東西南北〜ジャパニュース〜

日本中の様々な情報をお届けいたします。芸能関連やちょっとしたネタ等々・・・

芸能

レギュラーの2018現在判明!介護業界!ネット・2ちゃんまとめ!

投稿日:2018年12月27日 更新日:

「あるある探検隊」で一世を風靡したお笑いコンビ・レギュラー。当時まだ小学生だった私も、学校の休み時間に隙あらばみんなで真似をして遊んでいました。

そんなレギュラーのお二人は現在、老人ホームなどの介護施設でネタを披露したり、学生向けに介護について講演をしたりと、「お笑い×介護」という切り口で介護業界を大きく盛り上げています。

出典:「認知症の人をイジるのは、悪じゃない」レギュラーはいま、介護の現場で奮闘していた(新R25) – Yahoo!ニュース
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181227-00010000-srnijugo-life

<スポンサーリンク>

 

名無しさん
男前度は弱いかもしれないが、この2人の生き様はカッコイイ
それだけは間違いない
バット
素晴らしい事だと思うし、真摯に向き合ってるのを感じた。
自分もいつかは、介護職の人達にお世話になるだろうと思うけど、仮に認知症になったとしても、笑い、笑われ死んで行きたいと思う。
人生も終幕なら、その方が幸福じゃないか。
名無しさん
今までドリフ、タケシ、サンマ、タモリなどなど普通におじいちゃんボケを笑いにしてたよね。
サンマのカラクリはあまり好きではなかったが、面白いものを素直に笑うのは大切なのだと思う。
笑いは健康にもとても良いと言うし、頑張れ!
名無しさん
テレビで見なくなったと思ったら、こんな活動をされてたんですね
この人たちは売れてた頃も、人を悪く言うネタはやらず、明るく素直な人柄って感じだったから、年配の方にすごく好かれると思う
自分の親が施設に入ったとして、こんな人たちが来てくれて親が笑って過ごしてくれてたら本当にありがたく思うだろうな
これからも頑張ってください!応援しています
名無しさん
年の瀬に良い記事を読ませてもらった。
レギュラーのふたりだからこそ創り出すことができる、ほんわかした空気感にお年寄りは安心して笑えるんだと思う。
大っ嫌いだけど河本もちょっと見直したよ。
このところ変なな芸人の話題ばっかりだったから、こういう話題は素直に嬉しい。
名無しさん
素晴らしい、良い記事だった。
凄く良い活動をされてたんですね。
何とか見習って世の中に恩返しが出来る人間になりたい。
笑顔でね。
pig
最後まで読みました。
笑いが人を幸せにするということは、様々な場面で言われていることですが、実際に行動を起こしているお二人はとても尊敬します。
いろんなところに、広がっていくことを願います。
kai.
素晴らしい!現場を理解されている。
とかく、暗い扱いの介護事情を明るく語っていただけるだけで、うれしい。是非この活動を続けて、介護現場のイメージ向上につなげては欲しい。介護の記事でうれしなみだでた。
名無しさん
介護の現場で働いていますが、お二人が本当に介護の事を理解されてるんだなぁと思って読ませていただきました。
認知症の方はコミュニケーションが難しくなった時笑顔を見ると安心されるとか、本当なそうで相手が興奮したり怒っている時つられてこちらも緊張をした表情をすると余計に混乱されるけど笑顔で接すると落ち着かれる事が多い。
笑いって大事だし笑顔をどんな薬より人を癒すものかも知れませんね。
いろんな意味でありがたい記事でした。
名無しさん
久々にレギュラー見た。TVにはあまり出てないけど、ちゃんと頑張ってるんだね。応援します。
名無しさん
素晴らしい活動だと思います。
これぞプロの仕事、一隅を照らすひとだと思います。
それと河本大嫌いだったけど、ちょっと見直しました。この記事で出てくるまでまったくその話を聞かなかったから、パフォーマンスの活動ではないんだろうと思う。
名無しさん
これは…深い。
みんなに読んで欲しいな。
名無しさん
いい記事読んだ、笑いがあるって大事。
認知症の方もそうだけど、職員さんも助けられるんじゃないかな。
介護のこともちゃんと勉強されていてとても尊敬できます。
shima
認知症すらネタにしてしまうとは、さすがプロ。デリケートな場面もたくさんあるんだろうけどね。
ここで経験を積んで腕を磨いたことが仕事増につながるといいね。この記事を読んだたくさんの人が応援してくれてると思う。
名無しさん
笑いが人を助けたり、貶めたりする。人気者になったりいじめられる側になったり。その狭間で上手く展開してるのは、やはりプロ。マスコミはこういう話題をちゃんと報道すべき。
名無しさん
是非、ずっと皆を笑わせて欲しいです。
認知症の人が特別じゃない…
イジるなんてって思う人は
介護に就いた事が無い人達だと思う。
私は大賛成します!頑張って下さい
名無しさん
介護の仕事をしている者としてとても嬉しい記事です。お二人の嗅覚と縁を大切にする真面目さ、高齢者の楽しみの少ない日常に笑顔を与える知恵、とても励みになります!ありがとうございます!
mafia1173
すごいな~。
中途半端なんだろうと思って読んでたら、ちゃんと「利用者さん」と業界用語まで理解して施設「自立支援」てのも理解しているとは。
ご利用者様って、楽しみは正直今の所「食事」が一番であとは特段個人の楽しみくらいしかないんですよね。
年寄りだから「落語」やフラや、盆踊りや、時代演劇が好きっていうわけでもなく・・・。
レギュラーのような第一線で活躍している人たちがもっと来てもらえると、そこから若い人とかもきて、「よりどころ」にもなります。
ぜひ今後とも進めてもらいたいです。
名無しさん
身体介護になってきたら状況は変わると思うが芸能人だからできる事をしっかり勉強されてると思う。慰問など非日常は必要、その為にはやっぱり職員を増やせる(減らさない)仕組みが必要。
名無しさん
天職を見つけられていたのですね。介護の世界、言外には辛い事も沢山あるかと思いますが、お年寄りの笑顔や「ありがとう」の一言で、全てが吹き飛びますよね。無理なく頑張れ
名無しさん
これはいい記事を読ませてもらった。
こんな素晴らしい活動を真剣に考えて取り組んでるなんてもっと知られるべきだと思う。今後もいろんな人を笑顔にしていく活動を続けて欲しい!
応援させていただきます。
名無しさん
介護福祉士しています。
長年介護の現場に勤めていますが、お二人の真摯な姿勢に頭が下がりっぱなしです。
対応1つ間違えば、不穏になったりする事ありますよね。。。
介護の現場では『あるある』ですわ。
その難しさを痛感しながらも、前向きに活動されているお二人の事、応援してます!
名無しさん
祖母が認知症で施設に入っています。
入るまでは雪の日に寝間着で徘徊したり大変でしたが、人は良いのですくわれます。
是非、笑いのある介護を作っていって欲しいです。
名無しさん
いくら認知症の人でも
忘れないことがある。それは
楽しかった思い出と悲しかった思い出。
回想法の使い方次第で利用者の反応が大きく変わる。昭和平成、もっといえば
大正時代と激動の日本を生き抜いてきたいわば先人たち。話のネタも尽きるわけが無い。介護の現場を知り、そこに
どのような人が入居しているのか、
どのような経緯でそこにいるのか。
そもそも認知症ってなんなのか。
外から見る介護と内から見る介護では
全くといっていいほど違う。
レギュラーのお二人も現場に入ってみて
いろんなギャップに驚かれたのだと思う。しかし我々施設のスタッフも毎日勉強。レギュラーの2人のように違う視点を持った人が違う切り口から接してるのもみてておもしろいし我々も勉強になる。
早口で、沖縄がどうとか、尖閣が
どうとか言ってる芸人なんかより
ずっとずっと、レギュラーの
2人の方がかっこよく見える。
chi
もっとこういう記事を大々的に取り上げて欲しい。本当に素晴らしい事だと思います。河本にもびっくり!
名無しさん
知り合いがヘルパーさんなんだけど、レクレーションには頭を悩ませるみたい。やってること聞くと、歌ったりするぐらいみたい。
漫才は色んな感情が入り交じるから、良さそうだね
名無しさん
本人の意向とは反するかもしれないけど、テレビで取り上げたり書籍にして、もっと多くの人にレギュラーの活動を知ってほしいな
名無しさん
レギュラーの二人の活動、いいですね!
広まると良いな。
jchky
久し振りに素敵な記事読みました。うちにも92歳の要介護5の実母が居ます。12年前に認知症と認定されました。その頃は徘徊もあり大変でしたが、今は一人では立てなくなりました。でも逆に介護は楽になりじっと顔を見て笑いあえるようになりました。話の内容は全くわかってないし、多分私の事もわかってないけど、笑う回数が増えると体調が良いように思います。レギュラーさんのような人達が増えて、介護施設が明るくなればいいですね。
名無しさん
笑いって本当に日々を豊かにするんですね。
たくさんの方達を笑顔にしてほしい。
素晴らしい記事を読ませて頂きました。
aran
レギュラーのお二人のコメントも活動も素敵だし、
この記事のライターさんもいい言葉を書かれるなぁ。
介護の現場に若い世代が少ないのって、純粋培養されてると言うか、
きれいなもの・清潔なものにしか触れてきてないからだと思うんですよね…
(自分もそういうところがある)
だから色んな方法で介護の世界に触れることが出来るというこの記事はホッとしたし、
こういうところから介護に対して理解を深めていきたいと思いました。
名無しさん
笑顔は人を変えると言うけれど、実際に認知症の方にも当てはまる事です。
介護に拒否を示す方も、笑顔溢れる職員、笑わせてくれる職員には笑顔で接してくれる事もあります。
レギュラーのお二人は現場の事をよく理解されている。それを実践しているから介護職員の自分としてもとても尊敬します。

<スポンサーリンク>

名無しさん
そんな介護の仕方があったのかと、驚きです。
間口が広かったら若い方も興味持てますね。
頑張って続けてほしいです。
名無しさん
親の介護をしてます。実際認知があると、わかっていても、同じことを日に何度も聞かれてイライラしたり、悪者扱いされて気分が沈むことも沢山あります。そこを笑いに変えると、ふと楽になることがあるんです。物忘れや認知機能低下が、ありのままお互い受け取れるような…。
レギュラーさんの取り組み素敵です。もっともっと、頑張って下さい。応援してます
名無しさん
ここは笑っていいのかどうかわからない世界に最初に踏み込んでいったのは賢明であると思う。だってその世界は今後間違いなく拡大されていくだろうから。
nmp
久しぶりに珍しくおもしろくタメになる記事を読んだなぁ。
直接関わらないと全然知らない世界。だけど将来的に関わる可能性が高い世界でもある。
名無しさん
彼らがライフワークとして頑張ってる姿をインスタで拝見させていただいてます。近い将来、本格的に親の介護が迫っているなか、参考になることもしばしば。彼等の物腰の柔らかさと万人受けなお笑いスタイルが受け入れられているんでしょうね。お笑い業界が介護の現場環境を笑いで変える事ができれば介護をする側、受ける側、一般的なイメージも変わって行けそうな気がします。
名無しさん
とても素敵!
ただ、やっぱりこれも素人が安易に真似してはいけないだろうなと思った。
「イジリ」が「イジメ」になってしまうように、ちゃんとした技術があってこそのもの。
名無しさん
ホスピタルクラウンという活動があるように、楽しんだり、笑ったりすることは、生きていく上で大切なことの一つなのだと思います。
信念をもって、介護の現場で取り組まれていることが素晴らしいことだと思いますし、利用者の方をはじめ、御家族の方、職員の方も、その笑いにきっと助けられていることかと思います。
名無しさん
あるある探検隊、懐かしいなぁ~
介護の世界は何かと厳しいけど、
頑張ってるのは素敵だと思います。
介護は世話する人の負担が半端ない分、
その人たちの救いになって欲しいですね。
名無しさん
私の母は40代で認知症になり、20年間介護生活を送り、昨年亡くなりました。
このお二人のような方が当時いてくれたら、どれだけ本人と介護をしている家族の気持ちが楽になったことでしょうか。
お二人がおっしゃる通りです。
若いのに可愛そうに…と言われることが何よりも辛く、当時20代前半の我々姉妹は、そんな周りの目から母を守ることに必死でした。
笑うことは本当に大事です。
本人にとっても介護をしている家族にとっても。
レギュラーのお二人にはこれからも頑張って欲しいです!
名無しさん
多くの人と共有したいと思えるような、素晴らしい内容でした。人を傷つけないような言葉選びでネタ作りしているレギュラーだからこそ、お年寄りの方も安心して漫才を見れたのだと思います。ボランティア活動をされている方も大勢いらっしゃるとは思いますが芸人だからこそ、引き出せる活力があるのだと知ることができました。
名無しさん
要介護4のアルツハイマー型認知症の母を介護して6年目になります。色々と素材を試して反応したのは下記になります
〇ドリフ・・・単純に叩かれたり転んだりする「ズッコケドタバタ」で笑います
〇綾小路きみまろ独演会・・・何を言っているのかは理解できませんが、客席の笑いに引き摺られて楽しそうに笑っています
〇MMDダンス動画・・・洋楽や邦楽でキャラクターが踊っているのを見て椅子から立ち上がって一緒に踊っています(時々ターンして転びそうになるので介助が必要)
〇童謡・民謡・小学唱歌のコーラス・・・一緒に歌って(歌詞はでたらめ)、時に涙ぐんだりしています
〇アニメ作品・・・色遣いに引き付けられるのか、内容は分からないまでも楽しそうに見ています
手元にある素材や動画サイトを毎日テレビで流して様子を見ていますが、良い刺激になるのであれば試す価値はあるかと。ベタなお笑いも同じ事かもしれません
名無しさん
ほっこりした。有難う。出来たらずっとこの活動を続けてほしい。いつかうちの施設にも来てほしい。
名無しさん
いい記事だった。頑張ってください。
名無しさん
活動内容、記事、どれをとっても素晴らしい!
レギュラーのお二人を応援したいです。発想の転換で、たくさんの方が幸せになれる。
素晴らしいですね!
名無しさん
実父が軽度の認知症で、軽度なので、ちょっととぼけた人みたいな感じになり、つい笑ってしまう。
ただ、これが母にとっては悲しいことみたいだ。だからあまり母の前では笑わないけど。
第三者がこういう風にいじるのって、良いことだと思う。本人も認知症自覚してる人もいるだろうけど、第三者からならちょっと気持ちが軽くなると思う。ただ、限度というか加減をわきまえて…ですね。
名無しさん
マイナスなイメージを払拭するために介護業界に入ろうとしてた元アイドルもいましたね。
ってそこと比べるのは失礼なぐらい、彼らの取り組みは素晴らしいです。
自分も以前は介護の仕事をしてましたが、レクリエーションがないわけじゃないですが、人手不足でなかなか思うようにできないんですよね。
同じ入居者の中でも認知症の方を差別したりすることは現実にありますし、悲しむ家族も多いです。
こうしたことが認知症=マイナスなイメージがついてしまった原因かもしれません。
お笑い芸人の方が認知症をあえていじることで、認知症に対して理解しようとする人たちが増えればいいですね。
名無しさん
仕方なくやるのではなく、キチンと介護と向き合ってやれるのはスゴイ。
男前だと思う。
レギュラーは黒い笑いではないから、お年寄りにも可愛がられると思う。
レギュラー、テツとも、ダンディ坂野とか、自分達のニーズをわかっていて素晴らしい。テレビで看板番組持つことだけがお笑い芸人のゴールではない。
polotaro
レギュラーもすごいと思うしどこにどんな活路があるかわからないことだったり、決めた道に信念を持って進み続けることって大事だなとかほんといろいろ考えさせられた。でも、この記事、いい記事だなぁ。ほんといい記事だと思う。記者の暖かさが伝わってくるような、温かな気持ちにさせてもらいました。
名無しさん
昔のドリフでやってたことは、別け隔てなく笑わせてくれた。差別を笑いにしてる訳じゃなく。今はなんでもすぐにBPOが、突っ掛かって笑いの幅が狭くなった。
レギュラーが、真に取り組んでいる姿勢が伝わってきたし、頑張って欲しいと思います。
tokuko
笑いは素晴らしい、ただ、若者に介護を勧めるのはあまり感心しないやっぱり介護は後ろ向きの仕事。若者には若いからこそできる、未来ある仕事に個人的にはしてほしいと思う。介護は中高年の介護予備軍がやるべきだ。
名無しさん
家族に認知症の祖父母がいて、入所している施設をよく訪れていたけど、ほんとに、この記事にあるような場所だった。
レギュラーの二人が、介護の現場でがんばっているのは知らなかったけど、素晴らしいことだと思います。がんばってほしいです。
名無しさん
レギュラーはほんとに面白い!昔、5パターンの芸×1分間で客席を笑わせたら百万円みたいな番組に出ていた時に、短い時間で自分たちで笑いを作り出していて頭の回転が早いんだなと感心しました。嫌味もないし、人をいじりはしても、小馬鹿にして笑いを取るようなことはしない芸人さんだと思います。福祉の現場は、子ども相手でも老人相手でも「やってあげている」みたいな気持ちになりがちで、対等にっていうのは本当に難しいことだけれど、この方々は見下したり気を遣いすぎたりせずにできているんだろうなあと想像してほっこりします。
名無しさん
思いがけず、すごくいい記事に出会った。
レギュラーのお二人は、もともと人のことを悪く言って笑いを取るコンビじゃなかったから好感度は高かったけど資格までとって相手のことを理解して向き合おうとする姿に感動した。
そして河本も彼なりにずっと償っていることを知った。少し見る目が変わった。
hap
人柄が向いてると思う。
資格も取って、ちゃんと利用者さんと向き合ってるとこが素晴らしい。
レクリエーション、自分も実習で経験があるけど、人生の大ベテランさんの心を掴むのは結構大変だった…。
名無しさん
レギュラーさんは、真面目で人間味があっていいと思います。
以前、紳助さんの番組で、沖縄で民宿生活した時もすごくよかったです。
いい仕事ができてよかったですね。
とりてん
いつか生でお目にかかりたいです!
とても素敵な芸人さんですね。
人を楽しませることを純粋に考えてらっしゃり、その気持ちからも元気をいただきます。
私もライターさんと同世代だと思われますが、今改めてレギュラーさんに魅了されています。
名無しさん
お笑いの方向を絞って、幸せにする相手を見つけたんですね。
素晴らしい。
名無しさん
河本がボランティアをしている事も含めて全く知りませんでした。
介護は自立支援。それを知れただけでも今後に役立ちそうです。
レギュラーは人をけなしたりしないお笑いなので好きです。
祖母が要介護になった時、伯母が「幼稚園みたいに歌うたって工作するような事はさせたくない」と施設入所を拒んだのを思い出しました。
こういう風に楽しく笑っていられるのが一番ですね。

 

スポンサーリンク

-芸能
-,

執筆者:

 

関連記事


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

関連記事はありませんでした