東西南北〜ジャパニュース〜

日本中の様々な情報をお届けいたします。芸能関連やちょっとしたネタ等々・・・

生活 社会

イートイン脱税に対するネット・2ch5chの口コミまとめ!

投稿日:

 

10月1日の消費税増税により、税率がこれまでの8%から10%に引き上げられた。これに伴って導入された軽減税率制度は飲食用品(酒類や外食を除く)、新聞などの税率を8%に据え置くというものだが、すでに「わかりにくい」との声があがっている。

(中略)

コンビニのイートインスペース利用は「外食」扱い
飲食店では、店内で喫食する場合は「外食」扱いとなり税率は10%、商品を持ち帰る場合は軽減税率の対象となり、税率8%となるが、この線引きが特に難しいのがコンビニなどの「イートインスペース」だ。

国税庁が発表している「消費税の軽減税率制度に関するQ&A」では、トレイや返却が必要な食器に入れて飲食料品を提供する場合は、店内のイートインスペースで飲食させる「食事の提供」であり、軽減税率の適用対象とならないとしている。

また弁当のように、持ち帰ることも店内で飲食することも可能な商品については、会計時に「店内飲食か、持ち帰りか」の意思確認を行って、軽減税率の適用かどうかを判定することになっている。

出典:Yahoo!ニュース
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191010-00216700-bizspa-bus_all

 

<スポンサーリンク>

 

名無しさん
店側がイートインの場所代を取るなら分かるんですが、店側が無料で提供しているものに対して追加で税金をかけるのは、店側の努力を無為にする営業妨害税だと思いますね。
永遠にadieu~~
消費税を上げます、軽減税率します、無償化します、と言ってポスター、宣伝といろいろやっているけど、それらの広告費、民間への手間の押し付け、労働時間などなどを見ると、全部を10%にした方が分かりやすく、手間もなく、無駄な費用を使わなかったと思う
70
イートインスペースのあるパン屋で持ち帰り分と食べていく分とを伝えてそれぞれの税率で支払ったが、イートインスペースで食べてる途中で、子供が「もっと食べたい」と、持ち帰りの分からも取り出して食べ出した。子供には税率が違うなんてわからないから、悪気もなくそうなるよね。親の方がいけないことをしてる気持ちになり、再度追加で購入し、10%で支払いましたが、この記事を読むと真面目な私がバカだったの?って気持ちになってしまいました。逆に、イートインするはずが残って持ち帰る事になったら…と思うとそれはそれで損した気分になるし。10月入ってから買い物するのに常に消費税の事を考えながら買い物する日々…ほんと七面倒くさい。
名無しさん
こんなもの脱税でもなんでもない。
つくった側の欠陥である。
その責任を店や国民におしつけるほうが誤りである。
納税してもらいたいなら、それ相応のシステムを構築するべきではないでしょうか。
名無しさん
コンビニのイートインは除外すれば良い。
レストランのような使い方をしないのだから。
名無しさん
国の二重課税の方が問題だろ。
名無しさん
消費税を決める上級国民が、一般国民の生活を1年ぐらい経験してから、税率を決めた方が良い。
名無しさん
コンビニで持ち帰りを中食しようが、申請時に8%で払っているなら8%で税金を納めればいいだけの話だと思うけど。
名無しさん
脱税って、8%納税してますけど。
世の中には、白黒はっきり出来ないことがありますよ。
きっちりしたいなら、もっと時間かけてやらないと。
混乱するだけです。
名無しさん
制度自体に問題があると思うので、ことさら「イートイン脱税」なんて、やっちゃった人を責めるような風潮にはならないで欲しいなぁ。
実際、イートインしようと自己申告して10%の消費税を払った後、満席や席を譲ってあげたりって理由で食べずに出る事もあるでしょう(よくある)、2%分の消費税返してくれるのかな。
名無しさん
お店側です。
お店側も販売時に確認はしますが、そのあと一々注意しになんて行けないし、「イートイン脱税だ」なんて不快な気持ちにさせるくらいなら、イートインも8%で良かった。
早速昨日、4人グループで来店された方のうち、2人は10%を支払い、2人は持ち帰ると言ったので帰るのかと思いきや、我が物顔でお店で食べていた。10%を払った友人はどう思うか?自分も気まずい気持ちにならないのか?と考えてしまった。
政府も、こんな事想像出来たのではないか?規制のしようがない事をやらせないで欲しい。
タヌキ
国税庁の職員がイートインのある店舗全てに常駐して摘発すれば良いだけの話。
それが無理なら最初から導入しなければ良いだけの話。
机上で仕事をしているからこのような問題が起きると思います。
また制度自体を複雑にするから問題が起きる。
シンプルイズベスト!
それよりも、ガソリン等の二重課税のほうが問題だと思います。
名無しさん
消費者は、特に難しいことを考えなくてもいいと思う。イギリスでは昔からイートイン脱税行動をしている人は普通にいる。コンビニなんていったん店のイートイン席でくつろぎたいときもあるし、店で食べようと思っても席が微妙に空いてないときもあるので諦めるときもある。そうなればイートイン脱税するのが普通・日常茶飯事ということになってしまう。店側は、消費者の判断に委ねるのが平和だと思う。店側が10%で取りたいんだったらイートインコーナーは撤去するのが当然。
マクドナルドはどうなんだろうかねーEAT-INと書いてあるレシートに置かれるけど従業員誰も見ないし。(深く考えなくていいか
名無しさん
やはり今回の増税の仕方は失敗。政府ができるだけ国民から金をとろうとした結果混乱を招いたからこうなっている。まぁこの景気で増税したこと自体失敗だけどね。
名無しさん
店側は、購入時持ち帰りであることの確認をし、8%、10%の対応をすればよく、国税上の問題は生じない。 あとは、お客のモラルの問題ですねと国税は言う。下手な正義感無意味ですね。
正しく徴収するには、お店側には徴収権ないですから、国税がお客を管理して徴収ですが、それも徴収する手段がないのが現状でしょう。
イートインは、8%が常態化してゆくのは、今の法律では仕方ないでしょう。 ”正直者が馬鹿をみる”の対応措置ありません。
国税当局、お店、お客様、みなさん、触れずにそっとしておきましょう。
名無しさん
指摘する方は決して間違ってはないですが
あまりガチガチにやり過ぎると要らぬストレスを生むばかりだと思うので曖昧のままの方がいいと思います。
イートインについてはそう思っても
他の事で逆に思われてる可能性だってありますしね。
マンションのベランダって個人の所有物ではなく共有スペースに定義されていて
勝手に個人の持ち物を置いてはいけないことになってます。
ですが鉢植えを置いたり簾をかけたりテーブルを置いたりしますよね。
中には厳しく管理しているところもあると思いますが、勝手に物を置くなとはなかなか言えないですよね。
それと一緒だと思います。
曖昧さも大事じゃないでしょうか。
名無しさん
脱税であれば、取り締まるのは国税庁です。
店側は預かった消費税を納付する義務があるだけで、取り締まる権限に権限はありません。
店側に告げ口するのではなく、近隣の税務署の職員に告げ口しないと意味がありません。
まー、税務署の職員にしてもたかだか、数円~数十円の話では取り締まらないと思いますがね。
名無しさん
そもそもコンビニのイートインスペースを利用するのに税率10%にする必要ないと思うけどな。
レストランのように食器に入れてくれるわけでも料理を運んだり下げたりしてくれるわけでもなし、机を拭くことすらしない。
イートインスペースを設けること自体は利用者増を狙った店舗の売上対策な訳でそもそも外食産業じゃないのだから分ける理由がわからない。
名無しさん
素朴な疑問ですが、イートイン脱税でコンビニ側は損するの?
コンビニ側は客の申告のみを判断材料にするのだし、税務当局が脱税の事実を知る手段は恐らく無いでしょう(正義マンに、歩合制の報奨金でも出せば話は別ですけど)。
と言うことはこの脱税は、コンビニに2%分を補てんさせて迷惑を掛ける行為でもないですよね…もしそうなら結局、脱税で損をするのは税務当局のみ。もちろん奨励できない行為ですが、煩雑で抜け穴もある欠陥制度そのものが問題、と言うことに尽きるのでは。
名無しさん
そう言えば10月になってコンビニで買い物をした際、スパゲティ、お弁当などを何度か購入していますが、「店内ですか?持ち帰りですか?」と意思確認されたことが一度もないな。別にそれは良いんだけど、10%で取ってるなら、店内で食べようが店外で食べようがどっちゃでもええがなと思う。理由は8%だの10%だのといちいち面倒くさいから。
それで良いと言う私みたいな人は別に良い。
でも生活に厳しい人がいらっしゃる。そう言う方にが2%も大きい問題なんだろうね。まあそう言う方々はコンビニではなくスーパーで購入されたりがメインだとは思うけど。
何にせよ、分かりにくいのと面倒くさいのと、両方あるね。これが車の購入とかにも適用されるなら、どっちゃでも良いがな!とは金額的にならないんだが…..
名無しさん
コンビニでバイトしてるけど、先日「店内で食べていきます」って申告してくれてお客様がいました。
一瞬、8%で打とうかとも思ったけど、仕事である以上は良くないことだし、10%で打ちました。
世の中には8%で購入して店内で食べる人も多い中、キチンと申告してくれる方は損をしてます。
従業員もちゃんと申告してくれる人から多く代金を頂かなければいけなく心苦しい思いをします。
まさに正直者がバカを見るこの制度は誰得なんですかね?
名無しさん
お金を払う時には持ち帰るつもりだったのなら,お持ち帰り,で良いのではと思います.お店が便利なコーナーを用意してくれていれば,雨が降ってきたとかで途中で気が変わって食べてしまう事もあるし,目の前の歩道や公園に心地よさそうなベンチがあるかも知れないし.何時どこで食べるかは客側の責任で,店側としてはどうしようもない.きっちりしたい人は支払う時にきっちり申告すれば良いし.だけど,後で気が変わって追加税金分払われても,お店の手間が大変そう.元々,決まりが実情に合わず,ばかげてるわけですので,税務署さんも目くじら立てない様にして下さればと思います.(お立場上,配慮します,とは云えないとは思いますが)
名無しさん
一人で買い物が出来る小学生ぐらいから、一人で買い物に行かれるお年寄りまで、はっきり分かる税制度でなければ日本は発展しない。
それよりも 消費者が購入したときに払った消費税を納めずに利益にしている 「益税」を絶対になくすべき!!
免税制度自体おかしいし、その免税制度が有ることが、一般消費者は知らない人がほとんどである事。
消費税は消費者から預かった税金納めないのはおかしい。
10パーセントになったことで利益が増えた会社、商店、個人事業者がなくなれば税金は5%でも充分なはずです。
サラリーマンは収入が少なくても税金は払っています。
売り上げが少ないからと言って、税金を納めないのはおかしい!!
レスサッサパンダ
申告したことで税金が軽減されるのであれば浸透するであろうが、
罰則がなければ励行させることは難しいと思う。
コンビニなどイートインスペースが目に見えるところに併設されているところは心理的に申告しないことに後ろめたさを感じるであろうが、
特にショッピングモールのフードコートはどこで購入したものかも判別できないし、その場で食べても持ち帰っても料金が同じ店も出店しているから制度の成功は全く期待できない。
名無しさん
イートインスペースについては、もともと自己申告に基づくものとして取り扱う旨の説明があったので、コンビニの対応は至極当然で、同じ回答になるのはあたりまえ。
結局、本人の良心の問題。
もし、これを厳格化すればどうなるかというと、コンビニを出て、外の駐車場で座り込んで食べるような行動が増える可能性がある。
そして、そのゴミの問題がまた、発生する可能性もある。
もともと、コンビニのイートインスペースはそういった、駐車場での座り込み飲食をなくす意味もあったはず。
親切でしている事に課税をする考え方がそもそもの間違いではないだろうか?
コンビニのイートインスペースについては、軽減税率の対応で良い事にしておけば、みんなが気持ちよく過ごせる…
というか、食べ物くらいは外食でも持ち帰りでも、全部8%でいいと思うのは私だけかな…
CCCccc
そんな細かいことを気にしなくても良いのになあ。
例えばアメリカでも、ここで食べるか、持ち帰るかで、値段が変わるけれど、申告と異なる行動をとっても、店側も、他の客も咎めないよ。もちろん、税務署だって、そんな細かいことは気にしない。
世の中、建前と本音があるのが当たり前。機械がやっているのではなくて、人間がやっているのだから、ある程度、なあなあ、でやっていけば良いだけの話でしょう。
思うところあり
「イートイン脱税」という言葉自体がどうかと思う。
どう考えてもシステムの問題でしょ。
「税率は購入時の意思による」などと消費者にゆだねているからには、8%購入してイートインする人を責めることは誰もできないんじゃないの?
皆、購入時は持ち帰ろうと思っていた可能性がある以上、脱税扱いするのも失礼な話でしょ。
私個人は意外と小心なので、イートインのときは「イートインです」って言っちゃうと思うけど、だからと言って8%購入してイートインしている人をみても腹は立たないけどなあ。
名無しさん
コンビニはレストランではないし、店内での飲食場所では店員による接客もない。これを10%にするのはどうかと思う。無料提供スペースは集客や追加購入を期待して設置されているのだから、レストラン扱いはするべきではない。レストラン扱いの時点ですでにコンビニではない。
名無しさん
消費者はルールを守って、スマートな会計をするべきだとは思う。
でも、消費税の納税義務者は事業者であって、消費者は転嫁されているに過ぎないので、そもそも消費者は、”脱税”に値するような行為は何もしてないと思うんだけど、違いますかね。
正義マンは、その人や店の店員にチクるのは全く無意味なので
せめて税務署に言いに行くべきではないですかね。
それができないなら、ただの迷惑人ですよね。
名無しさん
Q&Aでは、コンビニは特別扱いで、イートインで食べると深刻した場合のみ10%。申告しなければならない義務もない。国が定めたルールだから、申告無しにイートインで食べても合法、これを脱税というならルールに無知な方です。
こんなQ&Aを出した国を追及すべきところ。そもそも消費税は消費者が負担するはずなのに、非課税取引を創設し消費税を事業者に負担させたころから課税の不公平を容認する悪法。国に正義はない。まずは、保険適用薬価基準に消費税の転嫁を黙認してしる当たりから直して欲しい。正義より税収と票が優先する今の国では無理だと分かっいますが。
名無しさん
何で販売店の対応を聞いてみるのか?意味が判らない。
(故意に)脱税行為をするのはあくまでも客であって
店側は信義則のもと客の申告を信じるしかない。
更に、販売店側は条件により税率が変わる旨の説明の責任は
あっても義務じゃない。そしてその説明と周知させなきゃいけない
義務があるのはのは政府。
まぁその内、世間への見せしめ的に悪質な客を脱税行為で逮捕して
「イートイン脱税者、初の逮捕」とかやるんでしょ…
<スポンサーリンク>
SR20DET
今回の消費税の方法がマズいと思います。
軽減税率で分けるなら昔の物品税方式に戻した方が良いと思います。
消費者側の感覚では
コンビニのイートイン、駅の立ち食いソバ、牛丼屋などはレストランと言えるようなものでもなく、8%の方が納得できますよ。
小売り側からすれば
金額的に2%低度なら手間がかかる方が大ですね、全部10%にして価格で調整した方が手数が掛からないはず。
ISOと同じで手間ばかりで実質的には役に立っていないというか・・・・・
或いは
公明党に配慮した結果かもしれませんが、早く公明を切り離して自民だけで政権運営してほしいものです。
名無しさん
軽減税率は公明党が手柄みたいに話しているけど企業側はレジを入れ換える業種があったり客側も分かりにくい。結局お互いが分かりにくいなら無かった方がよかったのでは?
キャッシュレスも高齢者には無理があるし企業側がカード会社に申請しても結局10/1に間に合わない事態です。
混乱だけだよ。近い将来軽減税率は無くなるだろう。
ナナシ
昨日行ったパン屋さんは店か持ち帰りか聞かれた。それぞれ同料金で税込対応ということでした。客が支払う金額は変わらずレジで選択するようです。イートインスペースはあるが持ち帰りと伝え少しでも浮かせようとセコイ考えが働いてしまった。混乱を招いたのは国の政策の訳だから脱税とか言われても店側の落ち度のようで腑に落ちない。飲食店全般、食品は8%のままで対応してほしいものだ。
名無しさん
10月までにもっと議論すべきことだったと思います。
こういう問題が起きることは想定内。
お金を持っている人は普通にお店に入って食事すると思います。
少しでも節約したい人がイートインを利用するとしたらそんなものにまで税金をかけること自体どうなのかと思う。
弱いものいじめに思える。
高価な商品の税率を上げるほうが先でしょう。
名無しさん
イートイン脱税()防止にきっちり10%の消費税をとろうが企業側には何のメリットもないからね。
その分利益が出るわけでもなく逆に仮受消費税が増えるから企業が税務署に納める消費税が増えるだけ。
消費者にも企業にも何のメリットもないなら顧客を逃さないためにもきっちりとる必要を感じないでしょ
gotom
一律10%にして持ち帰りの客に2%程度の商品券を配れば済む話。
客単価はほぼ一定してるはずだからおおよそになるけど相殺できる。
そうすれば現金は店から国に渡る。店が負担するのは現金ではなく
商品券のみ
商品券は再訪のきっかけを作るから現金より損失は軽減されるし
製作費は販売促進のための経費で落とせる。
結局、FC店ごとにこれらを裁量でできるのかどうかが問題。という原点に戻るwww
商品券の額面が安価すぎてレジが混乱するというデメリットはあるけどね。
名無しさん
元々無料提供スペースに対して店側の人件費使ってまで管理させることがそもそも無理がある
2%のためにポイ捨てされた方が店側の外回り清掃の人件費や税金で行う清掃業務の負担が増える
2%のための費用として無理がある
公共施設としてイートインスペース作れば良い
そうすれば、店側もイートインスペース閉鎖できる
名無しさん
政府はたぶん意図的にシステムをややこしくして、増税への批判をかわそうとしてると思う。増税反対が多数だったのが、今はむしろ全部10%でいいと意見が大半。やがて、ややこしいから軽減税率を止めて全部10%にしますってのが狙いだと思われる。
名無しさん
簡単にイートイン脱税が出来てしまう税の仕組みが問題であり、店側の問題ではない。消費税負担は平等、明確でなければならない。計算は出来るが想像する頭が悪い政府、所轄官庁の責任。
名無しさん
簡単にイートイン脱税が出来てしまう税の仕組みが問題であり、店側の問題ではない。消費税負担は平等、明確でなければならない。計算は出来るが想像する頭が悪い政府、所轄官庁の責任。
名無しさん
消費者があれこれ考える問題ではない。店と税務署の間でもんでくれといいたい。イートイン脱税ということを証明できなければ意味が無い。
取り締まりたければ税務署員を全ての店に配置させるべきだろう。
逆に、10%で取りすぎた時が問題になる。
店側は常に8%の安全側で営業しなければならない。場合により2%分かぶる必要も出てくる。
名無しさん
>3社とも「レジ会計時の申告に基づいてご対応するため、会計後にお声がけをしたりすることはございません。また、罰則等もありません」と口をそろえる。

これが正論でしょう。
軽減税率の区分けがミスっているんです。
『飲食』と『持ち帰り』の区分けが間違いです。
『飲食する店』と『持ち帰りする店』に区分けすべきです。
『イートイン』の問題は、政府による営業妨害です反省すべき。
同様に、徴収した消費税財源は、福祉厚生に使われる筈なのに、
老人ホームや病院の利用料金が消費税関連で値上がりしている。
本末転倒である。財源不足だから消費税を10%に上げたのに、
利用料金が消費税で値上げされたら、再び財源不足に落ちいる。
100人が100人満足するルールは存在しないが、
弱者いじめの軽減税率になってしまった。
少なくとも、企業に対する消費税の戻し税を廃止すべきと思う。

名無しさん
自己申告制・客側に罰則規定なしって時点で、国としてはイートインの2%増税分は大した金額にならないから取りこぼしがあってもいいってことなんだと思う。店側は大変な思いして、準備してきたのにね。
でも教育上、子どもにはきちんと教えてあげてほしい。
ドンキーゴング
イートイン脱税って言葉がおかしい。
これはシステムを作った側の不手際。
もちろん店側が会計の段階で見分けるのも不可能だし買う方も購入後に気が変わったり時間の都合上変更せざるを得なくなる可能性がある。こんなの創る段階でおかしいと思わない方がおかしい。
名無しさん
食事に関しては金額で税率を帰れば良かったのではないでしょうか。一般庶民から税金を取るのでは無くお金を持っている人に税金を払ってもらうのが平等では。
学費の無償化でも高給の人は別にそこまでしなくも払って頂きその分を低所得の方を優遇しないと。
今の税金や無償化は結局お金のある方への政策にしか思えない。
名無しさん
イートイン・スペースが明確に存在するコンビニって、都市部のうちの近所では見かけないけどね。自動車で郊外に行っても、飲食スペースなんて店内には見当たらないから車内で食べている。
店外の駐車場脇にベンチ1~2個置いてあるケースは時々見かけるけど、テーブルなんて置いてないし、イートイン料金を取っていいような設備じゃない。店外のスペースには大抵、灰皿が設置してあって喫煙コーナーになるから飲食には適していない。だから、歩きの客が多い都市部の繁華街にこの手のスペースは無い。喫煙防止策だろうね。店外スペースは殆どが郊外の自動車でしか行けない店で、利用者はトラックやタクシー等、営業車の運転手。
店内に椅子とテーブルがあるコンビニは見た事ありません。トイレも無いコンビニがあるのにイートインなんて言葉だけです。
5~10年後には軽減税率も廃止される可能性があるので当てにしていません。
onsa
軽減税率をやめたほうがいいという意見があるけど、消費税がこの先ずっと10%ならそれでもいいけど、多分20%以上になると思う。
その時に向けての実験的な意味が大きいと思う。
名無しさん
政府見解として、払った時にイートインする意思があった時に申告すればよく
8%しか払っていないが気が変わってイートインしても咎めないんだからいいだろという意見があるけど
それって、政府主導で
良心のある者は損をし、良心の無い者が得をする制度を作ったって事だよね。
さすが、数々の嘘をつきスルーしてきた安倍政権
お仲間には優しい!
名無しさん
最初から予想された話で、
正直お店側も分かっていても
客と揉めるのは嫌だから
スルーするんだろうね。
バイト店員とかなら尚更。
確信犯に問題があるのは当然だけど、
子供やお年寄りなどは制度が理解できて
いないだろうし、
一律10%でやればいいものを
変に小細工をして制度を複雑化させた
国にも相当原因がある。
名無しさん
これって完全にモラルの問題だけでしょ。
実際に客がテイクアウトしたのかイートインしたのかなんて、防犯カメラの映像を確認しない限りは何の証拠も残らないし、その映像だってずっと保存されているわけじゃない。
店側が消費税を納付する際に、イートイン件数(金額)の証拠なんてものを提出することもできないし、
「テイクアウトのつもりで買ったけどやっぱりイートインするからレジの打ち直しを…」
なんて言われたら、店員の煩わしさが増えるだけ。
そもそも、コンビニで購入した飲食物に対する2%なんて大騒ぎする金額じゃないんだから、テイクアウトorイートインはケチ臭いこと言わず正直に申告するべき。
名無しさん
コンビニにイートインなんてあるからややこしいし、自己申告にまかせるから結果的に不平等が顕在化する。飲食禁止の休憩スペースにすれば良いのに。
そもそも、厳格な運用を求めていない課税の仕組みが適当だからこうなる。
店ごとに販売メインか飲食メインかで線引きすればまだ良かったのに。
名無しさん
政権がひっくり返るとすればその原因は消費税アップではなく軽減税率の導入だと思う。良い悪いどころか国民が不安にさせる税制を導入するなんてどうかしている。
早急に改善願いたい。
愚かな国民です
脱税なのか。あなた払っていませんよねって注意するのか。制度が悪いんだからどうでもいいじゃないか。納税の義務はあるがそれは確かな制度のうえ。払ったほうが損をしていると感じるなら店舗なり国なりを訴えるべきです。
名無しさん
マスコミもわざわざ新しいワードを作って、マナー・モラルをあげつらうのではなく、大企業の脱税や、政治家の倫理的な脱法行為に警鐘を鳴らすことの方が、国庫など税収に寄与する額が大きくなると感じるが、比較すると、イートインを適法に監視する方が費用対効果が高いみたいなことになるのかな?
名無しさん
イートインが出来るコンビニとスペースがなく出来ないコンビニがあるのが現状。
イートインしたくて会計時8%で購入したものの席が無くて店内で食べられないお客様もいるのも現実。コンビニ出店する際に、イートインスペースがあるかないか申請及び調査を国税局が行い、イートイン出来る店舗は8%で固定。
イートイン出来ない店舗は10%で固定。
という様な分かりやすい法案の方が皆んなが分かりやすかった筈。
そもそも、コンビニも人手不足な状況の中、購入者1人1人をチェックするのも不可能。
ましては、最近では外国人労働者が多い中、外国人労働者がそこまで税金の仕組みを知ってる事も難しい。一時的な増税緩和を謳う軽減税率の存在自体がこの国の政治家は何を考えてるのかなぁ
名無しさん
ミニストップでテイクアウトなのに10%取られた。店員はレシートを渡さなかったが数円高かったので10%になってると言ったら他の定員が外人だから日本語よくわからないからと訳のわからない説明された。
皆様、レシートはチェックしたほうがいいですよ。
名無しさん
コンビニやスーパーは判断が難しいと思うが、口に入るものは寧ろ消費税ゼロにすべきだと思う。
馬鹿な官僚が北欧がどうとか欧州ではどうとか言ってるが、食材はゼロか極僅かに課税する国ばかり。
名無しさん
政府の決定事項が正義になっているが、そもそも紛らわしく脱税行為と呼ばれるのが何か違和感を感じます。食器などの返却が求められないものに軽減税率に今から変えるべきじゃないでしょうか?国民に認められたければ、めんどくさがらず早い対応をして欲しい。
robrob
そもそもイートインスペースを使用するかどうかで税率が違うのがおかしい。
外食店舗とくっついているわけじゃなし、商品を購入して食べるだけのスペースなんだから店舗の形態で線引してイートインコーナーは8%すればいい話。欲をかいて税金を取ろうとするからそういう事が起こる。

 

スポンサーリンク

-生活, 社会
-

執筆者:

 

関連記事


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

関連記事はありませんでした