます。
しかし、問題を起こす生徒は髪形がツーブロックなどをしている生徒が圧倒的に多いです。おそらく経験則でこのような校則が制定されたと思いますが、納得のいく説明を入学式前の説明会で行われるべきだと思います。もし、説明会などをしているのならば保護者の責任である。
名無しさん
高校生らしい=教職員の好み
ではない。
それにこれは担当教員が代わると同時に変化することもある。
自分が高校生の時に天パで注意され、逆切れしたり、校長が代わった途端、ワンポイントソックス禁止で注意され、「まず先生方が手本を見せて」と担任に言ったら、2度と注意されることはなかった。
若気の至りもあったが、所詮校則の服装身なりの規制なんてそんなもの。
行き過ぎはよくないが、高校生にも個性はある。
名無しさん
髪型を規制するのは、そこを自由にすると他の校則も緩める事になる恐れしてがあるからだと思います。今回の場合は一過性の髪型として扱ってのNGでしょう。高校生の校則は当た方が良いとは思います。生徒も一部を除けば、髪型、服装に気を遣うより決まったことを守る方が楽だし、親御さんも無駄な出費をしなくて良いと思います。髪型が!服装が!で勉強に身が入らないという生徒は私立の校風が自由な学校を選べばいいだけです。入れないならあきらめて下さい。今回のツーブロックでどこまでラインを許すかの論議で先生たちが口角泡を飛ばすのはバカげてます、禁止が一番すっきりしています。
名無しさん
校則は作られた時には、教育上の効果を考え決められたんだと思います。
昭和の時代では男子丸刈りの校則は珍しく有りませんでした。当時は長髪やパーマ、リーゼント等の髪型の生徒は非行に走りやすい。非行に走ってる人との接点が多くなりやすいと言う教育上の効果を狙っていた物でした。校則を守らせるために管理指導する必要が有ります。この中でグレーな状態、丸刈りの髪が伸びている状態、どれぐらいがダメかは何センチ等分かりやすい基準で運用出来ました。
年月が過ぎ丸刈り校則はなくなり高校生として相応しい髪型と言うある種曖昧で誰が見ても納得出来る基準が作れなくなりました。
一方先生は世の中の変化に対応するため教育者から役人的に成らざるをえなかった。
その結果、校則は教育的効果でなく役人としての管理基準の色合いが強まっていると感じます。
それは生徒にとって理解しづらい事になっているとと思います。
名無しさん
生れた子供は先ず家庭環境に拘束される。
貧富の差、親の教育意識、価値観などですが、この影響差は大きい。
義務教育に入ると団体生活と各種教育を受ける訳ですが、その目的は「最低限の知識」と「社会常識の体得」でしょう。
(識字能力や初歩計算能力、意思伝達や文章作成。日常生活上必要な法順守意識や社会ルール把握)
私見ですがその意味では、義務教育下での管理統制は必要不可欠だと思います。
個人自由には義務(納税や法)と拘束(社会常識や企業規則)が付き物。
それを自己判断で行うには、精神成長と経済自立が必須。
少なくとも中学(15歳)までは、権利制限は有るべきです。
高校生なら状況次第、学校ごとの生徒水準が違い過ぎますので一概には言えない。
一般的に学力重視しないレベルの公立校こそ、その種の生活管理教育は必要でしょう。
自己管理が出来ない生徒が多いからね。
名無しさん
禁止にする理由は周りに対する印象だろうな
悪いことばっかしてるやつと似た格好をすると悪いことをしていなくても悪い印象がつくのは仕方ない
世の中印象も評価のひとつということも教えないと。
自分達だけの主観でなく広く考えた時どうかを意識することも出来るようにならないと自分が損するぞって教えた方が良い
それでもいいっていうなら内申点をがっつり下げれば良いだけ。
身だしなみで留年もありにすればいい
所属するなら所属場所のルールに従わなければならないという社会のルールを教えないと
kyhoi・・・
学力的に高いところは自由。
低いところは厳しいってコメント多いが当たり前よね。
学力的な頭の良さと、人間的な頭の良さは異なるものだと思うけど、それでも、相対的にどちらの頭の良さも持ち合わせていたら、校則が自由だったとしても、限度を超えたハズし方はしないから、校則で縛る必要がない。
相対的に頭が悪いと、縛られない事は何でもありという事と考える場合が多いから、限度もなければ品もない状態に陥るから、校則で縛るしかなくなるという話。
名無しさん
私の住む地域にある県立トップの女子校は殆ど校則での縛りが無い。
制服自体が無い高校のですが、問題を起こす生徒さんを見た事がないです。
校則は必要ですが、ガチガチに縛る校則は大人の都合が強いと思います。
見た目で人を判断しては駄目と教える立場である教育関係者が、学生らしくないという見た目で判断する部分が大きな矛盾点では?
これは難しい問題なのでしょうが、子供達って大人が気付こうとしないだけで、大人よりシッカリしてたりしますからね。
子供達から教えられる事も多くある。
名無しさん
学校は単に学問を勉強するためだけに行くのではなく、社会に出てからのルールやマナーを守る事も教えていると思う。
個性がなくなるという意見もあるが、ルールを守れないのに個性を重視するのは違うと思う。
ただし、学校側がルールを曖昧な解釈で行使するのは単なる怠慢なので、もっと明確やなルールを設けるべき。
生徒側もそのルールがおかしいと思ったら改正するためにはどう行動したら良いかを学んで欲しい。
今の高等学校って入学に年齢制限あるのかな?
自分が高校生の頃は無かった
極論になっちゃうけど
年齢制限がないんだったら高校生らしさの概念が違う様に感じる
だから多くの大人がしてることは高校生でも
悪いことじゃない限り干渉することではないと思う
むしろ、学校側や保護者がもっと寛容になって
寛容な社会を作る教育が必要な様に感じる
高等学校の校則は高校生らしさよりも
社会的にNGな事に寄る方が良く思えます
反社会的勢力の人みたいなことや見た目
法律では定められてないが、一般的に相応しくない行動
強いて言うなら学校が目指す理想に相応しくないこと位で
こういう行き過ぎた校則を作る学校は
過保護を与える代わりに自由を束縛してる象徴に思える
でも、それを望むなら、それは否定しません
そういう教育がしたいなら、
生徒になる人達に
その事をちゃんと分かるように公開すべきだと思う
<スポンサーリンク>
名無しさん
学校側の言っている事も分かります。
勉強をしに行く場にオシャレは必要ないという事なのですから。
ただ、どんな格好をしていたとしても、
シッカリとやるべき事をやっていれば問題はない様に思えます。
勿論、社会に出る為の基本的な教育の場でしょうから、
奇抜なのもどうかと思いますが、
その感性すら人それぞれが違うのも考慮した上でやるならシッカリとした
ルールを設けてあげたらどうでしょうかね。
制服だって着て行かなかったらダメでしょ?
身だしなみという意味合いでは一緒なのでしょうから、
これでなくてはダメ。のルールは大事だと思います。
まぁ〜やるべき事もやらずにオシャレしていては本末転倒。
先ずは外見より内面を鍛えよ!と言いたい。
名無しさん
校則や学校生活での指導のボーダーラインは難しい問題ですよね。古臭い考えですが、個人的には学校ではルールを守ることを学ぶ場でもあると思います。一定のルールがあって、それを守る。やはり若いうちにそれを身につけておけば社会のルールも自然と身につけばいいなと思います。逆に高校は各校に特色があって選んで進めば良いと思います。
名無しさん
美容師してるものです。
たしかに普段仕事をしていて、なんで校則でツーブロックがダメなんだろう?って思う時はあります。
昔は毛量が多く普通に切っても不恰好な人が両サイドのブロック(ツーブロック)を刈り込んで被せて見えないようにしてバランスを取る。といったスタイルでしたが
近年は一概にツーブロックと言っても刈り上げの位置も様々でたしかに中には「高校生らしくない」という印象のツーブロックスタイルも存在するのも確かです。
明確な基準が存在しないので学校側の判断も難しいのはわかりますが、、
「高校生らしい」と曖昧に、ただ単にツーブロックを禁止するのではなく刈り込みな見えなければOKなど使ったらいいのになと普段から強く思います。
これも賛否両論あるとは思いますが、ヘアカラーなどに関してももっと自由であってもいいのになと感じます。
名無しさん
高校って理不尽なこともこの世にはあるんだよということを学ぶ場所だと今は思う。
昔は違反すれば問答無用で罰されたし、従いたくないから違反をして不良と呼ばれる人もいた。
今時、そんな校則って思うけど高校までいったら自己責任だと思う。
髪型は自分でやりたいようにやって、それで不良のレッテル貼られて卒業後に後悔しないならそれでいいし、今理不尽でも従い優等生でいたいならそれでもいいと思う。
高校などなら校則緩いとこを選べばいいじゃないかな。
社会を学ぶ第一歩。
名無しさん
海外に住んでいて思うけど、高校生らしいとは?
日本人からみて奇抜だな、怖いなと思う髪型をしていても真面目な人がはたくさんいるし、逆にそこを縛るから反発するのでは?
個性は内面だけでなく見た目からもでていいと思う。
見た目をいじること、いろんなファッションをするのとが将来に繋がる子供もいるのでは?
大袈裟かもしれないし、ある程度ルールを作ることに意味があることも理解しているけど。
それ以上に縛ることの方がためにならない。としか思えない。
ましてやネットで世界中の色んなことがわかるこの世の中で。
日本にいたら日本のルールに従うのは当たり前だけど、
正直髪型もだけど、やりすぎだと思う。
ツーブロックって。笑
おれも高校時代に眉毛より上に前髪とかあったけど、眉毛めっちゃ上にあったらどーすんねん
ff__e
なんでもかんでも理由付けって必要でしょうか?
清潔感なんて受け取る人によって違いますから、その学校で「その髪型はダメ」というのなら仕方がないかと思います。急に設定された校則でもないでしょうし、昔ならまだしも今の時代は調べることもできたでしょうし、あらかじめわかっていたのではないですか?その髪型がダメって。私自身はツーブロックはチャラいイメージを持っていますので、清楚だなとは全く感じません。高校生がわざわざそれにしなくてもいいと思っています。髪型自由の学校もあるでしょうし、制限が多い学校もあるでしょう。坊主頭を強要するのはいかがかと思いますが、ダメな髪型があるくらい、それに合わせればいいのでは。親まで出てきて恥ずかしいと思います。今は学校だって校則や校風で選ばれる時代。自分で選んで決めて通ってるんですから、覚悟を決めて3年間を全うしてほしいものですね。
名無しさん
校則は守る必要がありますが、確かに中には何のためにあるの?なぜこれをしなければならないの?と疑問に思えてしまう校則があるのも事実。
が、だからといって全ての校則にいちいち意義を求めて疑問を投げかけるというのもこれまた無駄な労力な気がします。
どうしても変えようが無い部分に関して校則がネックになっているのなら存在意義を問う必要はあると思いますが、単に自分が気に入らないから、ポリシーに反するからという理由だけでわざわざ学校に存在意義を問い談判してまで校則を変えさせようするのなんかはどうなのかな。
そんな事を考えるくらいなら、今の校則を守った上でどこまで楽しく過ごせるかを考えたほうがよっぽど有意義な時間になる気が。
名無しさん
息子の高校もツーブロック禁止でした。
美容師さんとよく相談して上手にやってました。検査はかなり理不尽で曖昧だったよう。
娘の学校は校則は緩めです。工夫しながらオシャレを楽しんでいます。
校則でしばると子どもは考える事が減ります。受験、学校の評判、世間の見た目への評価。それらを話した上で、自己責任で良いのでは。
真っ赤なツーブロックで入試や就職で失敗しても自己責任です。
先生方も多忙ですから検査に時間を割く必要は無いのでは。より良い授業に時間を割いて欲しい。
法律を守る、学校の品位を落とさない、全て自己責任!くらいの校則で充分なような。
もちろん、校則無くしたら酷い事になりそうな学校もあると思います。でも逆に上手なオシャレの授業をしてみたらどうでしょう。
名無しさん
この校則に疑問を持った人も、実際その高校生を見たら、ああ、なるほど。ってなるかも。
完全な自由にすると度を超えた、成人式みたいな髪型の生徒も出てくるだろうし、かといって前時代的な丸刈りの強要もできない。
ルール、ルールと言うことで自らの自由が狭まっていくたこと、自由は皆のモラルによって守られているということを学ぶ機会になると思う。
私の母校では、生徒の自由を守るために生徒の発案により規律委員が設立されました。
生徒自らで判断し、ルールで自由が狭められることがないように努めることが学生の将来のためにも必要かと思います。
名無しさん
フェードがいいよ
種類は色々あるけど、清潔感はあるし
男らしい。
染髪やパーマはダメかなぁと思うけど。
高校以上は義務教育でないからある程度自由でも良いと思うけど、ルールが無いと好き放題する人がいると思うし、勉強しに行ってる訳で。
個性を発揮するのは卒業してから大学行くか、社会に出てからでも良いとも思うけど。
今後何事も我慢出来ない子が増えそうで心配です。
名無しさん
社会に出て、なんでも詳しくはっきり決めてくれるなんて意外と無いと思います。
だから“高校生らしい”っていう曖昧な決めごとがあったとしても、明確に決めるべき!というより、どうだったら“高校生らしい”になるのかな?と自分で考える機会にもなるんじゃないかなと思いました。
もう高校生なんだから髪染めるくらい、ツーブロックにするくらい…って思うのならば、高校生にもなったんだから自分で考える人になりなさいって言われてもおかしくない気がします。
こういう外見の不自由を訴える学生見ると、外見より中身を磨くことが本当に本っ当に!!大切だって大人になったら分かるよって教えたくなります。
大人になったら高校生なんてまだまだ全然子供だったと気づくから!
そんな若者達の外見気にする時間を省いて、中身を成長させるための校則であってほしいですね。
名無しさん
髪型に関する校則の前に、制服について議論すべきです。統一された制服のために派生する校則が以外に多いはずです。髪型、靴、靴下の色、ベルト、シャツ、下着などざっと考えてもこれだけあるんです。
「ツーブロックが高校生らしくない」というざっくりでは解決しません。幼稚園で制服、小学校では自由で中高では再び制服、その先は自由ですよね。これが日本人の標準な道程だと思います。だから疑問に思うことなく来てるんですけど、自己主張や好みが生まれると、ネックになるのは校則ではなく制服であることが多いはずです。ツーブロックがどうのこうのと議論する前に制服だと思います。
おうどんさん
ある程度の自由があっていいとは思いますが、ルールがある以上従うのも道理だと思う。それを分かった上でその学校に進学するわけだし。そのルールがはっきりしないから線引きが難しいのだと思うけど。
そういったルールがあったから二十数年の人生で髪を染めたり刈り上げたことはないけど、今社会に出てそれでよかったと思う。結局、多くの職種では髪型や髪色に制限があるのだから。
CR7
自由と自分勝手は、別。
明確な基準を設けてその中で個性ある髪型にするのが自由で
それに反するのが自分勝手
身嗜みとオシャレの違いだと某大企業の研修で言われた。
中学や高校は、明確な基準を定めるべき
高校生らしさとかよりも
将来的にこういう髪型が社会人の基準とするべきじゃないかな?
社会に出てから髪を直せと言われることもあるだろうし
学生のころからある程度は、基準があってもいいと思う。
大人になってから黒髪嫌だ
いままで茶髪だったからとかダメだからね
だからこそ学生の時だけでも染めたいとか好きな髪型にしたいとか色々難しいけどね
自分でなに言ってるかわかんなくなってきた。
すいません。
名無しさん
中学や高校を責める声が大きいように思うけど、教師はしたくてしているのかな?
ツーブロックの受験者を、大手銀行や商社が採用してくれるなら、大学の面接受験で合格にしてくれるなら、校則からツーブロック禁止なんて文字が消えると思うんだけど。
高校は生徒指導の先に進路開拓があるから、世の中の大学や企業に忖度して、より無難な髪形にさせようとしているだけに感じる。
奇異な髪形で「受験していいよ」と生徒に言い、不合格であれば学校に文句を言ってくる保護者。これも家庭で指導し、不合格になっても親が責任を取るなら、学校の先生は禁止しないんじゃないのだろうか。
ツーブロックに抵抗があるのは、企業や大学の年配の先生方であって高校の先生ではないように思えるのだが。
名無しさん
この記事は福岡の調査結果だけだけど全国的にはどうなのかな?自分が学生をしていた25年前はこんな校則はとりあえず埼玉県の県立高校では無かった。
一番わからないのは、基準がなく高校生らしい髪型というのがないかを教師や学校が示せていないのに違反とするということ。
丸坊主にさせたいけどそれを強制すると憲法違反になる事例があるからツーブロックをダメというのかもしれないが、そのたびに美容院の費用が掛かるし、直そうとすると短くするしかない訳で、坊主頭に誘導しているとしか思えない。
抽象的なダメではなく、禁止するなら具体的にしないと「あの地域の教師は時代錯誤」としか思われなくなると思います。
名無しさん
見た目で損するならそれを身を以て体験させるのも教育では?人は見た目で大体印象決まるけど、就職のとき金髪で採用してくれるところもあれば見た目で即アウトだってあるでしょ?
本人がそれで良ければそうすればいいし、不利な状況を変えたくて身嗜みを整えるならそれは本人が自分自身で判断することで、結果良い方向に向かうならそれは正解だったと学ぶ。
何が正しいと大人に決めつけられてたら、自発的に何もしなくなって良い意味での個性が無くなってしまう。
純粋な日本人
何故か生徒が強い立場になってるが…
校則を守れないなら最初から受験をしなければ良いんでないの?
自分が頭良くなって自由のある学校に合格する努力をするべきだよ。
20歳までは大人の言う事を聞き大人しくしとれ。
人に養ってもらって偉そうなのが腹立ちます。
社会に出たらもっと厳しいところはあるよ?
自由になって髪型弄れる様になったらハゲになってるとか?
俺は学生の時は生活指導に社会に出たらとよく言われたが爺さんと親父がハゲだから逆に今しかないと言い張ってきた。
それでも赤毛でもリーゼントでも普通の扱いでしたけどね。色は脱色しかないような時代…
ボンタンに学バンはペッタンコ…ガラスは割るは消火器は巻き散らかして喧嘩はするは…
あんな時代ってもうこないのね…
あっ今は薄毛です。ハゲではない。
やはり遺伝だな…
ン・パカマーチ
謎校則はあるが、
「たださっぱりしたかったからツーブロック」にはならないな。
あとあと揉めてまで認めさせたいということは、「明確な理由があってのツーブロック」だよね?
理容師に勝手にされたなら、訴えるべき相手は違うはずだし。
なにも考えずさっぱりしたかったなら、「全体的に短め」になるだろうし。

基準があいまいな校則なのはわかるが、「団体行動の場」とみるか、「自己主張を第一」とみるかの価値観の違いは大きいと思う。
あとは学校の校風だろうね。スポーツ校、進学校でも違うし、ちょいワルが多いか少ないかでも変わるし。

名無しさん
美容師です。
何がいけないのか頭髪検査にひっかかり、切り直しは毎回のようにあります。
お金を頂くことも出来ず、サービスで切り直してますが、はっきり言って理不尽な検査のようです。
清潔感のある髪型なら多少はいいのでは?と思います。
前髪を抑えて眉毛にかかったらアウトと言われることもあると。前髪抑えて歩きますか?と言いたい。
染髪ピアスなどはわかりますが、常識の範囲内なら、髪型はそこまでうるさく言わなくてもいいと思います。
検査に合格したら次の検査までボーボーに伸ばしても注意されないそうです。それなのに、検査の時だけうるさいと。
意味不明ですよ。
FASTWAY
>ツーブロックはスポーツ選手や高級ホテルの従業員にもよく見かけ、清潔感が漂う。
これはツーブロックが風紀を乱すような髪型でない十分な根拠だと思うし、学校側の「明確な基準はない。見た目で判断している」などお粗末回答にも程がある。それはルールとして機能していない。
残念ながら今の日本ではまともな感覚を持っている人のほうが声を上げず、ゴネ得に味を占めてる連中ほど大声を上げて無理やり通そうとしてくる傾向があるように思える。
「このルールはおかしいのでは」と感じるのであれば手順を踏んで声を上げていくべき。
名無しさん
服装や髪型の校則はあってもいいが、見た人により感じ方が違うのだから曖昧な表現はしないで欲しい。
中3だった昨年、息子の髪型で何度も注意された。耳にかかると「切ってこい」と言われるので、耳の上を少し刈り上げるような髪型にしたらダメだと。「ツーブロックはダメだ」と言われた。カットした美容師さんに話したら刈り上げてはいるが「これはツーブロックではない。ツーブロックに近いけど違う」と。
校則ではツーブロック禁止とはないのですが、曖昧な解釈で中学生らしくない髪型って事で注意していたようです。担任はサッパリしていて良いと思うが他の先生から指摘があってと言われました。
高校生になり入学式前の説明会時に「県内の公立高校はツーブロック禁止」、しかし入学案内の服装髪型には「見苦しくなく、目、耳にかからない後ろは襟にかからない程度」と記載。禁止なら禁止とハッキリと記載してもらいたい。
mok
そもそもですが、地元の学校だと学生見てれば、どこの学校が見た目に対して校則厳しいのか、緩いのかはすぐわかるはず。
それとも詳しく調べもせずに学校を選んだのか?
どちらにしてもツーブロックは、認めてくれなそうな学校に行って、親まで登場して文句言うのもどうかと思う。
見た目に対して寛容な学校が増えていくのは良い事だと思うが、厳しい学校もあって良いと思う。それらも含め生徒側が入学する学校を選べばいい。
自由や個性も大切ですが、規律や協調性も大切。
名無しさん
学校側は学校説明会などで、入学前に校則を説明した方がよい。
校則を受け入れられない者は、別の学校を受けるべし。それが社会。
実際、校則に承諾したもののみ入学可能な形にしないと、今の時代は「教育方針」とみなされず、生徒側の不満はすぐに問題とされてしまう。逆もまたしかり。
学校側、生徒側、互いの立場を守るためにも、きちんとした「契約」が必要。
個人的には、学校と生徒のそんな関係は嫌だけど仕方なし。
そして朝が来る
服装というものは見た目で判断できる、ある種簡単な部分。
簡単に判断できるからこそ「ふさわしい高校生像」というものを教育員会が判断基準とするのならば世代や職業など多種多様な人を参加者とした「明確な議論」が必要。
様々な世代、価値観があるなかでクローズな議論で終わらせるのでは疑問や批判が出てくるのは同然だろう。
どのような議論が行われたのか、参加者の世代や価値観・職業はどういったものなのか、これを明示したうえでの議事録を公開するベき。
議論の場は変にかしこまったものにする必要はない、漫画家やヘアデザイナ、小説家や武道家など様々なジャンルの人間を呼んで何度も行えばいい。
大事なのは管理する現場の先生がやりやすいやりかたではない。教育としてふさわしい段取りを踏み、生徒学生に制度を納得させることだろう。
名無しさん
>>学校側は「見た目で判断しており、明確な基準はない」と回答しただけだったという。
>>ツーブロックはスポーツ選手や高級ホテルの従業員にもよく見かけ清潔感が漂う
>>男子生徒は流行を追ったわけではなく、あくまで「さっぱりしたかっただけ」。その後も説明がないまま卒業し「なぜ違反なのか、いまだに分からない」と、もやもやした思いを抱き続ける
明確な理由無しに、単に他と違う事を禁止するのは日本に多いですが、
多様さを認めない日本の悪い部分の一つ。
これが問題になる事自体が本当くだらない。
”高校生らしさって何ですか?“
そもそも、ツーブロック自体が既に一般的に広まっており、記事にもある通り清潔感必須のホテルマンですらしていて何の問題も無い。
名無しさん
世間一般的に言う、高校生とはこう有るべきだ、の部分で、確かに時代の流れも有るし、時代に合った校則への見直しや、変えるべき所は変えるべきなんだろうが、高校ってそもそも何をするところか。そこを見失わなければ、お互いにそんな事は問題にはならないと思うけど。
名無しさん
私立はともかく、公立は各運営自治体ごとで一律にすべきではないでしょうか? 校則は時代とともに改正されるべきで、昔の状態を頑なに維持する必要は無いでしょうから、変更する場合には一律で変更できるのが良いかと思います。 ただし、ラインとしては校則を勝手に強化はできないが、緩やかにすることに関しては各学校で裁量があっても良いかと思います。
_
教育の根本が間違っているのでは?
日本の学校は日本軍の名残を感じます。
学校は校則で軍隊の統一を組み込む場所ではなく、勉強をする場所。
まず勉強に集中できる環境にするのが重要。
幼児教育で親向けに言われるのは、「子供の目線で何がいけないのかわかるように伝える」。
けして暴力で解決しないし、暴力で従うのは暴力を避けるための反射で、教育が成立しているわけではないと。
細かすぎる校則も暴力だと思います。
偏差値に関わらず、子供が自分で納得できる行動を教育するためにはまず子供を信用すること。
細かすぎる校則は子供を信用していないとの表れ。
過剰な子供扱いや暴力的に従わせる意識が入っているから子供は反発しやすい。
偏差値が低い学校ほど反発が多いのでは?
校則の中には違法な事や人権無視もたくさん含まれています。
PTA問題も含めて根本的に学校の在り方を変えなければならないのでは?
名無しさん
「レストランやゴルフ場にドレスコードがあるように、学校にもふさわしい装いとふるまいがある」って主張なら別にいいと思う。
いいと思うけど、結局生活指導の教師の主観と気分と起源で判定されるのではなく、判定基準を定めておいて且つその判定基準の外側にいる新しい髪形については判断の前例を残しておくとかして、疑問を出されたら明確に生徒や保護者へ判断基準とその結果を伝えられるようにしないといけない時代でもあると思う。
名無しさん
不自然なもの/一般的なものでないものがだめ、という内容と思います。その上で、どこで線を引くか。線を引く際は、基準が明確であることが必要で校則で定めているのでしょう。その基準が正しいかどうか/基準の決め方は、いろいろ意見がありそうです。もっと違うところに大切な価値がある。難しそうですが、そちらの指導の方が大切に思えます。
名無しさん
この髪型のどこがいけないのか疑問に思う。ラインが入っているのならわからないでもないが…ここまで短いと逆に頻繁にカットしないといけないから清潔ささえ感じるけどね。
知り合いの子の学校はほぼ規則が無いらしい。まずは生徒たちで考えてって方針らしい。ある時、制服の着方が段々とだらしなくなって
きた時に先生が規則を厳しくするのではなくて
「そんなに制服が着たくないなら私服にするか?」って聞いたんだって
生徒達は「毎日私服は大変だから制服を無くされるのは困る」って言ったら。「ならば常識の範囲の着かたをした方がいいんじゃないかな」と生徒に言って事は解決したらしい。なにも厳しくする事だけが校則じゃない。ってことだよね。
名無しさん
近所の中学校はソフトモヒカンがダメ、サイドの刈上げも上との長さに差があるような刈上げもダメ
ソフトモヒカンなんて頭頂部が高くなってるんだから短くすると自然とソフトモヒカンぽくなる
サイドの刈上げもさっぱり短くて良いはずなのに上と差がないよう結局坊主っぽくしないとダメ
じゃあ明確にどこまでなら大丈夫なのか聞くと基準がなくそれを見た各先生の主観で判断してる
基準があってそれに照らして各々が判断するならまだしも全く基準がなく、なんとなく中学生らしくないって主観での判断がおかしい
名無しさん
自分は切る側の人です。
学校により長さの規定はまちまちですので、それを事細かに聞いた上で切りますが、
やはりツーブロックは禁止されてるところは多いと思いますね。
ただ、髪の長さでも、許容範囲の狭い学校は少しでも耳にかかろうものなら即刻カットに行かされるなんて話を聞いたことがあります。
それなのに先生方はパーマかけてたりカラーしてたりと、指導とは矛盾してることもあるらしい。
生徒たちを校則で縛るなら、先生たちも校則に則った髪型をしてほしいものだと個人的には思いますね。
Claris
仕事柄、全国の高校生を相手にするが、規律の厳しい私立高校の生徒にツーブロックや極端な坊主など、個性の強い髪型はまずいない。
特進系の頭のいい生徒が通う学校などは特に。
逆に、公立高校など地域によってはモヒカンやツーブロックの髪型で、更に制服も着崩していたりして本人たちはそれをかっこいいと勘違いしている。
中にはピアスがOKの学校も、あり驚く。
高校生らしさの基準は実に曖昧だが、やはり髪型や服装はその学校のイメージを左右するし、個性の強すぎるものや毛染めなどをしている生徒を見れば、あの学校はレベルの低い生徒が多いらしいというようなイメージが付いてしまう。
個性も大事だが、服装や頭髪など細かい規律のある学校に入る以上は、郷に入っては郷に従えを遵守することも大切なことであると思う。
学校は集団生活をする場であり、その学校のルールを守れない、守りたくないなら自由がきく所へ行けばいいだけの話。

 

スポンサーリンク

-学校

執筆者:

 

関連記事


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事


Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/childeleven/tozainanboku-japanews.com/public_html/wp-content/themes/stinger8-child/kanren.php on line 12

関連記事はありませんでした