東西南北〜ジャパニュース〜

日本中の様々な情報をお届けいたします。芸能関連やちょっとしたネタ等々・・・

ニュース 世間の目 生活 社会

あおり運転の裁判不服で控訴!これにネット・2ちゃん大炎上!

投稿日:

 

名無しさん
検察も控訴すればよろし。18年は短すぎる。
jdfn::::
判決を書いた裁判官は出来がよくないとは言え、国民の声を反映しようと頑張った。高裁の裁判官は、お勉強はできても人の情がわからないのが多い。
一審を覆すようなら、司法にだれも期待しなくなる。
名無しさん
23年以上食らわすべきですね。
名無しさん
刑がもっと重くなることを祈ります。
名無しさん
被告は何をお考えなのでしょうか。
名無しさん
18年だろうが23年だろうがICチップ埋め込んで居場所がわかるようにして更に自転車も含めて運転できないようにしないと出てきたら被害者が出ると思う。
にるしー
法律は難しいね。
感情的には一番厳しい刑でも良いと思うけど。
名無しさん
まあ控訴するでしょうね。
こいつのしたことは、卑劣極まりないけど、
法律の適応要件を考えれば、地裁の判決は無理があるかな。
というか、もとから適用要件が厳しすぎる
のが問題で、何回も似たような事が起きても軽い罪になっているんだよね。
司法では立法の問題だと思うんだけど
なぜ政治家さんは動かないんだろう?
名無しさん
被告側が控訴することによって刑期が延びることもあるのでしょうか?であれば検察もっと頑張れ
名無しさん
まぁ・・・控訴するとは思ってたけどやっぱりか。残念だ
地裁の判決自体が是か非か微妙なラインだという話を
法律に詳しい何人もの人がTV等でしていたので
控訴されると覆るかもしれない案件だけに今後の展開は注目ですね
出来れば地裁の判決通りで行って欲しいものです。
そうでなければ裁判員裁判の意味自体が無い物に思えてしまう。
裁判員に選ばれた人たちに、多大な負担を強いてまで
民意を反映してるように見せるパフォーマンスなら要らない。
名無しさん
石橋和歩の刑期が増える事を望みます。
名無しさん
懲役18年ですんでよかったと思うべきでしょ
貴方の取った行動により二人も亡くなっているんだよ
残された子供達はトラウマになりかねないし
懲役18年は誰もが短いと思っていると思うけど
名無しさん
人を2人も奪って追いやり残された子供やまわりのかたの人生も大きく変えた。この被告人が更生するとは思えない。償ってほしい。
名無しさん
危険運転という部分がネックなのでしょうか。確かに法律専門家も意見が分かれていますし。
とは言え、感情的にも諸々の様子経緯や反省の態度等を含めても最低限ギリギリの判決だったと思う、23年でも短いくらいな。
仮に専門家の意見が分かれるならここは危険運転を認めるべきかなと。
認めない、という理由がそもそもの性善説的な所もあるようだけど、今後の社会的影響を踏まえた判例の一つにするべき事案であって少し言い方は悪いけど悪質運転ドライバー対策という観点からタイミングは今という気がする。
あと、種々の経緯や態様も非常に悪くこういった悪質性という部分も今後はより明確に判決や刑期に反映するべきだとも思う。極端だけど明確に更生した、と分かるまで刑期を設けるとか。そうしないとまた問題行動を起こす可能性が高いから。悪質性と刑期はもっと紐づけて欲しいという事。
今後の世直しに期待します。
名無しさん
被告も被害者遺族の立場になって物事を考えないんですかね?
自分の家族が同じことされたら被告のことをどうしたいとか思うでしょうか。
その気持ちが少しでもあるなら温情判決を受け入れるべき。

<スポンサーリンク>

名無しさん
法律の解釈からの判断では控訴する事になるだろう。弁護士とすれば刑の理由に納得できないって事だろうけど、現在の法律ではこの被告を裁く事ができないからの今回の求刑になったのだから、被告が反省しているなら受け入れるべきだと思う。と言うことは、この被告は反省していないと考えてしまう。こんな人間をのさばらせないためにも早急に法律の不備の是正していくべきだと思う。
名無しさん
最近は特に煽り運転が目立つが、以前から横暴で危険な運転をする者は沢山いた気がします。私自身はもっと重い刑罰にした方が良いと思いますね。だって未だに携帯電話で会話しながら走っている車をよく見掛けます。車だけでなく、自転車も刑罰をもっと重くしないと減らないと思います。車両だけでなく、歩行者にも徹底する部分がありますしね。今回の危険運転致傷罪はその時に停まっていたとしても、そうなった原因は煽り運転から始まっている訳ですから当然だと思いますし、2名もの人の人生を奪ったのに18年は軽過ぎると思います。量刑を25年から30年ぐらいにしないと、こういった事は減らないと思いますね。煽り運転然り。日本の警報をもう一度見直すべきでしょう。
ぷ~~~~~~~~
ま~いずれにしても仕事を与えることも無いでしょうし、自動車を売る会社も居ないでしょう。
もしそうなったらその会社が袋叩きだろうからね
一般的に考えれば素直に受け入れてちゃんと刑に服して、その後会社に復帰したほうが本人のためにはなるようにも思うのですが。。。
弁護士の変な正義感が色んな人の人生を狂わせるよね。
horbitz
確かに弁護側の主張は割と正論で、今回は世論の後押しで何とか危険運転側でごり押せただけで、かなり難しい判断だったと思う。過失側だと刑が軽すぎると思うので、危険運転の判決は正しいかったと思うが、法の抜け穴をすり抜けそうになった事案。適応範囲を広くするのが良いと思うけど、法整備が必要だと感じますね。
名無しさん
一審判決を出すのに裁判官と裁判員が大変だったと思います。
他のコメにもあったように、危険運転の適用条件が厳しかったり、この刑罰を設けるときに想定していなかったケースがあって、適用出来なかったりしていると思います。
今回は、自動車が停止している時のケースです。
ある新聞の中に、「判決が、停車は「一般的に危険を生じさせないのは明らか」で「文言上、運転に含まれると読むのは無理がある」と」高速道路での停車は危険運転にあたらないようです。

そうなると、あおり運転などの事実がないと、停車だけでは罪が成立しないようです。
他の理由で停車しているかもしれないし。
上級審に移るけど、法律の改正が必要だと思います。

名無しさん
被告側の弁護士は自分が被害者家族だったら、どう思うんですかね?
判決の懲役18年を納得するんですかね?
短過ぎると思わないんですかね?
逆に長過ぎると思うんですかね?
まぁ今は弁護士なので被告側の刑を軽くする事が仕事ですから控訴するのは理解は出来るが、被害者家族の気持ちも考えるべきで、況してや、被告は煽り運転の常習犯で、体の弱い彼女と結婚して守ってあげたいという理由で減刑を望む事は身勝手でとても反省をしているとは思えないです。
しかも、被害者に注意をされて頭にきての煽り運転。
一般道と高速道路とでは違うし基本的には高速道路は特別な理由が無い限りは止まってはいけない場所で有り仮に止まるにしても出来るだけ左側の路肩部分に寄せてハザードを上げて止まる事が基本です。
其れをしなかった被告は危険な事をしているという認識がないというのは明白で運転する資格も無いと思います。
庇う必要は無いと思います。
名無しさん
長引かせるのもどうかとは思うけど、
解釈って単純じゃないからしょうがない。
例えばたった1行の文章でも様々な捉え方がある。
1行の文章を読んで、ある人は「楽しげだ」と捉えたが、
別のある人は「寂しげだ」と捉えることも珍しいことじゃない。
そこを詰めていくのが裁判でもあるから・・・
ただ、煽り運転がそこら中で起きていたということは、
社会に何かのひずみがあるように思う。
車という大きくて非常に力のある機械を”自分の武器”と思う心理が働いているのだろうけど、
それとはまた違った何かがあるように思う。
そこを探っていく必要があるように思うなあ・・・
jgpna
被告のみが控訴しているならそれは現状維持か減刑しかない。
検察側も控訴しないと量刑は重くはならない。
実際には難しい事案だが人を二人亡くなる原因を作っているのだから重い量刑で良いと思う。
何故、要件の厳しい方を検察は選んだのか?
何故?
高速道路上に車を止めさせた行為は後ろから車が来て人が亡くなる可能性があることは容易に理解出来る。自動車学校でも習うこと。
それを踏まえて未必の故意の適応で告訴すれば良かったのに。
これなら運転も関係ないしね。
そうすれば量刑がもう少し重くはなったのに!
名無しさん
今回の件は、日本観察史最大の汚点になるかもですね。
運転せずに危険運転はすんなりとはいかない。
でも彼には未必の故意があったことは公然と発言している。
危険運転の適用という欲に目が眩んだ愚かな結果が、バカを救い、ご遺族の悲しみを深めることにならなければ幸いと思います。
無罪の可能性がそれなりに残っていると、残念ながら考えます
名無しさん
減刑ではなく刑期が増えることを期待します。
名無しさん
法律については素人だけど
今回の18年の実刑は、検察側としてはかなり頑張った結果なんじゃないかと思う。
現行の法律ではカバーしきれていないケースであるから
これを機会に、必ず法改正をしてほしいと議員さんにお願いしたい。
控訴審、検察のみなさん頑張ってください。
T_Ohtaguro
>判決は「時速0キロメートルでの停止は、衝突で事が生じたり、回避したりするのが困難な速度とは認められない」と指摘。条文の「運転」に停止まで含まれると読み取るのは無理があると退けた。
上記の判断は、物理すら考慮していない。
他の車両の進路前方停止距離未満、且つ、進路変更による回避ができない範囲においては、停止による事の発生は物理上、必然である。
条文の「運転」に停止まで含まれると読み取るのは、物理に適い、因果律に適い、論理に適う。
被害者が車を停車した原因は、進路変更による回避ができない範囲、且つ、進路前方に被告人が車を停車し、移動させなかったこと。
>停車状態であることは該当しないが、石橋被告の執拗なあおり運転が車を停車させ、
上記、判断を是正しない限り、判決理由は、因果関係、論理、共に破綻する。
判例の観点から、控訴審においては、上記、判断を是正すべき。

<スポンサーリンク>

名無しさん
あおり運転をするやつの今後の戒めのためにも、もっと重い罪にするべきだと思う。人が亡くなっていないのであれば、救いの余地はあると思うが、最低でも2人以上の人生を台無しとしている以上
一番厳しい刑を与えるべき。実刑に不服なら最初から、あおり運転をするべきではない。
名無しさん
二人の人生が失われたのは事実だし、その要因を作ったのも事実。
控訴したところで18年より短くなることはないと思うけどね。
18年じゃ短すぎて償えないってんならまだ判るが。
名無しさん
個人的には控訴してもらってより精査した内容の判決を知りたいと思う。そして現在の法がこのような事を裁くこと想定していないというのであれば法を変えて欲しいと思う。
名無しさん
二審なら、更に刑を延ばせるように検察側に頑張ってもらいたいね。18年は少ないほうと感じる。最低でも検察側の求刑にしてもらいたい。出来れば求刑以上だね。個人的心情としては、被告のような危ない人間を社会に出したらいけないと思いますよ。
名無しさん
控訴することは確実でしょう。弁護側は過失側になれば懲役7年位に短縮されれば弁護士自身の実績が上がるし、被告も早く出所したいと思っているでしょうし。とは言っても罪が軽くなる可能性は100%ないでしょう。あまりに世間からの風当たりが強すぎる。事を起こして2カ月後にまた煽り運転はするわ、現場検証の時にあくびはするわ、裁判中にサンダルを脱いでいるわ。さらに裁判中は全く詫びの言葉もなく、終盤でようやく弁護側に吹き込まれた定型文のような詫び、そして極めつけは『コレがなければ結婚するはずでした。彼女は弱いので自分が守っていかなきゃいけない、だから出してください』など自己保身しか考えていない言葉。控訴審で上手くいけば、懲役20年以上に伸びる事を期待。
名無しさん
まあそうだろうな。
控訴による社会のメリットとしては、一審だけでないしっかりした判例ができる、ということ。
一審より刑が軽くなれば原告側が最高裁に控訴するだろうし、一審と同レベルか重くなれば被告側が最高裁に控訴するだろう。
最高裁まで行った方がいい。
次に、もし重い刑になれば世の中への戒めになるし、現状の方ではもっと軽くなるということであれば法改正の機運が高まる。
最大の原因だから懲役20年前後は妥当で、今の方でどうなるのかの差が注目ポイント。
名無しさん
高速道路の走行車線や追い越し車線は、駐車スペースではなく、高速走行するスペースです。そこで停止させる行為が、どれだけ危険なことか! 停まっていたとはいえ、明らかな運転と認識するべきでしょう。
法律の言葉尻だけを取り上げて、運転中ではないというのは詭弁でしかない。そんな詭弁を振りかざす法曹界の人間も如何なものか?
被告は、自分が起こしたことの重大性も反省もしていないように感じる。下手すれば逆恨みしてそう。
名無しさん
被告側の弁護人は、国選か自選かは分からぬが、法解釈の自論を通すのに意地になっている様にも思える。国民感情から言えば、一審の判決は軽い様にも感じるが被告の今後の長い獄中を考えると、裁判員もその判断を慎重にならざるを得ないだろう。要は、被告が被害者の無念と遺族の悲しみを慮って、改悛の情と犯した罪を償う姿勢があるかどうかを判断のカギとすべきだろう。
名無しさん
本来ならば法律の枠を超えて一番厳しい刑でも全く問題ないレベルなのに、それどころか判決に不服で控訴とは驚きですね!
亡くなったご両親の娘さん達は自分らも同じようになればよかったというのを聞いて何も感じないのかと思います!
そんな言葉をまだ未成年の子に言わせるなんてかわいそすぎます。
憲法の改正も時代に合わせる必要がありとはあるとは思いますが、刑法などの法改正をして更なる厳罰化をしてもらわないと被害者の遺族は報われないと思います。
なくなった方が戻ってくるわけでもなく一生心に深い傷を負うわけですから。
名無しさん
人生で一番楽しい時期のはずの、10代の姉妹の両親を奪った被告。
免許を持つ人間なら、自分がきっかけで人が亡くなれば、反省はもちろん、どんな罪も受け入れる、と思うのが「普通」です。
こういった事さえ無ければ、10代の子が裁判に関わる必要はありませんでした。本来、姉妹にとって毎年楽しみだったはずのクリスマス。その世間がクリスマスモードの中、不服という全く反省をしない理由で控訴をする犯人。私は同じく免許を持つ人間として、大人として、人として、男として、すべてにおいて犯人を軽蔑したい。
yama
高速道路上の追い越し車線上の停止は運転に当たらないとはこれいかにですね。一般道路の路肩なら理解できる気もするが、高速道路上にいること自体が運転中であるとみなすべきであり量刑はもっと重くて良いのでは一般の人が理解できない法律用語と解釈はむいみである。国も法律家も考えるべきである、憲法解釈にも無理があるのではないか?
名無しさん
そもそもさ、車を妨害工作に用いた時点で、運転ではないんだよね。
包丁は正しく使えばいい道具だけど、人に向けた瞬間に凶器になるように。
危険運転(妨害運転)の果て2名が亡くなっている以上は、厳罰にしないと法の理念にあわない。
根底は“自分だけは大丈夫”という認識の甘さから重大な問題を起こす。
今回は、明確な悪意を持って、他人の権利を侵害している。
この違いは天と地ほどに大きいと思う。
名無しさん
高速道路上それも追い越し車線に車を停める行為そのものが
危険運転だと思う、それが危険運転で無いと解釈する方が
無理があると思う、より厳しい判決が出てもおかしくない。
名無しさん
検察官の求刑23年に対し、裁判員の判決は18年で、5年も短くなった。本当に反省をしているのであれば、控訴はしないはずだ。
18年でも長いと思っているのだろう。
控訴する権利は被告にもあるのだから好きにすればよい。
ただし、2審では、むしろもっと重い判決が出るかもしれない。
18年といわず、23年でも短いくらいだ。
スポンサーリンク

> 続きを読む 

-ニュース, 世間の目, 生活, 社会
-,

執筆者:

 

関連記事


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

関連記事はありませんでした