東西南北〜ジャパニュース〜

日本中の様々な情報をお届けいたします。芸能関連やちょっとしたネタ等々・・・

生活

プリウスの事故がなぜ多い?その理由は運転者が高齢者・年寄りばかり?

投稿日:2019年4月23日 更新日:

 

 

自動車プリウスの交通事故ニュースが

日々ニュースとして取り上げられておりますが、

なぜこうもプリウスの事故が多いのでしょうか?

 

今回の記事では、そんな多発し続けているプリウスの事故の理由・原因について

口コミをまとめてみましたので

気になる方は、是非ともご覧いただければと思います。

 

<スポンサーリンク>

 

名無しさん
年金受給者のプリウスオーナーが多いのは事実。後ろから見ていても運転に不安を感じるケースが多い。なので、なるべく距離を取るようにしている。
私立大日本帝国防衛軍
だいたいにして、運動機能も低下しているし、
判断力も低下している。
しかし、本人はまだ現役時代と同じ感覚でいるのが
手に終えない。
そこに、らくらくスマホじゃないが、
らくらく乗用車が有ることで、己の機能低下を
理解していない。
今後、自動車学校は新たに免許を取る人を
対象にした学校と、高齢者の再教育する学校とに
分けるべきだと思う。
そうすれば、経営が厳しい自動車学校も成り立って
行くのではないだろうか…。
名無しさん
プリウスは小さいボディで室内空間を確保するために、運転席の足元がタイヤハウスに食い込むような設計がされている。
このため、運転席の右側の足元スペースが無く、アクセルが中央寄りになっています。
普段運転する分には気にならない差ですが、気が動転してブレーキを踏もうとした時に、中央寄りにあるアクセルを踏んでしまう。
これが踏み間違いが多発する原因だと思う。
名無しさん
高齢者はMT限定にしたほうがいい
名無しさん
プリウスだろうが認知に問題ある老人だろうが、事実は何も変わらないわけで…高齢者の運転は今後はもっと問題として議論していくべきです。
被害者にとってはかけがえのない家族を奪われたり、身体に怪我をおったりしてます。
厳格な処罰をお願いしたいです。
名無しさん
エンジン車は、エンジンがかかっていればエンジン音が聞こえるしアクセルを踏めばさらに音が大きくなる
加速に関して視覚以外に聴覚からも加速していることが認識できるけど、ほとんどのハイブリット車は停止中は音がしないし低速からの加速もほぼ無音
認識能力に長けている世代ならば問題ないけど、長年エンジン車に慣れつつ認識能力に劣る高齢者は、聴覚による加速感が欠けているため、車が勝手に加速しているような錯覚になりやすいのでは?
車が勝手に加速するという錯覚によって軽度のパニックを起こしているため、足でアクセルを踏んでいるという状況にすら気づけない
レースゲームで音を消してやると音がある時の感覚とかなりズレてうまく操作できなくなるので、車を運転する上でのエンジン音という要素はかなり大きいと思う
若中年世代ならともかく、長年エンジン車にのってきた高齢者がハイブリットやEVに乗り換えるのは注意が必要だと思う
den#####
誰かも言ってましたが、65歳以上のドライバーはAT車禁止にすれば、かなりの暴走は抑止できると思います。
結局、片手片足で、何も考えず、漫然と運転できる車であることと、運転してても、してなくても注意力散漫で、認知能力、判断力、運動神経が低下している高齢者であることが重なり、重大事故が頻発するようになってしまうんだと思います。ブレーキやステアリングアシスト機能、自動車庫入れや自動ブレーキ、自動運転まで、自分が操作しないでいい機能が増えれば増えるほど、人間は何も考えず、注意せず、漫然と暴走させることに繋がるわけでしょうね。私はまだ40代ですが、自分が20代、30代の頃の視力、体力、瞬発力が無くなって来てるとフッと思う場面があります。車にほぼ毎日乗りますが、あれっ?と思う事も時々あります。程度の問題ですが、日々確実に老化している事を自覚できるうちに(ボケる前に)肝に銘じたいと思います。
Papy
日曜日ゴルフの帰りに、高速の渋滞で運転中に右足がつりました。全く感覚がなくて、自分の意識ではアクセルから足を上げているのですが、全く上がりませんでした。左足でブレーキを踏む事ができたので、パーキングで休憩しました。カートレースをしていたので、左足ブレーキは慣れているのですが、一般の人では急には出来ないでしようね。パニック時には、両足でブレーキを踏むことをすべきですね。そのためにAT車はペタルが大きい。しかし、下半身が不自由な人には瞬間的には無理でしょうね。
非常停止ボタンを装備して欲しいですね。最初の事故の衝撃で車が停止していたら、こんな悲劇は生まれなかったと思う。自動停止装置も必要かと思います。
ハンマカンマ
確かに今回の事件もプリウスでしたね、私思うんですけど静か過ぎるエンジン音も問題なのではと思います、プリウスに限らず昨今の車はどれも本当にエンジンがかかったのか判らない程静かです。
昨今の車は本当に車を運転している感じが無く、静か過ぎて眠気に襲われそうになったりします。
普段MT車に乗っている私からするとエンジンブレーキの効きも良くありません。
ご年配の方々に運転するなとは言いませんが、他の方々も言っている様に昔の杵柄ではありませんが、原点回帰という事で教習所に通っていた頃と同様にMT車に乗り換えてみては如何でしょうか?
1992年以前に自動車免許を取得された方は、AT限定車は無かったはずなので、最も昨今ではMT車を購入する場合には種類も豊富とは言えませんが。
m
エコエコと節約の結果プリウスが値段とエコのバランスが良い。しかし作りが未来をイメージしているので今までの内装ではないので操作がわからない高齢者が多いのが事実。エンジンが始動しているのかパーキングなのかドライブなのかインジケータを見ないとわからない。
しかも小さい表示でボーッとして他の考え事をしていると忘れていることが多い。
新車や中古車でも安全運転講習など実際買う前にきちんと操作できるか練習させて買わせる買わせないを判断してもらいたい。
名無しさん
車だけじゃありません。自転車にしても買い物に関しても、年をとった人の中には本当に!!!?と思う方達がいっぱいいます。視野が狭くなったり、認知能力が衰えてきてしまっているから、仕方ないと思う事もありますが、ヤバイと思う場面に結構会います。私はよく一時停止をしない年配の方にぶつかりそうになります。停止線が見えないのか、通り慣れている道だからなのかわかりませんが、止まらずに出てきます。気がつかれても止まらずにそのまま通過していきます。先日、結構通りの激しい国道を青になったので渡ろうとしたら、直進車を塞いで無理やり右折しようとしている車が。驚いて運転手の顔を見ると年配の方でした。思い切りクラクションを鳴らされてましたが、素知らぬ顔ですぎて行きました。どうしたらいいんでしょう…。
lani
怖い話ですね。
真相を究明して欲しいです。
トヨタ側も、『人気者への妬み』などと胡座をかいていないで、真摯に対応すべきです。
暴走老人…。
以前、公共交通機関内でまさしくその暴走老人に恫喝された事があり、その心理状態が知りたくて『暴走老人』という本を読んだ事があります。
お年寄りは、成熟期を経験した自負心から、周囲の言葉に耳を貸さなくなる事が目立ちますが、取り扱いが難しくなったのなら免許は返納すべきです。
パイロットは多くの命を預かるから、定期的に行われる厳しい審査の通過が義務ですが、命の重さや数の問題ではなく、『誰でも簡単に扱える車』だからこそ、定期的な審査は必須なのだと思います。
自負心の強い高齢者は、取り分け審査が必要だと感じます。
名無しさん
色々な意見がある中で実際に取り扱ってて感じるのは、まず車側の構造で、足元(ペダル)の位置。
この部分は結構気にしていない人の方が多いけど実は大事な部分。
クラッチペダルは別としてアクセルとブレーキの位置(間隔や奥行)は意外に操作の影響が出る。
プリウスは(足元)中央寄りになっているので、ブレーキを踏むつもりがアクセルを踏んでしまいそうになる。
もう一つはシフトレバーの構造で、通常ならP・R・N・D各ポジションにシフトレバーが入るが、プリウスのレバーはジョイスティック型で常に中央、何処に入っているかはメーター上のシフト表示を確認しなければいけない。
何気ない部分が実は大きな影響を及ぼす事はあり得るし、実際の声はメーカーに届いているはずなんだから「改良」の余地はあると思う。
あと、運転ミスは全て高齢者だけじゃない。イメージが悪いのもたまたま横柄横着な者が乗ってるだけ。
名無しさん
長年右足でのアクセル・ブレーキ操作をしてきたドライバーに左足ブレーキをと言っても、自分で試してみれば分かると思うが、アクセルとベレーキの踏力には恐ろしく違いがあり、慣れるには相当の努力と時間がかかる、ましてや老人には、、、かえって事故が多発しそう。 この手の自動車事故や登山事故の記事とか批評家の意見を見聞きしていつも思う事だが、もっとデータを精査比較して、客観的かつ誰もがナルホドと思える記事にして欲しいな。例えば プリウスと他車との販売台数とその比率・プリウスの購入者の年代比率・全車種ごとの事故の比率・年代別の免許保持数とその比率等を比較しての。 又、運転に自信がある老人が傲慢だと決めつけるのも傲慢だと思うが。私はプリウスに乗っていた事もあるが、プリウスに事故を起こし易い要素が ペダル配置・シフト方法・ハンドリングなど複数ある様な気がするが。
名無しさん
車のせいではなく乗る人の問題だと思います。
「過激な表現のゲームをやって、真似をする」なんて言われてよく規制されたりしましたが、そんなのは人の問題でしょう。
ゲームをやろうがやらなかろうが、そういう人は最初からそういう人です。
都会ではプリウスに乗る高齢者が多いようですが、私の地元の田舎では違います。
農家が多く道も狭いので、高齢者は軽トラか軽自動車が多く、事故を起こすのもそれらの車種が多いです。
プリウスばかり事故を起こすというイメージは全く無いですね。
もちろん老人でも事故しなくなるような改善は是非すべきですが、モノのせいにするべきではありません。
今回の件にしても、87歳の方はもともと右足が悪く、免許返納も検討していたのにも関わらず運転を続けて悲惨な事故を起こしました。
本人と、止めなかった周りに一番の原因があるのは明らか。
名無しさん
プリウスが台数が多いのは事実でいろいろな世代が乗っている。
自分は現在40代だがいずれはプリウスのような低燃費の車に乗ると思う
65歳ないし70歳から限定をつければいいと思う。
「自動ブレーキ搭載車に限る」と免許更新の際に限定すればよいと
思う。買えないとかじゃなくて、ライフラインとしての利用ならば
国から補助金を出してもいいと思うし、自治体でレンタルないしリースすれば使わなくなったら次の人に貸せる。繁華街では交通インフラも整っているので補助金は少なめないし無しでもバス券があるし問題ない。
年金受給者によって若い未来ある働き手が犠牲になっては税収も見込めない。
限定にして更新の際は、自車を講習の際に持ち込むことで確認できる
レンタカーや他人の車は認めない。
できる対策はいっぱいある。自分自身議員になって一番したいことだと思う。
名無しさん
車両の運転とは許可証を要する行動であるにも関わらず、ATをはじめとした技術の進歩の恩恵で割と簡単に走らすだけならできてしまう。それゆえの高齢者の免許返納遅延につながっていると思う。ただ走行させるだけではなく、公道というパブリックエリアを走行させる上でのルールがあり、そのルールを理解、そして遵守できる技術があって初めて公道走行が可能となることが高齢者は忘れているのかもしれない。左足ブレーキの話もよく耳にします。が、今まで何十年も右足一本で操作していた、更に老人に操作方法を変えろといっても無理でしょう。まだMTに乗れって方が現実味があります。プリウスのシフトの問題に関しては、トヨタもいい加減手を打つべきではないかと個人的には思います。今までどおりのわかりやすいIパターンじゃダメなの?シニアカーだったら尚更操作系は直感的にわかりやすく、昔ながらの操作性に準ずるべきだと思うのですが。
名無しさん
高齢者の場合、運転者のミスがほとんどだとは思いますが。
ただ、記事にも少し触れられているように、居住性重視のせいでペダル位置が適正ではない車が多いのも事実。
アクセルとブレーキが非常に近い車。
タイヤハウスとの関係でペダル類全体が左に寄っている車。
自動車雑誌の新車レビューなどで評論家が話を出したりしている機会もありますが。
人が座席に座って脱力してリラックスした状態から、その延長線上に操作する物があるかどうか。
ハンドル位置は比較的自由度があるけれども、ペダル類は居住性重視の影響で適正な位置からズレている車も多いと。
長時間運転をする場合には運転者の疲労にも関係するし、運転中の突然のアクシデントの時に『ハッ』として瞬間的に手や足を出すと、操作しやすい位置、しにくい位置の違いが確実にあるとゆう話。
名無しさん
根拠なくプリウスを叩くのはお門違いなのは事実。しかし、もし万が一プリウスに不具合が有るようなことが立証されてしまうと、トヨタのみならず日本社会に与える影響があまりにも大きいことから、所轄官庁やメディアが技術的な検証の観点から目を背けているように感じるのも確かである。
ボーイングの例に有るように技術過信は禁物である。プリウスは電気モーターだけでも走行可能な故に、それがたとえ100万回に一回のエラーであってもひとたび制御コンピューターが暴走したり外部ノイズが制御に不具合を発生させたりすれば手に負えなくなる。もしそのような不具合があるとすれば販売台数が多いだけに確率は一層高くなってしまう。
記事では早々に技術的な問題は皆無と片付けているが、その検証は本当に十分なのだろうか。プリウスの技術的無罪を裏付けるためにも第3者機関が本格的に本体の不具合や外部ノイズ要因などの技術検証を行うべきだと思う。
名無しさん
左足ブレーキは理想ですが、何十年も慣れてきた操作方法をご老人が修得するのは確かに困難かもしれません。慣れの問題なので誰でも時間をかければ修得できると思いますが、問題はどこで練習するのかですよね。教習所などがキャンペーンでもやったらいいと思うのですが。
しかしもっと早急に問題にしなければいけないのが、右足のみの場合のペダル操作方法。今時はブレーキを真っ直ぐ踏んだ位置を基本に、踵を床に着けたまま、爪先だけをアクセル側に傾ける操作が踏み間違いの少ない操作法として世界的に推奨されていますが、ペダルが重かった時代に免許を取得した人たちは、足を床から離して足ごと移動させてしっかり踏めと教わっています。
どちらも歳を取ってから修得するのは多少困難があるのかもしれませんが、悲劇を繰り返さないためにも、間違った方法から一刻も早く脱却していただきたいです。免許更新時には、こういった事も啓発して欲しいですね。
名無しさん
プリウスと言うか最近のハイブリッドのシフトレバーは元に戻るのが凄く不自然。
メーター内の文字を確認すればいいと言うが、老人に限らずこれまでMTAT共を運転してきた人達からしたら、入れた場所にレバーがあるのが当然だと思っている。それが元に戻ってしまう。
慣れればいいと言うが旧来のやり方で慣れている高齢者はそれに即対応できるかどうか。
体で覚えたものはそう簡単に切り替えれないと思う。だからコンビニ等で突っ込んだりするんじゃないのだろうか。
新しい価値観と操作性をと考えたのかも知れないがメインのターゲットがそれに対応できなかったんじゃないですかね。
しかも進行方向へ押してバック、後ろに引いて前進は頭で考えるのと逆ですよね。ATだとDまで引くからそうしたのかもですが、前か後ろの選択肢だけで考えると体感的には逆だと思います。
これはトヨタの大失敗だと思いますよ。
awesome
こういう事故が起きると常に思うのは、年齢問わず、十年に一度は厳しい審査を免許センターで受けて、それで合格した者だけが免許を再交付なりしてもらえるようにすること。
あとはマスメディアはほとんど、車の異常箇所の検証をすべきことを言わない。なぜならトヨタ等は大口スポンサーだから、マスコミやコメンテーターは見て見ぬふりをする。そこが偽善なのであり、マスメディアが信用できない理由の一部分だ。
事故にはいくつかの原因というのがあるのだから、運転者が100%悪いとか車が100%悪いとかはない。
今回の事故も、ドラレコに「アクセルが戻らない」という発言が録音されていたらしいが、そこも徹底的に検証しないといけないだろう。
米国でも日本車のアクセル戻らず事故というのがあるらしい。日本のマスコミはジャーナリズムも何でもない、利益追求組織でしかない。自分たちが有利なら、どんなに悪でも援護した報道する。
名無しさん
数年前に友人が乗っていたプリウスが暴走した。縁石にぶつかるまで、ブレーキをいくら踏んでも止まらなかった。友人は偶然にも車のエンジンの技術者であって、彼女は暴走の原因はエンジンシステムにあったと強く疑った。しかし結局、トヨタや警察、当事者で検証した結果、「問題ある」と証明するには至らなかった。彼女は納得しなかったが、巨大企業の前ではあきらめざるを得なかったと言っていた。数年前に、米国でもプリウスのエンジンシステムに原因があると疑われる暴走事故が多発していた。その為、豊田社長が米国議会に呼ばれ、喚問されたが、「クロ証明」はできませんでした。文の作者は、プリウスの暴走事故が多いのは、該当車種の絶対数が多いからと、論法としては正しいだが、ならば、暴走率はどうでしょう?車の安全が仕事の内容であるなら、利用者の安心の為に、是非、ハイブリットの車種別に、「暴走率」を統計し、公表されたらいかがでしょうか?
名無しさん
今回の事故例とは関わりないかも知れませんが、オートマ車は、ブレーキから足を離したら、アクセルを踏まなくても、ゆっくり前進するから、咄嗟の場合には、自分の足が何処にあるのか判断できず、これが錯覚の原因になる。踏み間違い事故を防ぐには、運転者の足が何処にあるかを即座に認識できるようにするべきと思う。私の提案は、軽く足がブレーキペダルに触れたら点灯するブレーキランプを車内にも設置するというものです。自分がアクセルかブレーキのどちらを踏んでいるかが即座に分かれば、仮に間違っても即座に対応可能です。この位の対応は、たいした費用なしに可能では無いでしょうか。(左足ブレーキも一考の価値がありますが、馴れるに時間がかかるかも知れません。確かにオートマ車に変えた時、なぜ左足は遊んでばかりいるのだと変に思いました。人間は左右対称になっているので、右足ばかりに負担がかかるのはおかしいかも知れません)
(´・ω・`)
並んでる列に年寄りだから譲るのは当然とばかりに割り込みする。自分が進む速度は遅いのに後ろを見ずにトロトロ動いて渋滞を作る…。
これって車だけでなく、駅なんかで歩いてる年寄りの動作。つまり、高齢者がプリウスに乗ってる確率が高いけど、高齢者は普段通りの動作して車に乗ってるだけ。
動作に関しては高齢者以下の世代が遅いのを理解して巻き込まれないように気をつけなければならないけど、今の高齢者の親の世代は「自分は遅いから元気な若い人は先に行って」みたいな謙虚さがあったと思う。今の高齢者はそれがほとんどないよね。そうは言っても自分もいつかは高齢者になるんだけどね。
名無しさん
もしブレーキの不具合のケースもあったとしたらどうなるのだろう。マスコミの報道によってほとんどの人が高齢者が事故を起こすと踏み間違いというふうに思うようになっているが、もし、今後ブレーキの不具合が発見されたら大変なことになるかも、でも、そんなことがあってもこっそり処理して公にはしないだろうけど。
ブレーキの線があり得ないのであれば、現在のブレーキシステムの解説なども番組でして、このような構造、制御になっているので、あり得ないということを示して欲しい。
実は高齢者だけでなく若い人にもブレーキの不具合は起こっているが、ドライバーが若い場合、サイドブレーキを引く、壁にぶつけるなど、とっさの判断にて大きな事故になっていないから話題になっていないだけのことかもしれないし、今後のあることだからしっかり調べて原因を見つけて欲しい。
名無しさん
プリウスは一度だけ運転したが、他車と操作性に大きな差は無かった。
ただ、プリウスに限らずだが、ペダルの大きさ・配置は修正した方が良いのでは?
自車で、時々、アクセルペダルを外しブレーキペダルを踏もうとする際に靴の右端がアクセルペダルに引っ掛かり、減速が遅れることがある。
記事写真の如くアクセルペダルとブレーキペダルの大きさに差があり、二つのペダルに空間が開けてあるにも拘らずだ。
構造上アクセルペダルを右に寄せるにも限度があろうが、アクセルペダルを脚線の少し右側に配列し、大人の靴一足分の幅を空けた左側にブレーキペダルを置く、更には、ブレーキペダルを大きくし、二ペダルに若干(1~2cm)の高低差を設ければ、踏み間違いは可成り防げそうに思う。
筆者主張の如く左足ブレーキは事故対策の一案かも知れないが、左足・膝に不具合ある者には操作が難しいという問題も起こり得、必ずしも万能ではないように思える。
名無しさん
私は普段、運転音のしっかりある軽自動車に乗っている。遠出する時にレンタカーでプリウスを借りる時があるが、シフトレバーはコンパクトだし、どこにギアが入っているのか、フロントパネルで確かめる。音の静かさやハンドル、アクセルの軽さに運転している意識が現実味を帯びていないので、忘れまい!と、いつもより緊張感を持って運転する。快適だが、簡単すぎるのだ。バーチャル感もある。フィットを借りての遠出もしたが、運転の勝手が違い、緊張するのは断然プリウスだ。アクセル位置も関係するのか。プリウスの運転に慣れてしまうのは、自分は怖いと思う。もう少し、運転をしている感覚を持たせてほしい。
名無しさん
年配者の方が免許を取得した時代の車とプリウスを2台並べてアクセル踏み間違いテストを行ったら5秒後に2台の車の進んだ距離はどのくらい違うとおもう?
プリウスはアクセル床まで踏んだら猛烈な加速をする高性能車です。
しかも音が静か。
以前はアクセル踏む→エンジン唸る→トルコンが動力を伝達し車が動き出す、といったプロセスにおいてハイブリッドはフィードバックが希薄です。音もなく猛烈な加速をするからそこそこの運転技術が無いと事故につながる車種だというのは認めます。
電気自動車になればこの減少はますます増え事故も多くなるでしょう。
これからの時代は自動ブレーキも義務化になります。プリウスの出力を切り替えて年配者向けに出力を制限する機能も付けて欲しいです。
自動ブレーキ義務化がなんとか間に合ってよかったとホッとしています。普及に努力をされた方々に感謝!
名無しさん
ラクで便利になり過ぎたからだよ。本来クルマの運転は色々な事を同時に行い、刻一刻と変わる状況に対し的確に物事を判断することで成立する。
それが運転操作だけは簡単になることで人間の判断の部分は残されていく。だからヒューマンエラーで大事故となるんだよ
もしこれがマニュアルシフトでパワステ無しになったとしたら老人運転者は皆無になる。
もう一つ。安全運転をゆっくり走ることと思っている世間にも問題があるんだよ。ある程度の高速運転で的確な運転ができ少なくとも高速道路を運転できる技能は必要だ
ゆっくりモソモソ運転しないとダメっていうのは運転できるとは言えない。バックが出来ないとか、縦列が出来ないというのも同じだ。免許所持の資格が本来ないんだ。医師免とかと同じで頑張っても取れない人がいるのが本来の運転免許の姿だろう。金出せば取れるのはおかしな話なんだ。
その辺も加味して免許更新条件にしないとダメなんだよな。
みそかつ
高齢者の免許更新時には実技講習を行うべきだと思う。講習費用は自己負担、講習は予約制にすれば免許の自主返納も増えるだろうし、運転不適合者は更新を行わないこととすれば良いと思う。
高齢でなくとも運転能力や判断能力に大きな個人差があるのだから高齢者の運転適性は当然見直しすべきだと思う。
<スポンサーリンク>
名無しさん
「右足だけでアクセルとブレーキを同じように踏むから認知機能に問題…大暴走。右足をアクセル、左足をブレーキと決めれば…人を跳ね飛ばすなんて事態は防げる」
机上の空論もいいトコですね。ATがMTより多い現実を見ようとしない意見は見落としがあります。スポーツと同じでアクセルやブレーキの操作は考えるより先に脳の運動野が行っています。MTの様にクラッチ&シフト操作を絡める動作がブレーキの後に必ずある。という連動する異なる操作性の動作が大きい。ただ踏むだけの操作を右にあったものを左に移しただけで改善するとは思えません。
283
表題を更に助長する全く根拠のない短絡的な記事と思う。
現状、殆どは乗りなれた自家用車を操作する側の問ではないか。
突発的なクルマの症状にいかに対応するかだろうが、大方の
ドライバーはその症状に対応できないだろう。私も自信はない。
左足ブレーキ、ごく普通の年配者がこれから操作できますか?
単に混乱を招くだけで事故は増えるだけでしょうね。
昨今は機械に使われる時代に突入しつつあります。結果、クルマに
おいてはドライビングの楽しみはどんどん削がれていくでしょう。
異常な動力を検知した場合には緊急停止する機能、ボタンなど
制動面以外の機能カットが瞬時にヒトが行える装備を開発すべきだ。
メーカーは自動運転などより早急に打つべき対策と思う。
名無しさん
プリウスがというよりも、全体的に車の性能が昔に比べて相当に上がったのも原因の一環なんじゃないかと。
今の車って軽クラスであってもけっこう出力があり、アクセル踏んだらなかなかいい加速します。
しかし人間の反射神経や反応速度は昔から変わらないし、また昨今では寿命が延びて反射神経が大きく鈍る老齢になっても車を乗る人が増えている。
全体的に反応速度鈍い人の割合が高くなっているのに車の性能は上がっているんだから、そりゃアクセルワークをミスする人が増えるのは当然ではないかと。
それとマニュアルではなく簡単に加速できるオートマが当たり前になったという背景もあるでしょうね。
マニュアル車なら踏み間違えたらエンストするだけですし。
名無しさん
他のHVは知らんけどプリウスの操作が通常のMT車やAT車と違うところが事故の原因になってないだろうか。
たとえばギアを「ニュートラル」に戻す操作。
MT車でもAT車でもギアを「ニュートラル」にするにはシフトレバーを「ニュートラル」に戻すだけでよい。
しかしプリウスの場合、シフトレバーは選択したギアの位置で止まった状態ではなく、常に「中央」に戻ってしまう構造になっている。
ギアを「ニュートラル」にするにはシフトレバーを「ニュートラル」に「移動」したうえで一定時間保持しないといけない。
またブレーキの操作感も通常のMT車やAT車よりも悪いように感じる。
これは制動伝達経路上に発電機制御を挟んでいるためと思うが、ここの制御が飛んだら全く効かなくなるのではないだろうかと心配する。
まあAT車の「踏み間違い」事故はプリウス以前からあったし、MTの方が安全かも。
名無しさん
最初から右足アクセル、左足ブレーキで免許を取っていたら問題無いと思いますが、今迄、特にマニュアル車に乗っていた人が歳をとって右足アクセル左足ブレーキに変えると逆に踏み間違えの事故が起きると思う。私も以前、マニュアル車に乗っていたが、借り物のオートマ車で右足アクセル左足ブレーキを試した時、予期せぬところで少しぶつかったら焦って踏み間違えた。また、それに限らず事故に慣れていない人が最初にトラブルがあった時は焦って踏み間違える可能性が高いと思う。なので高齢者社会の日本では安全装置の進化と充実がもっと、もっと必要だと思う。それが追いつかないのであれば、法律を変えて調査や規制を厳しくすべきと思いますが、地方を考えると難しいですね。
土風鈍介
高齢者運転の話題はかなりヒートアップしているが、政府も本腰を入れて考えるきっかけにはなると思うので、これはこれで良いことかも知れない。
しかし私が残念に思うのは、殆どの投稿者がドライビング技術と安全運転技術を混同していること。
車や自転車、人の急な飛び出しなどに対応するのは危機回避ドライビング技術。
一方、急な飛び出し等を予測して、予め対応しておくことが安全運転技術なのです。
もちろん安全運転技術を支えるのもドライビング技術であるが、それほどには高度なものが必要とされるわけではない。
その最低限のドライブ技すら満足できなくなれば、当然免許を返納しなければならないが。
名無しさん
文中にもありますが、歳をとったことを認めない、傲慢で根拠のない自身をもった年寄りが問題。
左足ブレーキもひとつの解決策とは思うが、これから導入しても
対応できるのはこれから免許をとる若い世代で今問題の年代は右足でしかブレーキを踏まないだろう。
免許返納を促し、危険性を訴えてもその意見をしっかり聞いて行動する人はそんなことしなくてもいい人たちが大多数で、
逆に危険な運転をする人ほど自分は大丈夫とか思ってしないだろう。
挙句の果てに事故を起こしたらメーカーや車のせいにする。
名無しさん
また左足ブレーキですか・・・。
アクセルとブレーキを右足で同じようにって、そもそもアクセルとブレーキは同じ右足でも踏み方や踏力が違うのですが・・・。
シートポジションの重要性すら知らないドライバー達が、訓練もせずに今まで使っていない左足でいきなりブレーキング操作はできません。
高齢者はMT限定に・・・等の意見も散見されますが、若い頃からATしか乗ってこなかったドライバーがいきなりMT乗るのも無理でしょう。
何故こんなにAT車が普及したのか、その経緯や背景も考える必要があると思いますし。
踏み間違えの問題は根深くて簡単に解決策は見つからないと思います。国と運転免許を所持する国民全体で取り組むべき問題ではないかと思いますね。
ねこ時動車
急な判断の時操作ミスを起こすのは、誰でもあり得る事です。左足ブレーキにしたところで、変わりません。実際ゴーカートなど乗れば分かると思いますが、ブレーキ操作がぎこちないのが分かると思います両方の足を自在に操作出来るには、かなりの時間が掛かると思います。それより、急なアクセル操作が起きた時、車のコンピュータで加速を数秒遅らせる制御をした方が良さそうですが。ベタ踏みで急加速する場面ってそんなにないですよね。急加速したい時は、アクセルを踏み込み、更にボタン操作で急加速を遅らせる制御の解除ボタンスイッチをステアリング辺りにあればいいかなと思います。公道でレースするんじゃないから、面倒な操作がワンクッションあってもいいかなと思います。
名無しさん
右足一本での操作は問題ではない。逆にブレーキを左足にしたら、自分の下半身をどうやって支えるのか?
それに、試しに左足でブレーキ操作をしてみればわかるが微妙な減速をするには、かなりの慣れを要する。
それよりも、アクセルから足を完全に離してブレーキを踏む操作をしてるのではないか?だから、パニック時に一旦アクセルから離した足をブレーキに置いたつもりでアクセルに置いてるのではないだろうか。
アクセルから足を離さず、ブレーキを踏む時は踵をアクセルに残したままつま先でブレーキ操作をするようにすれば、踏み間違いは無いと思う。
ロートル
皆さんの意見を聞いていると老人問題もさる事ながら、ひょっとしてプリウスは環境には優しいがアナログ人間には優しくないのかも?!
今後EV時代に突入するが、従来型と新EV型とでは操作・感覚面で大きな差が有ると思われる。よく聞くのは加速が売り見たいな!?
同じ自動車とは言うが、エンジンとモーターの違いは想像以上に大きいのかも知れない。
今までとは違う事故形態への対応が必要ではないだろうか。
名無しさん
右足の役割と左足の役割?
決めたって無理でしょ。緊張したら筋肉が硬直するんだから両方踏み込む。電車で揺れたときに片方の足の力を抜いた方がバランスとりやすいのに、それができないのと同じ事。
そもそも車が静かになりすぎて、エンジン音などが聞こえづらくなっているのも要因の一つ。
フィールなんちゃらとかいいながら快適さだけ求めているから、エンジンの音や路面の音を感じることから遠ざかって、五感で運転しない車を作り続けているのが問題。
古い車でスピードを出すと「壊れるんじゃないか?」と思うぐらい音がする。これが大切。
アクセルやブレーキなどの部分的な問題だけピックアップせずに、もっと根本的なところの見直しが必要だと思う。
名無しさん
プリウスはランニングコストが比較的安いと聞いている。イニシャルコストが払える高齢者向きの車だ。僕は貧しいので中古の軽自動車を使っていますけど。しかし事の本質は車種や運転者年齢に関係なくひどい運転をする人が多いからだと思う。特に、交差点で黄や赤で加速して通過する、右折待ちの際交差点中心直近内側まで車を進めておかない、車線の真ん中で左折や右折待ちをする、更にはあえて目線を合わせずに無理矢理割り込んでくるドライバー(女性が多い)等です。事故や接触が発生してもおかしくない。その中に高齢者の唯我独尊鈍感運転は目立ちます。話は変わって、左足ブレーキ操作ですがマニュアルとATを頻繁に乗り替える人やマニュアルが当たり前だった人には相当厳しい要求だと思う。まずはペダルの間隔と踏み面のサイズを規制していくことをやって下さい。ただし左足ブレーキ操作はすぐに慣熟するのは確かです。
名無しさん
50代になるのを境に視野が狭くなった事と
動体視力が落ちたとクルマを運転すると実感する
もらい事故ではあったが年に2回も続いたので
自動ブレーキや後方のセンサーのが付いたクルマへ買い替えした
それまで必要だとは思わなかったが車線変更など
死角の場所をクルマがカバーしてくれるので非常に助かる
これから発売される全てのクルマに支援機能は標準装備して欲しい
名無しさん
自動車メーカーは過去の事故から学んだ安全策を車に施してきましたよね。
ウィンドウはワンプッシュで全開するが閉めるときはワンプッシュで閉まらない。それは子供が窓の外に顔を出している時にウィンドウの自動閉ボタンが押されて首が挟まれる事故があったから。
運転席側でリアドアをロック出来る。これは走行中子供が誤って車外に落ちる事故があったから。
最近の車にあるトランクの中からトランクを開けられるセーフティバー。これはトランク内に誤って閉じこめられる事故があったから。
助手席側のサンバイザーをめくった所にある警告。あそこに書いてあることは過去の事故から学んだ教訓です。
自動車メーカーが、AT車のアクセルとブレーキの踏み間違いにも早急に対策してくれることを望みます。悲しいかな、年寄りは免許返納など馬耳東風、性懲りも無く運転し続けるでしょうから。
名無しさん
そもそも、自動車側に問題ないとする根拠がEDRの解析結果な訳だが、ブレーキを踏んでも電気系統の不具合で信号として感知されない→EDRにブレーキが記録されない、という可能性だってゼロではないのでは?
これからは足元のペダル操作もドラレコで映像を記録するべきかもしれない。
それに加えてEDRも改ざんの可能性を考えたら事故車のメーカーに丸投げではなく、複数の第三者機関で解析させるべき。
高齢者の運転に問題があるのも確かだが、現状では一概に全てヒューマンエラーとは言いきれないと思う。
名無しさん
全て人、自分に問題があるに決まっている。勿論、車にも改造の余地はいくらでもあるだろう。
しかし、免許を返納するのも決めるのは自分。この車のパネルは間違えやすい・分かりにくい、アクセル、ブレーキの位置に問題ありと判断し、別の車種にするのも決めるのは自分。全て、自分に問題がある。
あと、左足ブレーキ等、論外。初めから両足で操作する人は良いが、運転教習所でも片足(通常、右足)で運転するように習った。そんな人が多いと思う。左足ブレーキにしたら、事故激増間違いなし。
名無しさん
プリウスに限らず、高齢者の運転もだが運転自体が危ないことだと認識してる人が少ないと思う。
タクシーやトラックが目立つが、歩行者がいるのに全く止まらず、むしろ速度をあげて無理やり来る運転の人もいたり、歩行者が歩道を歩いてるのにやたらと歩道に近い車道を走る人もいる。
運転をすることに対して便利だとしか感じておらず、人の命を奪う乗り物だと思っていない人が多いせいで、そのようになるのではないかと思う。
免許更新の講習会も、ビデオを見ろと言われても他人事のようにすぐに寝ている人や、携帯片手に全く話を聞いていない人もいる。
免許の更新の際に、心理テストのような物で行っている本人には結果が解らないようにし、その人の運転の時の動向をチェックする方法が今後必要なのではないかと感じる。
名無しさん
最近まで社用車のプリウス(2代目モデルと3代目モデル)に乗っていましたが、ペダルレイアウトに違和感はありませんでした。ペダルが中央寄りに配置されていると書かれている方も見えますが、極端な配置ではなかったので初めて乗った時にも違和感はなかったです。シフトレバーの操作は確かに戸惑いましたしパーキングポジションがボタン操作になる点は違和感ありでした。今回は車の問題より運転者の身体機能が完全ではないのに運転した事が重大な問題だと思います。これは人的ミス以外の何物でもありません。飲酒の次に悪質だと思います。
特にアクセルやブレーキ操作する脚に不具合があるのに運転して起こした事故ですから!
恐らく運転出来ると思ったと言い訳すると思いますが、事故起こす時は必ずこれが原因になりますよね?かもしれない運転を心掛けていれば防げたかもしれないです。
名無しさん
ハイブリッド特有の操作、プリウスだからトヨタだからは論外。
モノのせいにしてはいけない。
87歳の高齢者がこれからの若い家族を破壊した事実のみ。
運転されてる方なら一度は「高齢者運転だからこその理解不能な動き」に遭遇した事があるでしょう。
免許があるから大事故を起こすまで運転を続ける高齢者。免許がなければ移動の選択肢に入らないし車自体買わない。
原因は、日本の高齢化に、運転免許制度や法が全く対応できてない事。
今回の事で自己返納ではなく、年齢で失効にする時期がきたと思う。
そうしてもおかしくない程の被害者がおられます。
僻地や健常等関係なく強制的に。
そこに譲歩や甘えがあれば絶対になくなりません。
加害者が正当に裁かれ、少しでも残された被害者家族が報われる事を願うばかりです。
TEXMEX
全国で起きた踏み間違い事故を車種別にカウントした統計ってないのだろうか?
上位の車は、台数が多いから当たり前ではなく、客観的な検証も必要だと思う。
踏み間違いとシフトノブの構成は関係ないだろうが、乗車姿勢に対してのペダル位置や、ペダル同士の位置関係は車種によって違う。
免許システムを変更したところで減らないと思う、経験上は。
というのは、私も20代初期に暴走を経験しているから。
判断・反応速度は、自分がそれに対応できる状況の中で測るものである。
しかしながら、ペダルの踏み間違いは自分ではそうしていない筈なのに起こってしまい、ほんの一瞬頭は自分の誤りよりも車の不具合を疑い、更にブレーキを踏もうとして今間違えて踏んでいるアクセルを更に踏み込む結果を招く。
名無しさん
福岡のタクシーの暴走の時は、福岡県警に類似事故を経験したことを電話しました。購入後半年の時、下り坂をブレーキペダルに足をかけながら、時速25キロ位で降坂中、突然エンジンが唸りロケット発射しました。ブレーキを踏みましたが、ペダルはロック状態でどうすることもできませんでした。自動車整備士として経験したことのない症状に、トヨタデーラーに事情を話しましたが、異常は無かったで終わりでした。友達も同様な事故に合っていましたので、何らかの車両側不良があるものと考えます。怖くて再発を恐れ、ハイブリッド車はあきらめ、他車に買い換えました。
名無しさん
これだけ同じ事故が起きている以上、認知機能と判断力の低下を免許更新に当たり、徹底的に検査して、本当に問題ない人にだけ与えるように変えるしかない。これだけITが進んだ時代だからこそ、バーチャルでもリアルでもいいと思う。また、自腹で費用を掛けても運転したいという人にだけに、限定して免許を与えることでももいいと思う。今回の件で「どうしちゃったんだろう」と車内で言っている時点で、間違いなく認知症だと確信した。その後、「アクセルが戻らなくなった」と言っている割に、ニュートラルにするとかサイドを引く行為は行っていない。つまり、考える事が出来ない、これこそまさに認知症だ。こういう人達が車を運転しているなんて、考えられない。いちばん大切な事故防止にどう取り組むのか、喫緊の課題だ。
<スポンサーリンク>
baab
池袋の暴走老人は自分の過去の栄光が偏った自信となり、高齢化と共に意固地になり、奥さんが制止できない状況下にあったと推定できます。
やはり、高齢運転を止めきれなかった息子さんに責任の一端はあると思います。解説の中で出てきた左足ブレーキについて異論があります。TM車を若い時運転していた人は左足ブレーキに違和感を感じます。逆に反応が遅れ大事故の可能性が有ります。それよりも車載カメラによる強制停止、センサー等で制限速度を守る自動制御、等の安全装置を持った車を高齢者は運転条件にすべきと思います。車は高額になりますが、人の命には代えられません。お金が無ければ公共交通機関を使えば良いのです。田舎に人には反感を買うかも知れませんが。?
真理之介
アクセルとブレーキの踏み間違え問題が何故発生するのか全く分からなくて随分と色々情報を集めて少しだけ見えて来たのが、「ブレーキとアクセルから足を離してしまう」からではないかという事。
駐車場などで踏み間違えが多いのはクリープ現象を利用してアクセルとブレーキから足を離してしまう人が多いらしい。
自分は絶対にそんな事しないのでなんでだろうと思っていたが、もしもそんな風に足を離したら踏み間違えも発生するだろうと思う。
運転中は前を見る訳で、足元は見ない。見ない中で手探りでブレーキだと思って踏んだ場所が全然違うアクセルだったという事は十分あり得るはずだ。
そこで対策として、Dレンジの状態でブレーキとアクセル両方から足を離したら1秒2秒で警告音が鳴るとか、ブレーキに凸凹や突起をつけて踏み心地がアクセルと違うようにするとか、そういう対策も有りなんじゃないかと思う。
名無しさん
自分も過去に数回今踏んでるのはアクセルだよねって、ちょっと不安になった事がある。大体は感覚が身に付いているから今は問題ないけどこの先年を重ね感覚が衰えて来た時、絶対間違えないという自信はない。実際駅の階段を降りるとき、もう駆け足は怖くて出来ない。衰えは確実に迫って来てます。この記事にあるように、片足でエンジンとブレーキを踏み分けるシステムが事故の多発に影響しているのは事実でしょう。ならば、アクセルを踏む足とブレーキを踏む足が別々で決まっていれば、少なくともこういう踏み間違えの事故は減るんじゃないかな。一刻も早く実現してほしいし、メーカーも取り組むべきだと思う。
名無しさん
アクセルを踏み間違えた可能性があるのは解る。
でも可能性の話をするのなら逃げようとした可能性もあるのでは?
高齢者だし逃げるなんて考えないだろう…というのは思い込みで、この記事にあるように自分に自信を持っていて、しかもキャリアを積んである程度の地位もある。となれば事故を起こしたなんて自分自身が認めたくはないだろう。
そんなとき、こういう人なら無かったことにしたくなるんじゃないかなぁ。
もちろん逃げられるわけないんだけど、自信家なだけになんとかできるという思考に向いてしまうのではなかろうか。
なんて、この記事を読んでそう思った。
名無しさん
アクセルとブレーキの踏み間違えが原因と思われる事故が起きた場合、
「MT車なら起こらなかったのでは?」と言う話が出てきますが…
今回の池袋でのケースのように、
クラッチ操作をしていない状況(速度)での踏み間違え(現状では推測ですが…)には、あまり関係ないのかもしれません。
駐車場での踏み間違えのような、ゼロ発進に近い場面では、クラッチ操作が加わる分だけMT車の方が暴走しにくいのはほぼ確実ですが。
ただ、今回の池袋では80〜100km/h程度にまで加速していたとの報道もありますので、もしMT車であればその時のギア次第では40〜50km/hぐらいまでで加速が頭打ちになった(被害が縮小した)可能性もありますね。
逆にAT車の場合(ブレーキだと勘違いしたまま)アクセルを強く踏むと、キックダウンが起こってより鋭く加速してしまうのが被害を拡大する一因になってしまいます。
名無しさん
プリウス高齢者に傲慢が多いか・・・・なるほど。
事故を起こした方はかなりの高齢で車庫入れを見てる人が不安に思う位なのに、なぜ運転を続けているのか疑問だった。
自分が住んでいる田舎ではよく高齢者ドライバーを見かけて怖い思いをるが、その方々が運転を続けるにはそれなりに理由はある。
田舎だから公共交通機関が無いとか、年金が少なくて頻繁にタクシーを利用出来ないとか、農作業をする為とか(これも年金が少ないから働かざるを得ないから?)。
でも、今回の事故を起こした方は、公共交通機関が沢山ある都会に住み、元高級官僚だからお金は持っているはず。
足が悪くなってたとしても、タクシー等を利用出来たはず。
自分はまだ運転出来るという傲慢が事故を引き起こしたんだね。

高齢者に限らず、プリウスオーナーには傲慢な方が多い感じがします。

one
プリウスが悪い・・・と言う気はないが、現状で街中走っててマナーの悪さはピカイチなんだよね。
挙げるなら「プリウス・アクア・アルファード・ヴェルファイア」はいずれも見ればかなりの確率でマナーの悪さが目立つ。
ハイブリッドではないが次世代型のシステム採用車としてノートe-powerは売れてるようだけどそういう気配がほぼない。
たぶんなかにはプリウスみたいな「横着者」がいると思うのだが、街中走っててもそういうバカには遭遇しない。
理屈からして大の広告主である企業の商品に悪評がつきかねない「特攻プリウス」の報道はしたくないのが各局のホンネと思うが、それでもプリウスが中心になるのは・・現状での事故が多いんだろうね。
名無しさん
左足ブレーキは不要。
右足一本を操作するより、左右の足を切り替えながら操作するのは難易度が上がる。初心者が上手くドラムを叩けないように。
今回の事例だって、踏もうと思えば左足でブレーキを踏めたはずだ。俺ならアクセルが戻らないと思って、同時に右足が動かなくても、左足でブレーキを踏むだろう。
しかし、今回は高齢で、認知に問題がある可能性があり、少なくとも足には問題があった。判断能力・身体機能が低下している以上左足ブレーキは解決策にならない。
名無しさん
左足ブレーキの有効性を理解し、実践している者ですが…。
左足ブレーキは有効ではあるのだが、現在の右足ブレーキが当たり前の人が途中から変えろと言われて適応出来るかというと、出来る人はごく少数と思われ現実的ではない。身体能力よりも、心理的な拒否反応が邪魔をするでしょう。実際、左足ブレーキ案が出る度に、強い反対コメントはたくさん出るけど賛同者はまずいない。
途中からの運転スタイル変更は、慣れないことをすることで、かえって踏み間違えが増えるという本末転倒にもなりかねない。
意味を理解し、適応出来る自信のある人だけ実践すればよい。
もし全体的に左足ブレーキ化をするなら、運転免許の指導要領を改定し、新規に運転免許を取得する人から導入するのが現実的でしょう。ただし、高齢者に限れば、その効果が出るのは50年後になってしまうけどね。
名無しさん
今回の事故は、結論は出ていませんが、ほぼ間違いなくブレーキとアクセルの踏み間違えでしょうね。
もちろん第一の原因は運転者本人にあるわけでですが、プリウスに限らず、各メーカーとも研究はしているのでしょうけど、ブレーキとアクセルの位置関係、構造的な問題も一因としてあるのではないかな?
自分、仕事柄1日に2〜300km走りますが、乗り換えた車によってはブレーキとアクセルの位置が近すぎる車もあります。踏み間違えたことはありませんが。
それから左足ブレーキは、意図はわかりますが現実的ではないですね。相当の訓練を要しますし、今のブレーキとアクセルの位置構造を全く変えないとダメです。
名無しさん
私は専門家ではないので、詳しくは解らないが、これだけ電気制御されている車に、電気的なエラーがあってもおかしくはないのではないだろうか?
必ずと言っていいほど、「車に問題はない。そのような記録はなかった」という答えが返っているが、電気物である以上「記録されない」というエラーだって存在するはず。
パソコンで保存したはずのファイルが無くなっていたり、開けなくなったりなんて言うことは、どんなに高性能なパソコンでも生じている。
物理的な構造から、電気的な構造になればなるほど、ブラックボックスが増え、判りにくく、理屈や理論だけでは解明できない不可解なことが起こるということを忘れてはいないだろうか。
高齢者対策へのルール作りは絶対に必要だと思うが、それとは別に、車の構造を過信してはならないと思う。
名無しさん
家族は免許を取り上げるべき。
何の罪もないこれからの若い命を奪い、被害者のご主人で父親の彼の気持ちを考えるとたまらなくなる。
事故を起こした高齢者は以前から運転に不安なところがあったとのこと。家族にも責任はある。
私の親がそんな状態なら、どんなことをしても免許を取り上げます。
日常の不便より命が大切なはず。
高齢者は車がないと不便なら国や行政ももっと真剣に考えないと、只でさえ高齢化社会で若い人が少ないのに、ますます若い人が減っていきますよ!
名無しさん
暴走のイメージじゃなくて、ただ単に売れて乗ってる人が多いからそうなるのでは?それに認知機能に問題があるとか言ってるけど、認知機能じたいを信頼してしまうのもだめでしょ、あくまでおまけみたいなもので考えないと、それとおもうのだが、自動ブレーキというよりはアクセルの方をどうにかした方がよいのでは?オートマなら一定の踏み込みをしたらギアーがニュートラルになり踏み込んでも加速しないとか、アクセルにロックがかかるとか、アクセルを思いっきり踏まないといけない時ってないでしょ、ブレーキと踏み間違えてアクセルを全開に踏むなら踏めないようにするか、踏んでもすすまないようにしたほうがよいのでは?ブレーキを踏み間違えてアクセル全開で踏んでしまった時に自動でニュートラルになればエンジン音が異常に高くなるから間違って踏んでるのにも気づくだろうし、加速する事もないとおもうのだが。
名無しさん
他の方も仰っています様に 最近の車は室内を広く取り、タイヤも
見栄えで増々太く為り 足元のアクセルペタルが中央に寄り過ぎる。
マツダ車は其の点では、真面目にレイアウトしている。
ホンダ車も所有しているが バックで車庫入れ時、後ろ向きに体を
ひねりながら ブレーキを踏んだ心算が、アクセルを踏んでいた。
慌てて ニュートラルにしたが、咄嗟の場合で焦った。
レイアウト上の原因で、同じ事が他の車でも起こり得るのでは。
昔 左ハンドル仕様の外車を所有していたが、足元のレイアウトは
理想的で 左タイヤハウスがフットレストに為り、広々していた。
日本の道路が右側通行には ならないと思うが、足元のレイアウト
はマツダ車の様に 真摯に考慮した設計とすべきと思う。
又、私を含め高齢者の方には 自動ブレーキ付きのマニュアル車も
有りと思う。
名無しさん
この記事の筆者と同じく僕もこの事故の話を聞いて福岡のタクシーの話を思い出しました
しかも同じプリウスだったし何か類似点も多い気が…
車に不具合はなかったって話もまた類似してる
ひとつ間違いなく言えるのはその事故のせいで人が亡くなっている事
福岡の事故に至っては病院に入院中の人がいるロビーに突っ込んで患者さんを巻き込んでる
今回は交通ルールを守ってた親子を…
この亡くなった人達その人達のご家族があまりにも不条理な事過ぎる事故に巻き込まれてかわいそうで仕方ありません
僕も数年前に青信号で横断歩道を渡ってる時に車にはねられてその運転手は救護活動をしてくれたし発進直後で大した速度じゃなかったそれでもその事故以来身体が言う事を聞きづらい状態です
すでに交通ルールを守ってるだけでは自分の身の安全は守れない時代だろうか…そんな気もします
名無しさん
ハッキリとは知りませんが、ほとんどがAT車となり教習所での右足ブレーキという大原則から左足ブレーキ併用あるいは常用になる人が増えてきているのではないかと思います。
知恵袋などで左足ブレーキで何が悪いと豪語する方もいらっしゃいます。
咄嗟の時、疲れている時、判断能力が鈍っている時に、体がどのように反応するかは個人個人違うでしょうが、右足ブレーキをベースに教わって運転の初期には右足ベースだった人が踏み間違う確率を考えた時、左足ブレーキは危険だと思いますし、
実際の踏み間違い事故の運転手たちがどちらの足でブレーキを踏んでいて、アクセルと踏み間違ったのかが気になります。
名無しさん
プリウスは、中央にアクセルペダルがあり、踏み間違えがあり得るし、静かな上に、ゼロ発進の加速がいいのでは。それに背が低いので歩行者が認識するのが遅れる。ベンツなどは急加速を制御する設計だ。すべての車種に自動ストップ機能を法律で義務付けるべき。お年寄り全員に免許取り上げることは出来ない以上。それと軽を含めて最近の車は加速が良すぎる。お年寄りが青春時代、車の多くは長い坂などのろのろ上っていた時代だった。それでいて車重が軽かったので、慣性の法則で破壊力が弱かった。同じ速度では、重い車がぶつかった時の力が決定的に強い。なぜプリウスなのか、走っているのはカローラやNボックスだって多い。たまたま目立つにしろトヨタは設計の見直しが必要だろう。また、勝手な見解だが、プリウスにはホワイトカラーだったお年寄りが多いのでは。自信過剰のサンディドライバーがオールドドライバーへ移行した。
名無しさん
プリウスがどうかという見解は販売台数の要因が多々あると思う。
ただ高齢者が運転する上であのエンジン音の静けさは非常に危険で、もしかしたら発進してるかどうかの感覚が音で聞き取れてない分反応が遅くなる要因もあるのではないかな。
普通に駐車場を歩いていても後ろからのプリウスには全く気付かずスレスレを通られる怖い思いもした事がある。
プリウスに事故が多いと称するのは進化している車に高齢者が対応出来ていないという部分もあると思う。
名無しさん
左足ブレーキというが、1度やってみれば解ると思う。おそらく殆どの方がいわゆる、「カックンブレーキ」になるだろう。
それほどブレーキというのは繊細なものだ。
逆に個人的には一般道路上においての左足ブレーキには反対だ。
そういったクセが身に付くとアクセルを踏んだままブレーキを踏むということが考えられる。アクセルを踏んだ状態でブレーキを開放すればクルマは急加速するはず。かえって危険だと思う。
そもそも右足でブレーキをちゃんと踏めば、アクセルから足が離れているワケだし。
それが困難であれば自主的に免許を返納するしかない。
名無しさん
AT車の左足ブレーキは現実的ではない。
自分は後続トラックに接近された時に、AT車で右足でアクセルを踏みながら、後続車に警告の為に左足ブレーキをぽんぽんと踏んだ経験が2回ほどあるが、これを友人に話したら「その様な器用な操作はできない」と言われた。
両足が使えない身障者の人が身障者用免許で足を使わずに手だけで車を運転しているが、この技術を応用すれば緊急用に手で緊急ブレーキ操作をできるのではないか?
例えば、火災報知器みたいな緊急停止赤色ボタンみたいものをハンドルの近くに設定するという手段もある。但し誤って押し間違えしないように設定しなければ、高速道路などでは逆に事故リスクを増大させる危険性はある。
今後色々と議論の余地はありそうだ。
名無しさん
プリウス乗ってる年齢層が高いから事故する確率が高いだけでプリウス自体が悪いわけではないと思うのだな、要は乗り手次第。
まぁボケないようにMT車を買うのもいいかと思うが、基本的に老人は乗ってはいけないと思うね。。一部の老人がしたミスなのに叩くなよと言うかもだがいつ何が起きてもわからないほどに体が衰えているのだから。
その体の年齢的衰えを人種で例えると国が違うと考え方行動まで少し変わってくる、考え方が同じでも体がついてこない事もあるしね、言ってる事とやってる事が違うとか、そうなるともう若い頃とは別人だと思います。
sleepingmaymay
アクセルとブレーキの構造は、もう半世紀以上変わっていないのではないでしょうか。
MT車に代わって、AT車が多くなってきたように、機構の違うアクセルとブレーキの構造が出てきてもいいと思います。
既に、踏み間違いのない「ワンペダル」というものが世の中に出ています。足を右に傾けるとアクセル踏めばブレーキというものです。
自分が体験したことは無いですし、これしか選択肢がないというのもどうかというところはありますが、少なくとも踏み間違い防止の1つの解だと思います。
日産のリーフもまた自分が乗車経験はないですが、軽くブレーキを踏んで減速するところアクセルワークだけで可能なようですね。
急減速や完全停止はやはりブレーキみたいですが。
名無しさん
運転免許証を取得したとしても、この世の中に色んな種類の車があって、それぞれに様々な機能や特徴があり、また最新車種にはこれまでに無かったような新たな機能が組み込まれていたりしている訳で…世のドライバーの全員がそれらを全て理解して乗りこなしているというのはあり得ないと思っているし、特に高齢ドライバーであれば尚更のこと
販売する側も売って終わりじゃなくて、しっかりと事前に講習的なものを義務づけて各ドライバーに操作方法を習熟してもらうとか、何か施策が必要に思う
プリウスが悪者になるのはちょっと違和感があるが、メーカー側もそろそろ本気でボルボの様に事故を起こさない車を本気で考える時期なのかもしれませんね
ku
事故者の実際の運転操作を検証し発表した方が良いのでは。
運転そのものに原因が有るかもしれない。
普通は駐車でPレンジにする以外は、どちらかのペダルに足を乗せている為、踏み違いなんて普通は考えられない。
コンビニで駐車しょうとする場合、ブレーキをかける前はアクセルペダルに足がある訳だから、ブレーキをかけようとするなら左のペダルに移動させないと・・・が、何故そのままアクセルペダルを踏み込むかが理解できない。
考えられるのが、クリープ現象でゆっくり進んでいるからアクセルペダルから一旦足を床に置き、ブレーキを踏む為に再度ペダルに足をかけたらアクセルだったって事ではないでしょうか。
なら、そもそもオートマ運転の操作の仕方に問題がある。
87歳の事故も、巡航速度で床に足を置き、速度が落ちたらアクセルを・・・って、ガードレールに接触し、慌ててブレーキと間違いアクセルペダルを踏み続けパニックに。
名無しさん
少し雑かも知れませんが、高齢者の場合はMT限定免許なんてどうですかね。メーカーも安全装置の車を増やしてますが、操作ミスを防げてはいませんし、MT車なら操作をミスしたら、急発進しようにもエンストして止まるでしょう。100%事故はなくなるとは言えませんがMT車なら、操作(運転)に技術が必要ですし、これを扱えるなら高齢の方でなくとも、運転技術の有無のバロメーターにはなると思います。生活環境の事情から車を手放せない方もいますが、これなら車が「勝手に動いた」としてもクラッチを切ればクルマはそれ以上加速はできないか止まるか、ですから。
共匪鬼子
殆どの年配者はスマホが使えない。やり方が変わったらわからないのだが、現役世代には年配者がわからないということがわからない。
ついでに言えば同じフィーチャーフォンでもドコモは使えるけど、auのは無理というのもある。理解できるだろうか。面倒くさいとか言っている場合ではない。
教習所もない時代に形式だけの試験で取得した運転免許保持者が高齢化している今、本当に左足ブレーキで対策ができると思うのか。
結局、年配者は必ずハネる。それを前提で設計しなければならない。
年配者の乗車理由は、買い物に行くためとか用途が限定されているはずだから、100キロの速度が出る性能はいらないし、鉄の塊である必要もない。
車両前面には20mから卵を落としても割れないような新素材で覆うとかして、万一ぶつけても人が最悪なケースにならないよう工夫が必要だろう。
名無しさん
他にも仰っている方もいますが、高齢者はMT限定にすれば良いと思います。
MT車ならペダルを踏み間違えてもエンストするだけですし、アクセル踏みすぎてもエンジン音で気付きやすいですし、何より操作が多い分、漫然運転になりにくいかと思います。
MT車へ買い換えなければいけないですが、人の命が関わっていることなどで国が補助しても良いと思います。
最近はAT限定で免許を取得している方が多いので、その方たちは限定解除しなくていけないですが。
名無しさん
持論ですが、いわゆる暴走老人は現役の時点から運転が下手であったと考えます。
運転が下手な人の特徴は、車に愛着がなく、他者や交通の円滑化にも無関心で、自分の事だけを考えて生きています。これはサンデードライバーとの特徴とも一致します。
車に愛着はないので、他人やコマーシャルに勧められるがままの車を買います。そう、それがプリウスと暴走プリウスが生まれる理由です。
車が勝手に動いたなる荒唐無稽な説明も全て、本人は運転に責任持ってないことの証左でもあります。
名無しさん
実際車自体が暴走するからではないか?
T社さんは特にそういう案件がある
こういった事故がある度に電スロの弊害じゃないかと思う
特に年輩の方は電スロによる暴走に対して
対処する反射神経やブレーキングの踏力が弱いので
大きな事故になるのかもしれない
実際T社さんの一時期の車輌はスロットルにカーボンがたまり
アクセルオフでスロットルが閉じようとした時にカーボンにあたり
アクセルを踏んでいないのにスロットルが開いて加速するという案件があり
それをリコールではなくサービスキャンペーンで対処した前歴がある
確か記憶が正しければ
スロットルのクリーニングとコンピューターの書き換えという内容だったと思う
昔の機械式(ワイヤー式)スロットルの時の暴走事故件数と電スロでの暴走事故件数を比較できれば良いなと感じる
名無しさん
アクセルとブレーキという正反対の機能を持ったペダルを、右足一本で踏み分けるのだから、当然踏み間違いも起こる。
記事にある「左足でのブレーキ操作」は慣れないと微妙な操作が難しくカックンブレーキになりがちである。
その点オートバイは、4本の手足に全て別の機能を持たせているので操作ミスが起き難いが、アクセルも前後ブレーキも右手右足での操作である(一部昔の英国車などは右足でギアチェンジ、左足でリアブレーキも存在したが今はない。)。
オートバイのようにアクセル操作を「右手」で行うのが一番違和感がないと思う。
名無しさん
初めて乗る車がプリウスなんじゃないし。
納車された日に事故であれば、操作性や構造に対し異を唱えるのも納得できるんだけど。
普段乗りで慣れた上での事故である訳だから、車に非があるという説は違う気がする。
それよりも根本的に、教習所で運転や知識を習い免許をとったように。
ある一定の年齢で免許を失効させて、運転したい場合は再度免許試験を設け、免許期間は1年とか2年にすればいいのに。
be
あの「シフトレバー」。全く動作の節度感がない。
それまで以前の縦への動きから、
ゲート式になって、節度感があるものが増えたのに、
プリウス他世界的に
移動量が少ないこと。まして子供が手を伸ばしたら
平気で動いてしまうくらいの軽さ。
安全装置の装着以前の話しで改良すべきというか、
元に戻すべき、インテリア視覚的に×とされて
あの形状になったとしか言えない。
むしろ、今回の高齢者じゃないが、免許を相当前から取得していたなら
この人たちの頃を思えば、
ATでもコラムの方がわかりやすいだろう。
ハンドルに対して、上・下と相当の移動量。
それから、「音」。下手したら、エンジン音がわからない。
だから感覚がわからなくなる。
最期に、左足ブレーキはダメだと思う。はい明日からはとか急に
変えれないと思う。それと踏ん張り足がない。そんなことするなら、
操作しやすいよう緊急停止ボタン付けたらいい。
名無しさん
左足ブレーキに期待しすぎるのはどうなのかな。効果がないとは言わないが、本当にパニックになったら左と右すら間違えるのが人間だと思う。皆が皆、常にベストに近い体調と集中力で運転できてるわけじゃないしね。それがたとえ一部の人間だとしても、ひとたび間違いが起きた時の被害の重大性を考えれば、人間を信用しないクルマ作りを急ぐべきだろう。
ちなみにプリウスは多く売れてるから事故が目立ちやすいのはその通りだろうが、多く売れてるからこそ社会的影響や責任も大きく、バッシングもまた多くなるのは当然だと思うよ。
名無しさん
運転に興味ない奴が選ぶのがプリウスのパターンが多い
運転にこだわりがある、上手くなろう、上手くあるべきと思ってる者はあまり選ばない車種
販売台数が多いからというのもあると思うが、プリウスドライバーとRX-7(例として。ランエボとかでもいいけど。)ドライバーの技術を平均して比較したら圧倒的に後者が上だろう
普段から何も考えずにのんべんだらりと運転するか、上手くなるにはどうしようと考えて運転するかの差は生じて当然
名無しさん
間違いは誰にでもあるは、公道を運転するドライバーには許されない。如何なる乗り物を操縦する運転者は運転している限り自己責任の元最大限の集中力で動かさなきゃならない。これは私が免許を取りすぐさま運転し始めた20才から67才の今まで変わらない持論です。車が好きで何十台か乗り継いで来ましたが現在迄自主的に任意保険に加入した事も無く、一度も事故の経験はありません。決してペーパードライバーではありませんし、若い頃は暴走行為をした事もあり、レースを経験した事もあり、二輪ではテストライダーを職業としていた時期もあります。絶対事故は起こせないとの思いだけでこの年齢迄来ましたが、昨今の報道を見ているとこりゃぁやはり80才あたりでは運転は引退しなきゃならんだろうとおもうね。それと現代のオートマは危ない年寄りだけじゃなくオートマ乗る人は楽さを誤解してる。立体駐車場から落ちる人は最近いないね。
名無しさん
ゼロ戦のアクセルレバーは左手で操作していました。AT車もアクセルを手で操作できるようにすれば足はブレーキ操作だけに専用出来ます。アクセルはハンドル部分に装着し、ブレーキを踏んだ時には必ずアイドリングまで戻るようにすれば踏み違えの事故などは大きく減ると思います。AT車の構造を今一度基本から考え直す時に来ていると思います。もしくはコラムMT車などMT車の復活でしょうね。

 

スポンサーリンク

-生活
-, ,

執筆者:

 

関連記事


  1. 昔の車が好き より:

    確かに最近の車の操作系は昔の車に比べると解りづらい。自分もプリウスは借りて乗った事はあるが、このボタンなに?って感じはした。慣れるまで時間を要する。
    その辺に関しては高齢者のドライバーは適応力が低い。ペダルの位置関係もあるだろう。プリウスに関しては見事に悪循環にハマってる感じがある。やはり購入者は高齢者が多いと聞いて納得した。要は見た目優先ではなくひと昔前のデザインにしていれば操作ミスもかなり減るのではないか?あくまで臆測だが。まあどちらにしてもあのスタイルや名前じゃ若者は買わんよね。自分はキーを差し込み回してセルを回したい。ボタンはちょっと…インテリジェントキーもいらない。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事