東西南北〜ジャパニュース〜

日本中の様々な情報をお届けいたします。芸能関連やちょっとしたネタ等々・・・

スポーツ

2018年サッカー森保ジャパンは銀メダル。韓国との決勝戦に敗戦・惜敗!試合内容・シュート数は?

投稿日:2018年9月1日 更新日:

 

2018年サッカー森保ジャパンは銀メダル。
韓国との決勝戦に敗戦・惜敗!

 

<スポンサーリンク>

 

日本敗戦・銀メダル 日韓戦~サッカーアジア大会~

 

2018年9月1日、サッカーU21日本代表:通称森保ジャパンが、

インドネシア・チビノンで行われる決勝戦を韓国と戦いました。

結果は、

 

日本の敗戦、韓国優勝

 

2大会ぶりの優勝を目指す日本と、対するU23で臨む・連覇を狙うライバル韓国との決勝戦!

手に汗握る決勝戦となりましたね。

 

日本の相手は、宿敵のライバル韓国!

もちろん日本としては絶対に負けられない・負けたくない相手でした。

 

対する韓国ですが、

実はこの韓国には負けられない理由が2つあったことを

ご存知でしょうか?

 

今回のアジア大会での決勝戦は、

韓国にとってはどんなことをしても勝たなければならない1戦と

なっていたのです。

その理由とは一体なんだったのでしょうか?

 

アジア大会決勝で韓国が負けられない理由とは?

 

今回のアジア大会・日韓戦で韓国はどんなことをしても勝ちたかった!

と上でお伝えいたしました。

 

そこには、韓国の歴史とお国事情が絡んでいたのです。

 

気になる、韓国の負けられない理由とは・・・

 

①史上初の連覇

 

一つ目は、韓国サッカーでは歴史上、アジア大会での2連覇を達成したことがなく

連続で金メダルの獲得は夢のまた夢でした。

 

韓国にとっては、今回の決勝戦は史上初の連覇への挑戦となっておりました。

 

サッカーにおいての史上初の2連覇!

 

これを達成するために、韓国勢は死に物狂いで日本へ全戦力をぶつけてきたのです。

 

②兵役

 

二つ目はの理由としては、韓国のお国柄の問題が挙げられます。

 

” 兵 役 ”

 

韓国人にとっては、どれだけ目を背けてもいつかは自分のもとにやってくる、

兵役義務!

 

これはどんな韓国人にとっても、やはり嫌なものらしいです。

(理由はさまざまですが)

 

今回の大会において、韓国は優勝つまり金メダルを獲得することができれば、

この兵役の義務が免除される兵役恩恵を得られることになっておりました。

オーバーエイジ枠をフル活用し、勝利にこれほどまでに貪欲な理由もわかる気がしますね。

 

試合内容

 

決勝戦が始まる前の段階で、今大会9得点と大爆発している”ファン・ウィジョ”

得点率、ならびにシュート回数はある意味異常なものとなっております。

決勝戦での、シュート及びフリーキック等その他の回数を見ていきましょう!

 

後半30分の時点のシュート回数

 

韓国(回数) シュートの種類 日本(回数)
10 シュート(通常) 4
14 直接フリーキック 10
0 関節フリーキック 5
6 コーナーキック 3
30 合計 22

 

いかがでしょうか?

韓国勢の方が、圧倒的にシュート回数が多いことがわかりますよね。

 

これが試合終了の時点になると以下のようになります。

 

後半終了時のシュート回数

 

韓国(回数) シュートの種類 日本(回数)
12(+2 シュート(通常) 4(+0)
17(+3 直接フリーキック 13(+3
0(+0) 関節フリーキック 5(+0)
7(+1 コーナーキック 3(+0)
36 合計 25

※()内は、後半30分から後半終了時までのシュート本数増加分

 

後半30分~後半終了までのおよそ15分間でしたが、

やはりこの間も韓国のシュート本数の方が、

圧倒的に多いのがわかりますね。

 

ここまででその差なんと、11本!

 

もちろん、ただシュートを打てばいい

というわけではないでしょうが、

それだけ日本ゴールに迫ってきたということに変わりありませんよね。

 

延長前半3分 日本失点

 

後半途中出場の”イ スンウ”が得点!

日本にとっては、あまりにも痛すぎる失点となってしまいました。

 

延長前半11分 韓国追加得点

 

韓国追加得点で、韓国に優勝が近づいてしまう!!!

日本絶体絶命!!!

韓国はこの時点で、もはやお祭り騒ぎ状態となっておりましたね。

 

延長前半終了時のシュート回数

 

韓国(回数) シュートの種類 日本(回数)
18(+6 シュート(通常) 4(+0)
20(+3 直接フリーキック 13(+0)
0(+0) 関節フリーキック 5(+0)
7(+0) コーナーキック 3(+0)
45 合計 25

※()内は、後半終了時から延長前半終了時までのシュート本数増加分

 

圧巻です!

日本勢は、延長前半の間で致命的な『シュート0本

 

それに対し韓国勢は、『シュート9本

そのうち、2本が得点

 

上では、”ただシュートを打てばいいというわけではない”

ということはお伝えいたしましたが、

やはりゴールに近づくためには、シュートというものは絶対必須!

ということがわかった瞬間でした!

 

延長後半10分 日本初得点で食い下がる!

 

この時点で日本はまだ負けたとは全然思っていません。

上田のヘディングシュート炸裂!

日本は、まだまだ諦めておりません!!!

 

 

試合終了時のシュート回数

 

韓国(回数) シュートの種類 日本(回数)
20(+2 シュート(通常) 6(+2
20(+0) 直接フリーキック 17(+4
1(+1 関節フリーキック 5(+0)
8(+1 コーナーキック 5(+2
49 合計 33

※()内は、延長前半終了時から延長後半終了時までのシュート本数増加分

 

 

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

サッカーアジア大会、日韓戦をお伝えいたしましたが、

やはり、日本と韓国はこれからどんなことがあろうとも

永遠にライバル関係であり続けていくのでしょうね。

 

白熱した試合をしようが、どんな批判を浴びようが・・・

 

このようなライバルがいる方が、見ている我々視聴者としては

その結果に一喜一憂できるので、

これがスポーツ(観戦)の醍醐味なのでしょうね。

 

それにしても、今回の大会では

 

日本優勝ならず金メダル獲得出来ず

 

という、とてもとても悔しい結果に終わってしまいましたが、

まだまだ韓国との試合はこれからもずーっと続いていきます!

 

日本が韓国に勝てるその瞬間を是非見せてほしいと思います!

日本代表選手の皆様、本当にお疲れさまでした!

 

スポンサーリンク

-スポーツ
-, ,

執筆者:

 

関連記事