東西南北〜ジャパニュース〜

日本中の様々な情報をお届けいたします。芸能関連やちょっとしたネタ等々・・・

世間の目 生活 社会

勤労統計問題の原因や責任はどこ?ネット・2ちゃん反応まとめ!

投稿日:2019年2月3日 更新日:

毎日新聞は2、3両日、全国世論調査を実施した。厚生労働省が公表する「毎月勤労統計」に不正な調査方法が見つかるなどした問題をめぐり、政府の統計への信頼が「揺らいだ」と答えた人が75%に上り、「揺らいでいない」の12%を大きく上回った。また、景気拡大が「戦後最長になったとみられる」との政府の認識に関し、景気拡大を「実感していない」が74%を占め、「実感している」は17%にとどまった。

政府統計をめぐっては、毎月勤労統計の不正調査問題で2019年度一般会計予算案を修正する異例の事態となり、特別監察委員会の調査に厚労省幹部が同席していたことなどが発覚し再調査に追い込まれた。政府の56基幹統計の4割に当たる24統計に不適切な処理が確認されるなど、問題が拡大している。信頼が「揺らいだ」との回答は自民支持層でも74%、「支持政党はない」と答えた無党派層では80%に達した。

出典:Yahoo!ニュース
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190203-00000023-mai-pol

<スポンサーリンク>


名無しさん
政府の統計への信頼が「揺らいでいない」と言う人の理由が知りたい。そもそもこの支持率調査も当てにならない。

名無しさん
この不正調査問題は根本的にはコンプライアンスの問題であり、明らかに法律違反なのだから、調査に関わった東京都の職員や厚労省の職員、官僚達は厳正に処罰すべき問題だし、厳重に再発防止に努めて貰いたい。
だが民主党政権時代も同じ事が起きていたのだから、それを発見出来なかった現在の立憲民主党や国民民主党の議員達にも責任がない訳ではないし他人事の様に語るのは明らかに可笑しい。

名無しさん
民間には厳しく
官は罰せず
この国は他国がどういう目で見ているか考えるべき
ゴーンさんは何日拘留されてる?
証拠隠滅、改ざんするのは目に見えている。早く関係者一同を拘留するべきである。
日産不正とは次元が違う。
凄まじく多くの被害者がいる。
この手の事件できっちり処罰されたのを見たことがない。
いい加減にしてほしい。

okTimn
自民党の議席を半分にしたらいいと思う。
野党が
だらしないと言うより、議員より立場が上の時は、選挙の時だけ、国民が上だけど。
議員の一番怖いのは、落選してただの人に成る事です。落選が怖ければ、もう少し、良い政治をするのでは?
期待薄いかな。

名無しさん
心配は、世論調査や選挙が公正に実施されているかです。アメリカ政治学者ブリット氏によるとファシズムの初期兆候には、マスコミへの圧力とともに不正な選挙もあるそうです。開票や期日前投票時の選管の不審な動きや、用紙計数機等が公正かも一般市民が検査チェックできる公開性や法整備も大切と思います。おかみが市民国民に不利なことをしない、という性善説による公職者への信頼の危うさは、このたびの厚労省調査問題でも明らかです。参院選等の今後の選挙で、不正選挙結果に不審感を持たれないために内閣支持率等の世論調査で事前調整するのでは、は心配しすぎでしょうか。全ての統計資料や議事録はもちろんのこと、マスコミの世論調査等の源資料も長期保管するとともに、多くの市民による監視、関心の目が大切と思います。

名無しさん
長い間、不正が放置されてきた。官僚の責任はもちろんだが、政治家の責任は更に重い。上を見たデータ改ざんなら、仕組みを変える必要があります。厚労省の信用は全く無くなったので、仕事を民間企業に譲ってはどうですか?

名無しさん
政府の統計に信頼ができない、これは明らか。
政府が都合のいい数字を出せと命令したのかどうか、それを明らかにできなければ、単に役人がずるいというだけの話だ。
マスコミは官僚批判していたが、最近は変な元官僚を聖人扱いするし、そういう意味で、マスコミの信頼を調査して、どの報道機関が信頼揺らいだとなっているか、これこそ信頼してもらいたいものだ。
毎日新聞はイギリスの新聞社に、中国の広報機関とまで言われたのだから、社をあげて名誉回復をしてほしいのだが、まだ待たないといけないのだろうか。

名無しさん
政府統計が間違っていても「大きな影響はない」「それだけで景気判断はしていない」と意に介さない政府の姿勢がそれ以上に信頼できない。政策判断の根底が揺らいでいるのだから、政府・与党にこそ大慌てして対応して欲しい。たいしたことではないというなら、統計自体やめても困らないのでは、と不安になります。

名無しさん
あんな自分達に都合のいい数字ばかりを政治に利用されているにもかかわらず、まだ支持率が逆転しないとか、この支持率はよほど改ざん、隠蔽、適当検査にしてもらったほうがよい人達でしょうね、外交でもあれだけ適当なのが露呈してるのに

名無しさん
統計の方法を変更するならするで国会審議を通したうえでしなけれればならなかたことだと思う。国会で審議が通らなければ実施しなければならなかったし審議で通っていれば統計方法を変更した形での実施でよかったはず。通らないなら通らないで人員削減できるような状況ではなかったのではないか。人員削減されたパイの中で集計しなければならないならやはり審議で通すべきだったのではないかと思う。恐らく官僚は審議にかけようと試みたが議員が審議に上げること事態を否定され続けたことが予測できる。審議にあげられない、集計しきれるだけの人はいない、集計できないでは済まされない、方法を変更した形でせざるを得ない、変更したままでやり続けなければ過去と比較できない、やはり続けるしかない、ということが本質ではないかと思う。

名無しさん
今回は電話統計(調査)の結果ですが、国民の4人に1人しか信頼していないとはとても信じられない結果です。
今まで不正統計調査がいくつかある状況ををさしていると思います、間違っている統計を出した関係者は、国民が納得のいく責任を取らず平然としているこの国はどうなっているんでしょうか。
政府の統計結果はどこで利用されてどのような影響を国民に与えるか、多くの国民は知らないと思いますが、知らないまま、税金の収支、給与とか年金とかもろもろの負担で国民にマイナスなことがあれば、国民にとっては大問題だと思います。
今後は、国民が信用できる統計結果を見せてほしいし、国の取るすべての統計は国民のためになるような統計にしてほしい。
多くの無駄な税金を使うとか、特定の誰かが得をするような統計は国民(国)の為の統計ではないと思う。
もし、そのようなことは無いということであればすみませんと言いたいですが・・・。

名無しさん
アベノミクスで所得なんて上がってないし、生活は正直苦しい人が多いと思います。景気の良い話なんて悪い事してる人達だけの話だけでしょう。

名無しさん
厚生労働省は何故そうした調査方法にしたのだろうか、従事する職員数が足りないなど無理があったためごまかしをしたのでしょう。
職員数を抑えられているのであれば調査方法を良く考えなくてはならないと思う。

名無しさん
これを機に厚労省を解体すればよい。
また公務員も、どんどん免職できるようにするべきだ。
身分の保証というのは時代に合わない。
逆に言えば、公務員はよほどのことがない限り、クビにできないという風潮があるから、今回のような偽装が生じたのではないのか?
今の内閣も責任を取って退陣するべきだ。

黒豆
政府の統計への信頼が「揺らいでいない」…12%
短期記憶が破壊され、番号の押し間違いですかね。

(俳)
本当は、政府に信頼がおけない時点で
支持なんかするべきじゃないとは思いますけどね。
景気が、防衛が、外交がなんて話はあるでしょうけれど、
それについての政府の発表すら正しいかどうか判断できないのに、
何を以て政府の支持に値すると思うのかがわからない感じです。

名無しさん
政府が言う数字は(特に上向きになったと言う数字)信用ならん。

名無しさん
最近思ったんですが、ここ最近連続して数々の統計疑惑、また国民年金流用で桁違いの膨大な損害。確かに、日銀黒田総裁が紙幣を沢山擦れば、株価は一時的に上る、アベノミクス効果で金融で儲けた人また、大企業の輸出で儲けた人はかなりおられるでしょう。しかし大半の国民に取っては生活は何ら変わっていません。今後増税が待っているし、明らかな少子化が予想されます。最近になり国民の所得が減っていると、徐々に真実が報道されるようになって来ましたが、短期的に見ればアベノミクスは大成功と考えます。しかし20年後、今後の増税、予算の拡大、借金継続すれば、長期的な景気回復を前提に考えれば、今やってる事は真逆の政策の様な気がします。当然自民党を支持してますよ。けど、未来の子供たちに負債が付きまといます。子供達の未来に向けて大きな方向転換が必要な時期では無いかと言う気もしてます。総理も実際に解ってる気もしますが。

名無しさん
個人的に景気が良くなってるって実感無かったけど、これではっきりした。
統計や調査が全ていい加減だったんだね。

名無しさん
統計問題は政治家より官僚が賢いことを証明した。改めて認識した問題です。今になって表沙汰になることは隠蔽が出来る環境が整っている。政治家でもグルになったり、放置したり、能力がなく工作が分からないということが色々あるだろう。全部に共通することは管理していないことになる。そして現政権が長期で行われていて他の自民党政権、民主党政権時代でも同様である。与野党全体の政治家の質が招いたことになる。官僚を一斉に排除したら代わりに誰かがその仕事をすることになる。飾りだけの政治家はまずいらない議員削減を推進。賢さと誠実な政治家をどうやって探すか有権者は選挙で試される。

名無しさん
安倍政権の度重なる不正・不法はどこに原因するのか。根本をたどれば、モリ・カケ問題がある。安倍首相はこの問題を乗り越えたと思うかもしれないが、これの解決のために安倍首相は大きな犠牲を払った。言い換えれば、大きな恩義を受けたのである。それが今日まで尾を引いている。本来今度の厚労省の統計違法、不正については一種の犯罪行為と言えるのではないか。したがって、安倍首相は本来厳しくというよりも、順法的に当然当事者を罰しなければならない。ところが過去に受けた恩義に報いるためにそれができない。安倍首相は過去とは縁を切り捨て、新しく出直すべきである。しかし安倍首相は問題の重大さを認めながら、犯罪ともいえる行為を犯した大臣をかばっている。こんなことをしていては、もはや国民の信を得ることを自ら捨てているのである。日本の政治はこれでは救いようのないところに来てしまった。極めて由々しき事態に陥っている。

名無しさん
国の統計なんてそもそもあんまりあてにならない。基本情報が遅い。東京の人口はバブル崩壊ちょっと後から年0.5〜1%くらいの勢いで増えていて,20年で少なく見積もっても1割以上増加してるのにやっと東京圏全体で年14万人増加なんて報告なんてのもある。これを機にちゃんとしてほしい。資料室送り的な感じでなく普通の職員とそれなりの予算配置してほしい。
報道機関に至っては誘導もあるからさらにダメ。

ste
法令違反なのだから、役人をきちんと罰して欲しい。

名無しさん
もう何度目だか分からないけど、実は調査を受ける側の、特に企業はこんなもの真面目に一生懸命回答したって何のインセンティブも無いんだから、真面目に答えようと思えばそれだけ調べ物してコストや時間がかかってしょうがないんだから適当に答えている。
 正しい数字を知りたければ、市町村役場や税務官署、年金事務所当たりが一番正しい数字を知っている。特に税務官署は概況書を出すんだから、これで統計調査の代わりにならない?て思うことが多い。それくらい、各統計調査でけっこうダブっている項目が多いのよね。
 とにかく、不必要な統計調査はこの際、抜本的に見直して削減して欲しい。回答する企業も、本当に困っている。

名無しさん
政府統計の信頼を国民に問うより、改ざんされた情報で、選挙を勝ってきた政府の姿勢を問うべきと思う。
テレビの見すぎかもしれないが、政府が圧力を加えたのでは?
単なるサンプリングでの問題ではなく、恣意的なデータ操作であるのであれば、官公庁にその動機はなく、政府にこそあると思われる。日本には、このような案件を捜査する組織(アメリカでは、FBIかな?)はあるのだろうか?
雇用・採用状況も操作されていないか?
正しい情報がほしい。そして、正しく投票したい。
<スポンサーリンク>

名無しさん
政治の責任は大きい、しかしクチだけ政治家を選んだのは有権者、政治の事は分からないけど人柄が良さそうみたいなイメージで投票、民主主義の限界。

テンテンユイユイノンノン
今や内閣と官庁は完全に別組織。
国を良くする為の国家公務員。
民意で選出された国会議員が組閣され、大臣として官庁の国家公務員に民意を反映させていくハズだった。
国家公務員は、本意を逸し、国民を見ず上だけを見て、自らの成果の為の仕事をし始める。
政治家は、民意の代弁者として選出された事を忘れ、選挙で勝つ事のみを考える選挙家となり下がる。
今の内閣以外に、選出された政治家で適任者がいたら教えてください。
一部勘違い大臣もいますが…。
そう思う一方で、官庁の国家公務員である官僚の腐敗は進んでいる。
仕事は責任を負わず、手間の掛かる仕事や、得の無い仕事は次担当者送り。
日本の賢い人達がこぞって逸脱してく…。

名無しさん
基本的に役人は考えも責任の取り方も甘い。
注目されない部署だから、予算や人がないからやる気がでないとか知ったことか。民間で目立たないから総務や経理をやる人がいなければ会社組織など成り立たない。労務や税務で民間には厳しく中ではいい加減など通るわけもない。
下手に人の手が入るから差がでるようなお役所仕事ほどシステム化やAIで無駄な人員は減らし、各省庁の部署は外部の組織をいかに効率的に動かしシステム化して費用を削った上で効果を上げたのかだけを評価し部署間の上下などなくすべきだ。内向きな都合など国民には関係ないし省庁の中で内部告発の制度や責任をちゃんととらせ、政治家への忖度などなくせ。

名無しさん
これだけみんな生活で苦しんでいるのに、上の立場にあるものが整然と不正に手を染めてそれが明らかになっていくにつれて国民の不満は高まっていく。これは安倍政権の安倍氏の交代で自民党からだれか出さないといけない状態ですが、それができなければ自民党自体の大きな衰退と大敗が起きることになるはずです。
 同時に天災と戦争も始まりますが非常に日本自体が危険な状態に向かうことになります。今は、危機の時代に耐えうる人材が必要な時です。

名無しさん
統計は母数の取り方で導かれる結果を変えることが可能。だからこそ国にはきちんと仕事して欲しい。・・・批判覚悟で一言・・・毎日新聞の今回の調査結果について。固定電話と携帯電話で抽出しているが、最近は携帯しか持たない世帯も増えている。携帯電話は、知らない番号からの着信に出ない人が多い。誤差はどれくらいで算出してる?この調査方法は現代社会に適して無いのでは。それこそ、統計の不信感に繋がると思う。

名無しさん
国民は官僚側の不正と政治不振をリンクさせていないということだろう。
一般国民とここの感情的コメント者との認識とは差があるようだ。
とにかく反安倍に世論もっていきたい連中が一番今回の不祥事を
一番喜んでいるんだなー。
もっとも、政治側が今回の不祥事で官僚を厳しく罰し、再発防止策を
きっちり立て付けなければ今度は国民の不信感は政治側へ向く。
虚偽の統計によって経済政策を誤らせられたことは事実であり、
正しい数値情報を元にした経済政策のテコ入れが早急に必要でしょう。

名無しさん
朝日、毎日、産経の調査結果はあくまで参考値であって、信用度20%程度だと思って見てる。
政府が出しているデータは「嘘」であることがハッキリしただけでも良かったと思ってる。
今後政府が本当のデータだと言いたいのなら、生データを全て公開し、もし虚偽があれば担当者以上の役職者に懲役刑を科せる法律を作るはずである。それがなければ今後も嘘を続けますといっているのと同義。

名無しさん
法律を守らなかったことは許されないことだが、
全数データでなくても、統計的に有意なデータは取れるはずだ。
じゃなかったら、視聴率調査も信用できないことになる。
コスト(すなわち、税金)を考えれば、正規にルールを変えることを検討すべきだった。今時、郵送もダメで、対面じゃなければならないとか、時代遅れも甚だしい。
信頼性の問題という意見もあるだろうが、じゃあ、民間のやっていることは信頼できないのか。
政権批判で終わるのではなく、統計調査にかかるコストの無駄を徹底的に洗い出してほしい。

joe
そもそも厚労省がなぜコンプライアンスに違反になったのかを着目したほうがいい。
まだ確定ではないがある情報では財務省が予算を削った上で厚労省の統計員が削減されたという情報が入った、確かに統計員が削減されたら膨大な統計が杜撰になる可能性もあるだろう。
さらに各省庁の予算は財務省を通さないといけない部分も確かにあるだろう、少なからず財務省にとっては与野党で喧嘩をしてくれた方が自ら矛先が向かなくて済むからね。

名無しさん
現政権に対して、というよりも長期に渡って
自民党だけではなく他の政党が政権を担っていた時代でも
各省庁でこのような事が当然に行われ続けていて
それが表沙汰にならずにいた事が異常ですし、おそろしいです
政治家のみならず官僚や役人等はもちろん
国の運営に関わる全ての人達に対する信用が失われていると思います

名無しさん
政府は信頼しないが、内閣は支持するという人は、自分の心の中でどのように折り合いをつけているのだろうか?こういう人達には「政治的統合失調症」と診断をつけたい。

名無しさん
安倍政権や安倍自民党はの支持が下らないことは、日本の民主主義の危機だね。
特に年齢が20歳から40歳までの人たちの政治に対する無関心さは、民主主義の崩壊を促進している。
 このままいけば、戦前の日本のような自民党独裁政権が生まれるだろう。
 それは、年欧米の若者比較して、年齢が20歳から40歳までの人たちが、政治に無関心で客観的に見れる思考が欠如していることだ。
 知識だけを優先に育てられた弊害がここにあるのです。根底には問題意識も持てない人間を育てている今の日本の教育が問題だ。
 このままでは、世界的なトラブルが生じたとき日本人は何の対応もできないだろう。

名無しさん
政府は各省庁から上げられた数値を出すしかないじゃん。
調査能力が無いのだから。
一番の問題はやっぱり官僚主導の在り方なのかな。
優秀な人材も多いが、そのトップが腐敗してると組織全体が一気に腐る。

名無しさん
いつも思うんですが、内閣の世論調査の統計ほどあてにならないものはない。どういう人を対象に調査しているのか知りたい。そもそも私も含めて周りに世論調査を受けた人を知らないし、聞いたことがない。一部の中層階級以上の人のみを対象に聞き取り調査していると聞きますが?調査するならば、全国民に公平に聞き取りしてください!

名無しさん
国家予算、社会保障などの基礎となる統計。
その統計に不正があり、統計に使用する数値を恣意的に抽出していたとなれば。
しかも不正は厚労省だけでなく、基幹統計の半数に及ぶ。
もはや、何も信じられなくなる。
安倍が主張する成長率、実質賃金アップも全く信用性は無くなる。
個人的には、不正があったとされる過去14年間に雇用保険の支給を2度受けている。
全額追加支給するとのことだが、支給どころか再調査の工程表すら明らかにされていない。
いったいどうなることやら。
安倍君を庇うつもりは全くないが。
民主党政権時代にも不正は行われていたことになる。
大臣の解任要求も結構だが、政争の具にしていい話ではない。
与野党を超えて、公務員の不正再発防止に対処する法案を考えるべき。

名無しさん
国に対して一番信頼出来ないのが、情報の管理、取り扱いです。だから、結果が全てだと思うのですが、経済が上向きだ、皆んなそう思うだろ?と言われて、その通りだと答えるのは、肝心な低所得層ではないことは確かでしょう。だから、曖昧な、実感出来るか?という調査の方が意味があると思う。この不祥事は、不適切というよりも、表向きに見えないデータが表向きになってきた、ということだと理解してます。

名無しさん
正義感も使命感もない方の集まりと言われても仕方ないかもしれない結果ですよね…民間だったら、どんな処分になるのかな?って思うけど…
民間だって、検査結果の偽装とかあるから、日本人が偽装することに慣れてしまっているのかもしれませんね…不正だらけで、これで良いの?
このまま進んだ先には何が待っているのでしょう?戦前なら、戦争への道だったのかもしれないけど…今の世の中、きっと戦争ではないよね…では何?
マスコミが、政府が、役人がって言ってないで、私たちの身の回りでじわりじわりと起きている変化に私たち自身が気づかないといけないのかな?
気づいたら、どうしたら良いんだろう?取り返しのつかなくなる前に、今やること⁈って何?
平和ボケって、最近聞かなくなったよね…聴こえていた頃の方が危機感があったのかも?

名無しさん
揺らいだ、というよりやっと表ざたになったかという感じ。他の政府統計、公的機関の統計、大丈夫?。人いない、お金ない、企業も含め特に統計調査部門は軽んじられる傾向が強い。国民意識として『統計』をどの程度のものと考えているのか。重要と考えれば、人も予算もそれなりにあてがうはず。少なくともお役所幹部は重要とは考えてはいないと考える。とても残念だ。

名無しさん
今回の件で、過去にさかのぼってこれからかかる費用は、関わってきた職員、管理責任者である官僚、大臣、政権を担当していた政治家皆さん(与党も政権交代時与党だった今の野党も)が弁償、再発防止策の即時実施。民間企業なら、これ最低限。それ以上やって、やっと仕事をしました…なのでは?国民の税金からなんて、ありえません。今の野党も当事者ですから、攻める資格はない。今の日本には、待ったなしでやるべきことがものすごくあるはず。やるべきことをやるのは当たり前。それ以上やってはじめて評価される資格を得ることができるのだと思います。

名無しさん
支持率は信用できない。質問に、「任せられる人がいないから今のままで良い」があれば、本当の支持率なんて10%に満たないと思う。政治に期待できない人が多いし期待してない。自分に降りかかることがなければ興味を持たない国民性だと思います。

名無しさん
大本営発表が景気が良いと連呼しても 国民の大多数は実感が無かったのだから 最初から統計なんぞ信頼していない人が多かったと思う

名無しさん
米国の雇用統計の方が正解な気がする。
大体本当に、正解な失業者数を把握出来ているのか
信頼できない。これで景気判断されて、株価に影響するから数字のマジックは政治的圧力に左右される気がする。

npoor
抽出調査が調査方法として悪い訳では無い。視聴率などは抽出調査だからね。
今回の問題は全企業調査と法律に書いてあるのに、抽出調査という法令違反をした事。
またデータは同じ条件で調べたものでなければ比較出来ないにもかかわらず、調査方法を変えたデータで比較がされていた。そこも問題。

名無しさん
この段になって信頼が揺らいでいないとする12パーセントの人はなんなの?と言うか、どんなアンケートでもそれなりにありえない回答をする人たちはいるんですよね。
今回の事象はたまたま統計がいい加減であったということで、実は行政の仕事全体がそういういい加減さの中で行われているという事ではないだろうか。たまたま問題が露呈したからそれが拡大しただけ。調べればどんどん問題が明らかになるのでは。

通りすがり
これほとんどの人が2つの問題をごっちゃにしているが、統計が間違っているのと統計の結果を間違って使うのとは、全然意味が違う。そして1番の問題なのは世界最高精度の日本の統計の信用が揺らいでいること。その元凶は、統計の重要性を軽視し、費用対効果とか言うわけのわからない理由で予算や人員を削減して行った時の政府。
2003年は誰が首相だったか、2009年からどこの政党が政権を担っていたか、振り返ってみるといい。


スポンサーリンク

-世間の目, 生活, 社会
-, , ,

執筆者:

 

関連記事